『女の園の星』を読んだからネタバレ無しで感想を書いてみる

今、マンガ好きの間で話題の漫画家さん。
和山やま先生。

妻の後押しもあって読んでみましたよ。

 

すっげーーーーおもしれーーーー。

 

なるほどねー。
これは凄いわー。
見事だわー。

ってことで、少々感想いきます。

 

まずタイトル。

『女の園の星』

 

 

こんなのもう我々『生涯中2男子』からすれば、どうしてもエロを連想してしまうわけなんですけど。

ノンエロでございます。

ナッシングエロです。
エロナッシングです。

エロ要素は1ミリもございません。

 

女の園ってのは、女子高のこと。
星ってのは、女子高勤務の星先生のこと。
ちなみに星先生は男性です。

『男の先生と女子校の生徒たちによる日常』という設定にも関わらず、エロどころか恋愛要素もゼロなのです。

 

でも、面白い。
だから、面白い。

 

そしてこの「何かありそうで、何もない」というのは恋愛面だけでなく、ストーリーにおいても同じです。

別にこれと言って大きな事件や出来事は巻き起こりません。

『女子校における男の先生』という、いかにも波乱含みな設定にも関わらず。

話の内容は本当に些細なことばかり。

 

作者のお言葉を借りるならば、この作品は『くだらないお話』であり『ギャグ漫画』なんですけど。

大味でわかりやすいボケあるわけでは無いですし、派手なツッコミがあるわけでも無いのです。

例えるなら、低温調理のような感じなのかな。
淡々としたやり取りがジワジワと効いてくる。

だからこそ、胃もたれもせず飽きもせず。
ずーっと読んでいられる仕上がり。

タイミング、空気、距離感、言葉選び、ちょっとした表情・・・

この辺りがとにかく秀逸だと思いました。

 

女子校出身の妻、男子校出身の私。

どちらから見ても「面白い!」という結論ですので、恐らく誰が読んでも楽しめると思われます。

気になる方は是非とも読んでみて下さい。
1話完結ものなので、気楽に読めるやつです。

 

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???