行ってみた・やってみた

「え!?これゲーセン?」圧倒的世界観を誇るウェアハウス川崎店潜入レポ

どうも。
ゲーム大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

私の数ある趣味の一つに「レトロな雰囲気のゲーセン巡り」というものがあるのですが。

このお店は前から気になってたんですよ。

でも、レトロと言っていいのかな。
なんかねー。
とにかく独特。

 

こちらー!

 

ウェアハウス川崎店

 

ほら。

もう独特。
遠目から独特。
全く街に溶け込んでない。

 

入り口は、

 

 

やっぱり独特。

 

なんなの?
なんなの?この世界観。

 

ではここからはですね。
私の騒がしい実況はカットしますので。
写真だけで雰囲気を感じていただければと思います。

では、どうぞ。

 

 

どーうですか?

独特を超えて意味不明ですよね。
わけがわかりません。

 

でもこう見えても、れっきとしたアミューズメント施設なのですよ。

 

ほら。
1日遊べるやつです。

『非日常の世界を思う存分お楽しみください』

ですって。
確かに日常とはかけ離れている空間です。

 

私がまず向かったのはもちろん、

 

 

レトロゲームコーナー!

エスカレーターで2Fに上がった瞬間にアウトランとスペースハリアーがお出迎え。

この二機があるとホッとしますね。

 

そしてそして、

 

 

ダライアスも健在。

 

さらにはテーブル筐体。

 

 

平安京エイリアン!

 

 

 

 

ギャラガ!!

 

 

 

 

Mr.Du!!!

 

 

いいですね。
レトロですね。

そしてアーケードゲームフロアの多くを占めるのは、

 

 

もちろんミディタイプ筐体。

 

 

 

バーチャ2!

 

 

 

 

R-TYPE!

 

 

 

 

究極TIGER!

 

 

 

 

セクシーパロディウス!

 

 

どーうですか?
絶妙な懐かしさを誇るラインナップですね。

他にも色々ありましたよー。
本当は全機撮りたかったくらい。

 

そして、

 

 

UFOキャッチャーもあります。

ていうか、めちゃくちゃあります。
ちょっとした街です。
敷地が広いのです。

 

 

怪しい雰囲気のくせに、ポップなお菓子が派手に積まれておりました。

 

そして、

 

 

メダルコーナーがあって。

 

 

 

卓球、

 

 

 

ダーツ、

 

 

 

ビリヤード。

 

この辺はあえて写真の加工をしていないのですけど。
普通の施設ってどんな感じでしたっけ?

なんかもうね、ここに慣れすぎて『暗くて当たり前』みたいな認識になってます。

 

ちなみに卓球、ダーツ、ビリヤードは。

 

 

会員制でございます。

 

さて、いかがでしたか。
本当に凄い雰囲気なんですよ。
体感してもらいたいですねー。

 

こちらが営業情報。

 

 

18歳未満の方は入場できません。

時間帯で区切られる施設が多い中、完全にアウトとのこと。

まあ、なんか分かる気がする。

 

そして私は、

 

 

こんな謎解きイベントで遊んできましたよ。

詳しくは別記事にて。

あわせて読みたい
初めての謎解きイベントに挑む!!【電脳九龍城怨念遊戯殺人事件】どうも。 謎解き初心者ブロガー、こぼりたつやです。 某月某日。 藤子・F・不二雄ミュージアムと川崎駅近くにある焼肉...

 

気になる方は是非足を運んでみてくださいね。

 

それではでは、こぼりたつやでした。