【東京競馬場 グルメ 梅屋】場内では珍しい”座って食べる”日本蕎麦レストラン

どうも。
競馬好き府中市民ブロガー、こぼりたつやです。

「競馬場グルメ」とか「ウマいグルメ」とか。

ひと昔前の競馬場からはとても想像つかないような言葉が生まれてます。嬉しいことです。

 

さて。
今回ご紹介するのは、お蕎麦です!

それも競馬場では珍しい、座って食べるタイプのお蕎麦屋さん!

 

・・・ご存知でしたか?

知らない人からすれば「そんなとこあんのかよ!?」って感じですよね。

競馬場で食べるお蕎麦は立ち食いスタイルが基本ですから。

 

こちらですー!!

 

日本蕎麦レストラン 梅屋

 

ほら。
“日本蕎麦レストラン”ですよ。

すごくないですか??

競馬場でレストランなんて、スタンド最上階の高級エリアでしかお目にかかれませんからね。

でも、こちらのお店は庶民の味方。

フジビュースタンドのフードコート『FAST FOOD PLAZA』にあります。

1コーナーの方にある、食べ物屋さんがたくさんあるあそこです(馬券師向けの説明)

 

そしてお気付きになられた方も多いかもしれませんが。

こちらの店名は『梅屋』さんですから。

あの、場内にやたらとある立ち食いタイプの梅屋さんと同じ系列と見て間違いないでしょう。

『座って食べられる高級梅屋』って感じですね。

 

さて、そんな高級梅屋さん。

入店の際に注意していただきたいこと。
今から言いますからメモして下さいね。

 

「完全食券制なので、入店時に必要な分の食券を購入すること!!!」

 

はい、わかりましたか?

ていうか・・・物凄く当たり前のことを言ってると思ったでしょ??

でも大事なんですよ、これが。

 

簡単に言いますと。

 

「ビールもう1本ちょうだい!」

「ごめんねー。また食券買ってきてー」

 

こういうことです。

しかも、基本的に混雑してるお店ですから。

下手すると飲み物のおかわりのために行列に並ぶ羽目になりますので。

「ビールの次はレモンサワーを飲もう」みたいに考えてる場合は、最初に食券を買っておくようにすると楽チンかと思われます。

実際に私は2本目の瓶ビールを飲むために、階段の下くらいまで並んだことありますので。

 

 

メニュー!!

 

 

どーうですか?

外の売店スタイルには無い魅力的メニューが盛り沢山でしょ?

 

早い話、酒が飲めます。

 

そんな私も軽く一杯ということで。

 

ビール(600円)をいただきます。

 

そしておつまみ!

 

 

冷奴 450円

 

 

もつ煮込み 550円

 

 

カツ煮 700円

 

まあ、値段設定は安くはないんですけど。
座って落ち着ける場所代も含むとなれば安いものです。

なんせ『日本蕎麦レストラン』ですからね。

 

ほら見てください。

 

このカツの厚み。

もはやハムカツなんじゃねーか?ってくらいの薄さ。

でも、これでこそ競馬場のおつまみです。
こういうのが最高に贅沢で、最高に美味しいわけです。

 

というわけで『日本蕎麦レストラン梅屋』さん。

最後にもう一つ大事なことを言っておきますと。

肝心のレースを見るためのモニターは、

 

 

こんな感じで一ヶ所にあるだけです。

なので座った場所によっては、全く見えません。

あくまでもお食事の場ということで、お勧めさせて頂きますね。

 

ごちそうさまでした!
また伺いますー!

 

それではでは、こぼりたつやでした。

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???