東京競馬場

【東京競馬場 グルメ 豚や】圧巻のパフォーマンスを見せてくれる最強の角煮丼

どうも。
競馬好き府中市民ブロガー、こぼりたつやです。

 

「競馬場グルメ」とか「ウマいグルメ」とか。
ひと昔前の競馬場からはとても想像つかないような言葉が生まれてます。嬉しいことです。

今回はちょっと贅沢な角煮丼をご紹介。

 

こちらー!

 

豚や

 

なんともストレートな店名でございます。
どうやら『とんや』と読むみたい。

場所はフジビュースタンドの2F。
限りなくメモリアルスタンドに近い東端にあります。

かすうどんで有名な『KASUYA』さんの隣です。

あわせて読みたい
【東京競馬場 グルメ KASUYA】本格かすうどんを府中で味わうどうも。 競馬好き府中市民ブロガー、こぼりたつやです。 かすうどん KASUYA 東京競馬場店 ひときわ目を引く赤...

熱い並びになってます。

 

こちらの名物は、なんと言っても角煮丼。
これを見て下さい。

 

 

2015年 グルメグランプリ第1位獲得!!

星の数ほどあると言われる競馬場グルメにおいて、なんと第1位に輝いているのですねぇ。

これは、ハッキリ言って凄いこと。
本当に凄いことなのです。

 

 

豚やのメニュー

 

はい。
色々あります。

角煮丼やカレーを始めとするご飯もの。
そして種類豊富な焼きとん。
さらにはフランクフルトなどの定番もの。

アルコールも種類豊富です。

 

セットメニューも、

 

 

充実!

 

とは言え、メインの角煮丼800円。
競馬場グルメとしては、高いです。
このお店の中でも突出して高い。

 

でも逆に考えると、

『揺るぎない自信』

ということになりますので。
むしろこの価格を楽しむくらいの気持ちで挑みましょう。

 

 

圧倒的!角煮丼!!

注文から2分ほど。
空いていたこともあり、提供スピードが速かったです。
タワーオブロンドンくらい速い。

 

こちらー!!!

 

 

角煮丼キターーー!!!

パッと見ただけで圧倒的重量感が伝わる豚角煮!
そんな角煮を、より一層際立たせる白髪ねぎ!
彩りと安心感を与えてくれる、ゆでたまご!
ちょこんと添えられた柚子コショウ!

もうすでに圧巻です。

 

 

角煮のアップ、どん。

 

 

 

続けて側面のアップ、どん。

 

 

どーうですか?

もはや表面も側面もほぼ同じ。
それすなわち、超絶的な厚み。

角煮という言葉では物足りません。
言ってしまえば、ブロック肉。
それはまさに、食べ応えの塊。

 

だがしかし!

これが見事に柔らかい。
“ホロホロ”という表現がまさにぴったり。

割り箸で簡単に割くことが出来ますし、固さも食べづらさも、微塵も感じることはありません。

 

また角煮と聞いてイメージするのが、脂っこさ。
食べてるうちに胃がもたれて来て、結局最後まで食べられない。。。

なんてことは、一切ございません。

程よい脂身と赤身の部分は見事なコントラストを演出し、飽き知らずの胃もたれ知らず。

そこへ加わる、白髪ねぎの清涼感とゆでたまごの安心感。

最高でございます。

 

そして唯一の欠点かと思われた、

 

 

汁っけの無さ。

ご飯にタレが行き渡っておらず、せっかくの丼なのに無機質な白飯を食べる羽目になるのかと思いきや。

角煮、それを見事にカバー。
しっかりと染み込んだ味わいで、白飯がどんどん進む。

むしろ『タレごはん』で誤魔化すことなく、角煮本来のポテンシャルを存分に発揮してくれているのです。

 

本当に美味しい。。。

 

まとめ

というわけで『豚や』さん。

2015年のグルメグランプリ第1位獲得は、決して伊達ではありませんでした。

これは納得。

 

見た目、味付け、重厚感。
三拍子揃った豚角煮を存分に楽しめる、角煮丼。

一度は是非とも味わっていただきたい逸品です。

 

さらにはメニューの中に『おつまみ角煮 600円』というのもありますので。
お酒を楽しんでる方は、こっちを選んでみるのもいいかと思われます。

いいなー。
おつまみ角煮。
今度持ち帰ろうかな。。。

 

オススメでーす!!

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

こちらはお隣、かすうどん。