タクシー話

タクシー運転手になったら人生終わり?元タクシー運転手が本気で答えたよ!

どうも。
元タクシー運転手ブロガー、こぼりたつやです。

久しぶりのタクシー話です。

何を書こうかなぁとワクワクしながら考えていたのですが、全て吹っ飛びました。

というのもですね。

先日、こんな検索ワードから当ブログにアクセスして下さった人がいました。

 

 

『いよいよタクシードライバー人生終わり』

 

 

ほら。
私がこれに食いつかないわけが無いですよね。

というわけで、期待に応えましょうか。
この検索ワードを入れた人物に向けて喋ります。

他の皆様は野次馬根性丸出しで覗いててくださいね。

 

 

いよいよタクシードライバー人生終わり

うん。

言いたいことは分かる。

こう思う気持ちは誰よりも理解できますし、そう見る人も少なくない。
そんな言葉は散々浴びせられてきました。

 

職業差別ってやつですね。

 

しかもほら、私の場合は若かったでしょ?
24歳でタクシー運転手やってたから。
なおさらですよ。

「なんでこんな仕事してるの?」

何気ないこの質問が本当に辛かったです。
しかもお客さんも悪気なく言ってるのが逆に辛い。

さらに私が新人の頃は、まだカーナビが設置されていなかったですので。

『道を知らない若い新人タクシー運転手』

これがもう、格好の餌食なわけですよ。
自分の若さを呪いましたね。

 

まあ、酷いもんでした。

心が屈折するくらいの言葉を浴びせ続けられました。
おかげで屈折しまくりです。

 

言葉だけならまだしも。

見下されて、鼻で笑われて、椅子を蹴られて、恫喝されて、理不尽な言いがかりつけられて。
1ミリも悪くないのに謝って、その挙句に結構な料金自腹切って。

ただ普通に仕事してるだけなのに、毎回毎回なんでこんな目に遭わなきゃならないのか。

本当に意味が分かりませんでしたもん。

 

で、そんな苦労自慢はどうでもいいんです。

ただ一つだけ言いたいことは。

 

 

おれの人生、終わってねーぞ。
勝手に終わらすな。

 

 

そんな仕事だからこそ、プライド持たなきゃいけないんですよ。
あんな仕事だからこそ、楽しくやらなきゃいけないんですよ。

お客さんが “そういう目” で見て来るのなら、そのイメージを覆してやればいいんです。

道も覚えてきて、お客さんに謝る回数が少しずつ減って来た頃から。
そのような逆境を楽しめるようになって来たんです。

「イメージ?職業差別?そんなもん俺様の仕事ぶりで一変してやるよ」って。

生意気ですが、本気で思ってました。

 

 

『いよいよタクシードライバー人生終わり』

この検索は不満と不安の表れ。

自分がタクシー運転手になってしまったことへの不満と不安。

社会的地位が低くなってしまうことへの不満と不安。

すっごくよくわかります。
底辺って言われてる仕事なんか、したくないですよね。

 

でも、人生は終わりません。

 

慣れてしまえば楽しい仕事ですし、厳しい状況とはいえやればやるだけ収入にも繋がります。

あと、時間が出来ます。
丸一日乗務したら次の日がフリーになりますから。
遅くまで残業してるサラリーマンより、数時間頑張れば次の日休みと思えば楽なものです。

考え方によっては、1日おきで休み。

その時間を使って趣味も副業も出来ますし、私のようにブログで収入を得ることも目指せます。

 

そして何よりの強みが、孤独に強くなるということ。

タクシードライバーというのは物凄く孤独な仕事です。
同僚とはいえ、数少ないお客さんを奪い合う敵。
お客さんも基本は一回限り。
仲の良い常連さんが出来るわけでもありません。

どこまで行っても一人だけ。
とにかくひたすら孤独な仕事。

でも、この耐性さえ出来てしまえば後の人生で絶対に役立ちますから。
早くも転職や独立を考えているなら、なおさらです。

「タクシー運転手をやったんだから、どんな仕事だって出来る!」というメンタルと合わせれば最強になります。

そうすれば、どうやったって生きていける。

生きている限り、人生なんてそう簡単には終わりませんからね。

 

なんて。

今の私が超大金持ちで、誰もが羨む生活でもしていれば説得力もあるものですが。
現状は小さい店をやりながら、ちまちまとブログで小遣い稼ぎをしている程度の男。

もちろん比べてどうこうではなく。
タクシー運転手時代も楽しかったですし、今もめちゃくちゃ楽しいです。

 

とりあえずまあ、不本意とは言えね。
そうなってしまったのなら仕方がない話ですから。

自分くらいは自分を認めてあげましょ。
人生終わりなんて言わないでくださいな。
そうじゃないと本当にキツいです。
思ってる以上に孤独ですから。

 

でも考え方さえ変えれば、孤独=自由。

誰にもうるさいこと言われず、自分のペースでお金を稼げるってことです。

楽しい仕事っすよ、マジで。
あと時間が本当にできますから。
それも上手く使うと、さらに楽しいかと。

 

ちなみに私、今でも夢に見ます。
タクシー運転手をやってる夢。

すっごく楽しい。

検索者さんが「タクシードライバー、楽しいなー!」って思える日が来ることを願うばかりです。

 

それではでは、こぼりたつやでした。