懐かしい

駄菓子界最強の太郎は俺だ!みんなで『玉葱さん太郎』を食べて認知度を上げよう!

どうも。
駄菓子大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

今回はですね。
私が昔から大好きで大好きで仕方ない!というくらい大好きなお菓子でございます。

お菓子?駄菓子?

どっちでもいいんですけど。
では敬意を込めて、あえて『駄菓子』にしておきますかね。

 

こちらー!

 

玉葱さん太郎

 

玉葱さん太郎です!!
しかも大袋!

私はこれが一番好きなのです。

キャベツ太郎よりも、もろこし輪太郎よりも。
玉葱さん太郎が一番好き!

 

でも見かけない!

なんで!?

 

本当にもうね、勘弁して欲しいですよ。

キャベツ太郎は最寄りのコンビニでよく見かけるのに、これはなかなかお目にかかれない。

発注担当の人ー!
これ、もっと頼んでー!
おれが買うからさー!

 

各種データはこちら。

 

 

エネルギー 531kcal
炭水化物 45.0g

一応書きましたけど、もはや数値なんてどうでもいいのです。
せっかく玉葱さん太郎を食べるのにこんなの気にしてる場合じゃないでしょう。

 

ここはむしろ、

 

 

上のイラストの方に注目していただきたい。

 

どーうですか?

玉葱をモチーフとしたキャラクター同士の仲睦まじい姿が描かれているのです。

微笑ましいとは、まさにこのこと。

どんなに嫌なことがあったって、このイラストさえ見れば心は落ち着きます。

 

てか・・・どっちが玉葱さん太郎?

 

そもそもこの二人の関係性も分かりません。
親子なのか兄弟なのか親戚なのか友人なのか。
BL関係にあるのかないのか。

 

うーん。。。

悩ましいですね。

でもだからこそ夢が広がる。

 

消費者一人一人が思い思いの玉葱を楽しめる。
これぞまさに、素敵やん案件。

 

 

開けてみましょう。

 

 

うわー、いいですね!

青のりまみれのキャベツ太郎とは違って、ほとんどスッピン状態と言えますから。

歯や指に何かが付く心配も無いのです。
これなら大好きな彼や小うるさい姑の前でも安心して食べられます。

 

そして見てください。

 

 

わかります?

真ん中のやつ。
明らかに色が濃いですよね。

 

私はこれを『宝石』と呼んでおります。

 

ちょーーー美味い。

 

ただでさえ美味しい玉葱さん太郎の中でも、この宝石の破壊力と言ったらそれはもう。

サクッの後に来るジュワッが桁違い。
旨味が凝縮され過ぎててヤバいです。
まさに旨味のスペシャリスト。

 

でもこれ危険なんですよ。
気がつくと、無意識のうちに宝石を探している自分がいるのでね。

終盤「色の薄い一般兵しか残ってない!」なんてことにもなり得ますから。

満遍なくバランスよく食べることが大事なのであります。

 

というわけで『玉葱さん太郎』。
分かってもらえました?
本当に美味しいですし、本気で好きなんです。

だからだからだからー!

皆さんどんどん買いましょう。
そして食べまくりましょう。

そうすれば、置いてくれるお店がもっと増えてくれるはず。
これだけ実力と供給のバランスがかけ離れている商品も珍しいですからね。

 

一人でも多くの人に玉葱さん太郎本来の実力を知ってもらいたいですし、それを伝えるのが私の使命でもあるのです。

皆さんもご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

調べてみたらキャベツ太郎も前に書いてました。
これはこれで美味しい。

あわせて読みたい
駄菓子界最強の太郎!?『キャベツ太郎』は大人になっても美味しいぞ!どうも。 駄菓子大好きブロガー、こぼりたつやです。 私、40歳になりましたので。 35年というところですかね。 ...