料理

超簡単で楽ちん!ダシを使わずにしゃぶしゃぶを美味しく食べる方法。

どうも。
お鍋大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

本日のテーマは、しゃぶしゃぶ。

豚肉でも牛肉でも美味しいですよね。
野菜もたくさん摂れてヘルシーですので。
ダイエットにも、もってこい。

そんなしゃぶしゃぶですけど。

 

こんなこと思ったことはありませんか?

 

「昆布でダシを取るの面倒くさいな」

 

そしてお料理をあまりやらない方であれば。

 

「ダシってどうすればいいのかな?」

 

はい。

少なく見積もっても年間で100食近く、しゃぶしゃぶを食べている私がお答えしますね(99.9%豚しゃぶ)

 

 

ダシなんて、取ってませーん!

 

 

私はいつも、

 

 

ただのお湯。

 

だってさー。

どうせ食べるときポン酢やらゴマだれやらつけるでしょ?

それなのに昆布の薄い薄いダシなんか使ってどうすんの?って話ですよ。

 

結局、

 

 

こういう食べ方するんですから。

 

これで、

「貴様!これはダシを取ってないな!ただのお湯でしゃぶしゃぶをやるなどけしからん!」

なんて言うのは海原雄山でも山岡士郎でも難しいですよ多分。

なので私は具材に頼ります。

 

私はお肉以外の具材は全て最初に放り込んでしまいますから。

お鍋に水を張って、

 

 

この状態から火をつけてお湯を沸かすのです。

 

ちなみにこの時に入れてる具材は、

・きのこ類
・ねぎの太いところや青いところ

ですね。

 

まあ、これで何がどう変わるのかは分かりませんけど、気持ちの問題です。

何かしらのダシが出そうじゃないですか。

 

そして沸騰したら他の具材を入れて、

 

 

出来上がり。

 

 

なのでこの時はお肉だけが、

 

 

未開封状態ですね。

珍しく牛肉です。
見栄を張りました(4割引)

 

そして食べ方も、お店みたいに野菜もちょこちょこ入れながらってのが醍醐味なんでしょうけど。

正直言って、面倒くせえっす。

大事なお客さんにお出しするならちゃんとやりますけど、家族や友人ならこれでいいでしょ。

最初に入れてしまいましょ。

 

鍋底に昆布が沈んでる方が見た目もいいのは分かります。

でも、それは仕事の時でいいです。
仕事ってのは、飲食店のこと。

私も一応飲食店経営者ですからね。

さすがに店でしゃぶしゃぶを出すときに『お湯そのまま』では出しませんよ。

 

でもその理由は、味というよりも演出。

丁寧に何時間もかけてというダシなら違うのでしょうが、そうでなければ無くても大差は無いです。

多少の違いはあるにせよ、その手間暇と天秤にかけるなら、私はただのお湯を取りますね。

 

でもまあ、どうしてもダシ的なものを使いたいのなら『おでんの素』や『ほんだし』や『創味シャンタンデラックス』辺りで十分だと思います。

家にあるやつ。

これらは多めに入れれば明らかに味が変わりますからね。
それはそれで面白いですよ。

 

楽できるところは楽をしながら美味しいものを食べましょう。

 

最後に。

決してダシの存在を軽んじているわけではありませんからね。

その証拠に、

あわせて読みたい
料理が苦手な人でも大丈夫!博多の水炊きを超簡単に再現してみるよ!どうも。 お鍋大好きブロガー、こぼりたつやです。 さて、今回は鶏の水炊きです。 どうなんですかね。 鶏の...

こっちは鶏のダシを大切に扱ってます。
これまた超簡単ですけどね。

 

それではでは、こぼりたつやでした。