四位洋文騎手、引退!思い出に残る馬たちを好き勝手に語ってみたよー!(前編)

どうも。
競馬大好きブロガー、こぼりたつやです。

四位洋文騎手が引退されまして。
めちゃくちゃ寂しいですわ。

もちろん今までも、数多くの名ジョッキーたちの引退を見てきてはいるのですが。

なんだろうな。
今までに無いくらい寂しいんです。

 

というのも、騎手としてのキャリアが私の競馬歴とほぼ同じなんですよね。

若手〜中堅〜ベテランという軌跡。
初重賞、初G1、初ダービー制覇など。
これらをずっと目の当たりにしてからなのかな。

藤田伸二さんも四位さんと同期なのですが、引き際としてはちょっと違う(もっと見たかった)

そんなわけで、今回は四位さんが騎乗したお馬さんについて思い出を好き勝手に喋ります。

興味のある方はハイボールでも片手にお付き合い下さいませ。

 

ゴールデンジャック

 

栗毛の馬体にピンクメンコにシャドーロールという派手な馬。
報知杯4歳牝馬特別→サンスポ4歳牝馬特別の『4歳牝特2冠』を達成。

四位洋文という若手ジョッキーの名前を全国区にした馬・・・と、勝手に思っております。

サンスポ4歳牝馬特別の時は競馬場にいましてね。
メモリージャスパーとの馬連、4840円。
見事にゲットさせていただきましたよ。

 

引用 www.youtube.com

 

そうなるともちろん、2着に入ったオークスでも的中というわけで。
チョウカイキャロルと3340円。つきすぎ。
なんか人気無かったんですよね。

 

しかーし。
当時あたくし、高校1年生。

オークス前日に馬券を購入したのですが、その際に警備員の方に捕獲されまして。
謎の部屋に通されて友人共々こっぴどく怒られました。

なんとかオークスの馬券は死守したので良かったのですが、苦々しい思い出です。

でもゴールデンジャックは好きです。

 

 

イシノサンデー

 

栗毛の馬体にピンクメンコにシャドーロールという派手な馬。

あれ?
ゴールデンジャックと一緒じゃん。
今ようやく気付いた。
しかもこっちはシャドーロールも派手。

若き四位ジョッキーに初G1をプレゼントしたお馬さんでございます。

この時のインタビューが物凄く印象的でね。

「若い!!!」って。

 

サンデーサイレンスのセカンドクロップ。

・バブルガムフェロー
・ダンスインザダーク
・ロイヤルタッチ
・イシノサンデー

『SS四天王』なんて言われた世代でしたね。

とは言えこの皐月賞はバブルもダンスも回避してしまって、ロイヤルタッチとの一騎打ち。

最後の直線で鋭い伸び脚を繰り出して完勝。

「またサンデーかよ!こりゃ本当に凄いぞ!」と、日本の競馬が変わっていくことを確信した皐月賞でございました。

 

引用 www.youtube.com

 

あと個人的にはダートでの走りも好き。

ていうか、降雪の影響でダート変わりしたジュニアカップの勝ちっぷりが印象的。
むしろ皐月賞よりこっちかも(5頭立て)

 

 

アグネスデジタル

 

はい、好きなお馬さんですよー。
大好きですよー。

カッコいいポスターだなぁ。

 

これはもうね、ローテーション。
2001年秋〜2002年春までの活躍っぷりが最高過ぎるので書いておきますね。

船橋・日本テレビ杯1着→盛岡・南部杯1着→天皇賞秋1着→香港カップ1着→フェブラリーステークス1着→ドバイワールドカップ6着→香港・クイーンエリザベスカップ1着→名古屋・かきつばた記念4着→安田記念1着→宝塚記念13着

芝、ダート、中央、地方、海外、晴れ、雨、良、重、なんでも来い。

東京→ドバイ→香港→名古屋って(笑)

そして宝塚記念の「さすがに疲れたべ」とでも言いたげな惨敗。

いいなぁ。

 

こういうお馬さん大好きなんです。

「条件や環境なんて関係ねえ!」

「走ればいいんだろ、走れば」

みたいな。

ポスターの『真の勇者は戦場は選ばない』というキャッチコピーも最高です。

それでいて見た目も素敵ですからね。
綺麗な栗毛で(またかよ)

 

当時は天皇賞に外国産馬は2頭しか出られなくて。
1頭は賞金順によりメイショウドトウなので、残る枠はあと1つ。

『芦毛の新怪物』と言われて人気も高かった3歳馬クロフネが、早々と天皇賞秋への出走を表明していたのですが。

そこに手を挙げたのが、獲得賞金でクロフネを上回っていたアグネスデジタル。

 

正直言って、ムカつきました。

「はあ!?ふざけんなよ!昨年のマイルCSでたまたま勝っただけだろ!(13番人気)  てかお前、最近ダートばっかじゃん!いいから引っ込んでろ!クロフネを出しやがれ!」

こんな風に思っていたのは私だけでは無いはず。

 

そして、このレース。

 

引用 www.youtube.com

 

最強・テイエムオペラオーを差した!!!

 

土下座ですよ。

ごめん!
本当にごめん!!って。

これ以降全力で応援しました。

おかげで安田記念では馬単2万馬券ゲットです(1000円購入)

 

ちなみに。

そんなアグネスデジタルに押し出される形で天皇賞出走が叶わなかったクロフネ。

実は前日の同じ府中で、異次元とも言えるパフォーマンスを見せていたのですね。

なのでもう、その時点で「これで良かったんじゃね?」なんて思ってはいたのですけど。

アグネスデジタルもしっかり勝って、全部が上手くまとまったなぁと。

 

・オペラ、ドトウ時代の終焉
・クロフネの新境地
・アグネスデジタルの覚醒

色んな角度から語れる、ハイボールにぴったりの名勝負でございました。

 

てか、案の定長くなってますね。

まだあの馬も、あの馬も残ってるのに・・・

 

というわけで、後編につづくー!!(執筆中)

https://tatsuya-kobori.com/shii-2/

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???