発表!今年最も活躍したプロレスラーは誰だ!?『2019年 たまホルブログ的プロレス大賞』前編

どうも。
ブロガー、こぼりたつやです。

 

2019年に見たもの聞いたもの読んだもの、食べたもの飲んだもの、やったこと思ったこと考えたこと!

あらゆることの「今年一番を決めようぜ!」という誰得案件!

まさに自分のためだけの企画!

 

さて、9回目のオブザイヤー。

今回はですね、こんなテーマでやっていきたいと思いますよ。

 

こちらー!

 

 

たまホルブログ的プロレス大賞

(川田ばりの急角度)

 

私の中で競馬の有馬記念と並ぶ、年の瀬の風物詩。

『東京スポーツ プロレス大賞』

まあ、これを読んで下さってる時点でプロレスファン確定なわけですから。
この賞についての説明は割愛させていただきますが。

 

これ☆やります!!!

 

てか、なぜやっていなかったのか。。。

 

 

こんなの絶対に長くなるに決まってますからね。
さっさと行きましょう。

まずはこれ!

 

【女子プロレス大賞】

『サムライTV』をやめて以降、すっかり女子プロレスを見る機会が無くなってしまいましたが。

とりあえず情報は集めております。

相変わらず投げまくってる、橋本千尋。
動向が気になり続ける、Sareee。
ケニーのタッグパートナーを見事に勤め上げた、里歩。
もはや『ビッグダディ』の看板は不要であろう、林下詩美。

他にも木村花や電撃移籍のジュリア、なぜかYahoo!ニュースで見かけることの多い雪妃真矢などなど。

気になる選手も少なくないのでございますが。
やっぱり、一人だけ抜けてるんですよね。

 

というわけで、2019年女子プロレス大賞は・・・

 

岩谷麻優選手に決定しましたー!

おめでとうございますー!

 

てかまあ、当然の結果と言いますか、そうでないと困ると言いますか。
海の向こうで頑張ってる2人を考えたら、ねぇ。

さらにスターダムがブシロード傘下となった今、来年も再来年もこの人がこの賞を受賞し続けなければならないと思いますし。

スターダムにいる以上は棚橋・オカダ級の活躍を望まれるわけですから。

『スターダムのアイコン』から『女子プロレス界のアイコン』へと昇華して欲しいですね。

てか、本当に凄い選手になったものです。

ちなみに本家プロレス大賞も、この賞は岩谷麻優。

 

 

【新人賞】

うーん。

これは難しいなー。

なぜなら全然見ていないから。
今年デビューした人の試合は見てないかなー。

てか、新日ばっか見てたからヤングライオンしか知らないんだけど。

辻も上村も去年だもんね。

というわけで、これはパス。
本家プロレス大賞のマシンJrも見たことないです。

 

 

【年間ベストバウト】

プロレス大賞で私が最も注視している部門ですね。

やっぱり3度受賞の『三沢VS小橋』という黄金カードを全て生観戦してきた身ですから(超絶自慢)

いつになっても、気になる部門なのであります。

 

そうだなー。
今年でパッと浮かぶのは2試合かな。

これをどっちにしようか考えて、迷いながらも決めました。

 

というわけで、2019年年間ベストバウトは・・・

 

2019.6.5 両国国技館
『ウィル・オスプレイVS鷹木信悟』

に決定しましたー!

おめでとうございますー!

 

27年ぶりの両国開催となった、BOSJの決勝戦ですね。

これは本当に素晴らしい試合でした。
いやー、すごかった。

 

詳しい感想は、

新日本プロレス 2019.6.5『BEST OF THE SUPER Jr.26』優勝決定戦の感想だよ

これに書いてます。

 

あのね、私の中で今年はとにかくオスプレイと鷹木なんですよ。

当たり確定のハズレ無し。

オスプレイ絡みのシングル、鷹木絡みのシングルは「全部よかった」と言っても過言ではないですのでね。

上半期ベストバウトがそのまま逃げ切った形になりました。

 

では、これと迷ったもう一つはなんなのか?と。

もちろん『獣神サンダーライガー VS 鈴木みのる』ですよね。

お恥ずかしい話ですが、ガチ泣きしましてね。
プロレスファンになって28年くらいになりますが。
一番泣けた試合だと思います。

でもこれは試合内容だけではなく、30年以上に渡る諸々のバックボーンを含めてのことでもありますからね。
(もちろん試合も素晴らしかったですけど)

 

ちなみに本家プロレス大賞は、10.14両国の『オカダ VS SANADA』でした。

これは本当にいい試合だったんですけど、あまりにも結果が見え過ぎてたと言いますか。

「史上初の東京ドーム2daysのメインからオカダが外れるわけがない」という邪な気持ちがありましたからね。

『勝負論』という部分で大減点なのであります。
G1大阪の方が好き。

 

 

【最優秀タッグチーム】

はい。

ほとんど新日本しか見ていない私。
この部門に関しては、非常に辛いところがあります。

なぜなら、新日本のタッグ戦線も全くと言っていいほど見ておりませんので。

見てないというより、気にしてない。

ジュニアタッグは面白いんですけど、ヘビーのタッグに関しては完全スルーです。

タイトルマッチが行われる1.5東京ドームも行きますが、今からもうトイレタイムにすることは決定しております。

しかも混むんですよね。
IWGPタッグのタイミングって。

そんな私が選ぶ2019年最優秀タッグチームは・・・

 

『諏訪魔&石川修司』

に決定しましたー!

おめでとうございますー!

 

本家のプロレス大賞でも3年連続の受賞。

いや、そりゃそうだって。
この2人が組んでる限りは、そうでなきゃおかしいですもん。

歴代最強クラスじゃないですか?
試合を見ることが少なくても納得。
関本&岡林クラスじゃないと止められないでしょ。
新日本はタッグは捨てたみたいだし。

てか、全日は見たい。
来年はもっと行こう。

 

まだまだ長くなりそうなので続くー!!

 

発表!今年最も活躍したプロレスラーは誰だ!?『2019年 たまホルブログ的プロレス大賞』後編

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???