東京競馬場

競馬場グルメ!散策!東京競馬場のパークウインズを思う存分楽しもう!

どうも。
競馬大好き府中市民ブロガー、こぼりたつやです。

 

『パークウインズ』という言葉をご存知ですか?

 

ここ数年で耳にするようになった言葉で、まだ私も馴染みはあまり無いのですけど。

『競馬は行なわれていないけど、馬券は売ってるよー!』という競馬場のことですね。

 

なので中山開催時の東京とか。
阪神開催時の京都とか。
シーズンオフの函館や札幌とか。

昔ながらの言い方をするのであれば『場外』ってやつです。
やっぱりこっちの方が馴染みある。

 

で、今回は。
そんなパークウインズ時の楽しみ方。
東京競馬場を舞台にお話させて頂きますね。

行きますよー。

 

 

人気スポットをゆっくり散策!

 

とにかくパークウインズ時は、

 

 

開催時に比べて人が圧倒的に少ないですので。
自分のペースでゆっくりと散策することが出来ます。

 

例えばこちら。

 

 

正門を入ってすぐのローズガーデン。

私、恥ずかしながら初めて足を踏み入れました。

「なんか綺麗な庭があるなー」くらいな感じで前を通るだけでしたのでね。

馬券のことで頭がいっぱいなのです。
(帰りは負け過ぎて半失神)

 

ですので、

 

 

こんな石碑があるなんて知らなかったですよ。

2005年天皇賞・秋を制したヘヴンリーロマンス。
戦後初の天覧競馬における名シーンですね。

松永幹夫。カッコよかったなー。
好きな騎手でした。

 

そしてこちらはイーストホール。

 

 

わりと頻繁に何かしらの展示をしてくれたりしますので。
それもゆっくりと見ることが出来るのです。

 

同じイーストホールにいる、

 

 

ウオッカとの撮影もすんなりと。

 

 

1階上の、

 

 

ディープインパクトも同様ですね。

 

そしてもちろん、競馬博物館も同様です。
とにかく空いてますので、ここぞとばかりに楽しんで下さい。

 

 

競馬場グルメを堪能しよう!

府中に住みながら競馬ファンを続けている私にとって。
競馬場は居酒屋であり、食堂でもあるのです。

「昼ごはん、なに食べようかなー?」

という時に必ず選択肢に競馬場は入ってきますし、それを選ぶ確率も高いです。

馬券目的ではなく、食事目的。

 

「昼から飲んじゃおうかな!?」なんて気分の時には、なおさら。
昼どころか朝9時から飲めます。

 

開催時はとにかく混雑しますからね。
昼どきなんか論外ですし、時間をずらしても基本的には混んでる。

 

その点パークウインズ時は、

 

 

この辺の人気グルメもゆったりと堪能出来るのです。
本当に空いてますからノンストレス。

人気店→人気店→人気店の食べ歩きも余裕です。

これはオススメ。

 

 

府中の直線を独り占め!!

天候や季節にもよるのですが。

「パークウインズでは、必ずコースに出ること」

これを約束して下さい。

とにかく絶景。
下手な観光地よりも見応えがありますから。

 

なんて、御託を並べるより実際に見てもらいましょう。
論より証拠。

 

行きますよー。

 

 

人気の無いスタンド!

 

 

地平線のごとき長い直線!!

 

 

静寂のゴール前!!!

 

 

栄光のゴール板!!!!

 

どーうですか?
素敵でしょ?

 

なんかねー、不思議な気持ちになりますよ。

ここでダービーやってるんだよなぁ、とか。
ここをディープが走ったんだよなぁ、とか。

 

とても同じ場所だとは思えないのです。

だって、

 

 

このスタンドですよ??
これが全部人で埋まるわけです。

10万人を超える人が集まって、椅子が全部埋まるどころか立ってる人もギューギュー詰め。

 

まるで別世界です。

 

そしてもちろん、

 

ウィナーズサークルや、

 

パドックにも人っ気はありませんから。
思う存分堪能して下さい。

 

眺めながら想いを馳せるくらいしかやることないですけどね。

 

 

パークウインズへGO!

というわけで、いかかでしたか?
パークウインズ散策。

私もこの記事を書くために、色々と意識しながら散歩してみましたけどね。

これは贅沢ですよ。

だって、こんなに広い場所を好きに使えるんですもん。

『競馬場=馬券』という図式を取っ払ってしまえば、色んなことに活用できます。

 

実際に私、飲食店利用以外にも。
ブログ作業やゲーム、読書、ウォーキング等。
様々な用途で利用させて貰ってますからね。

入場料は無料ですし、冷暖房も完備。
最高の施設です。

 

もちろんそんな私を超える達人たちも、

 

 

たくさんいます。

いい写真でしょ?
完全なる上級者。
私なんか、まだまだです。

 

開催時には開催時の楽しみ方。
パークウインズ時にはパークウインズ時の楽しみ方。

一年通して楽しめるのが競馬場ですので。
是非とも積極的に利用してみて下さいね。

 

お帰りの際は、

 

 

ターフィーショップでお土産をどうぞ。
(もちろん空いてる)

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

こんな楽しみ方もあるのです。

あわせて読みたい
東京競馬場の穴場スポットを競馬歴30年の府中市民が紹介するよ!どうも。 競馬歴もうすぐ30年ブロガー、こぼりたつやです。 そして府中在住歴はもうすぐ40年。 今や世界トップクラスの競馬...