ファミコン・ゲーム

ニンテンドーSwitch『オクトパストラベラー』がヤバいくらい面白い

どうも。
ゲーム大好きブロガー、こぼりたつやです。

ちょっと聞いて下さいよ。
このゲームが面白すぎるのです。

 

オクトパストラベラー

 

英語表記ですけど面倒なのでカタカナ。

天下のスクエニさんによるRPGなのですが、これがもう本当に面白すぎてヤバい。

ヤバいくらいヤバいです。

プレイし始めて1ヶ月弱ですが、他ごとが全く手につかないくらいどハマりしておりす。

もうね、本当はあれこれ言いたく無いんですよ。

「面白いから面白いんだ!」

「ヤバいからヤバいんだ!」

こんな言葉だけで済ませたい。
しのごの言わずに買ってみろ!そしてやってみろ!
そう言いたい。

 

でもまあ、ブログですからね。

ただひたすらに「面白い」と「ヤバい」を連呼してても仕方ありませんので。
せっかくですし、あれこれ言わせてもらおうかと思います。

では、まず最初の魅力。

これは画像を見てもらうのが早いですかね。
こちらー!

 

“あの頃のRPG”を思わせるグラフィック

 

ほら、いいでしょ?

90年代のスーパーファミコン全盛期を思い出させるような感じでしょ?

言ってしまえば、FF4〜6とかクロノトリガーとか。
こういう雰囲気のRPGを欲してる人、少なくないんじゃないですか?

 

どうしてもこうね、ゲーム機が進化を遂げていくに連れてキャラクターがリアルになり過ぎてたじゃないですか。

何これ?アンドロイド?それとも実写?みたいな。

 

いやもちろんそれもいいんですけど、でもやっぱりね。
我々ファミコン&スーファミ世代にとってしっくり来るのはこういうやつじゃないですか。

落ち着くぅ〜。

 

公式サイトには『ドット絵の進化系』という言葉が見られますね。

【昔ながらのドット絵に、”3DCG”の画面効果を加えた、幻想的な世界】

 

 

うん、幻想的。
この写真に魅かれて購入しましたからね。
実際プレイしてみても大満足です。

そして声優さんがセリフを読み上げてくれるんですけどね、あたくしの場合は音声カットですよ。

テンポが遅くなるんですよね。
せっかくの声を中途半端で飛ばしまくるのも気持ち悪いし。

あくまでも、声なんか出てなかったあの頃のRPGのつもりでプレイしたいのです。

というわけで、声優さんごめんね。
2回目はちゃんと聞くからね。

 

神曲連発!最高のBGM!

 

まだ途中ですけどね、全曲いいです。

街の曲、フィールド曲、ザコキャラとの通常バトルからボス戦まで。

全曲いい。

担当されてるのは西木康智さんという方。

私は存じ上げておりませんでしたが、一気に大ファンになりましたね。

 

引用 www.youtube.com

 

すぎやまこういちさん、植松伸夫さん、浜渦正志さんなどなど。
私の中で崇拝する先生方にいきなり肩を並べる存在となっております。

クリアしたらサントラ買う。

 

個性的な8人の主人公

 

『オクトパストラベラー』というタイトルを聞いて、タコが主人公の壮大な物語をイメージする方も多いと思いますが。

この場合の『オクトパス』は、タコではなく『8』を意味するものですね。

 

このゲームには8人の主人公が存在します。

・オルベリク(剣士)
・プリムロゼ(踊子)
・トレサ(商人)
・アーフェン(薬師)
・ハンイット(狩人)
・テリオン(盗賊)
・サイラス(学者)
・オフィーリア(神官)

RPGファンにはお馴染みの職業がずらり。

この8人の中からメインキャラを選んでゲームを進めていくわけです。

 

私はトレサにしました。
ゲームの中でも商人してます。

もちろんキャラクターそれぞれ特有の能力やアビリティ、さらにはジョブチェンジも存在しますので。
個性的なキャラクター達をさらに自分好みに成長させることが出来るのですねぇ。

これが物凄く楽しい。

 

自由で壮大なストーリー

 

グラフィックやBGM、キャラクターが良かったとしても。
肝心なストーリーが今ひとつなら意味がないわけですよね。

まだ途中ですので何とも言えないんですけど・・・

めちゃくちゃ面白いです。

 

いや!

 

超ウルトラスーパーデラックスサンダーファイヤー面白いです。

特に最近のゲームは『親切過ぎて自由が無い』や、逆に『自由過ぎて何していいか分からない』状態に陥ったりもするのですが。

程よい自由度。
そしてストーリーもしっかりと。

 

簡単に言うとですね、、、

 

「次、何しようかな?」
「それとも、あそこに行ってみようかな?」
「それか、あのキャラの物語を進めてみようかな?」

 

こんな風に楽しめるのです。
複雑さを感じず、気楽に。

ドラクエ2やFF6で「適当に移動してたら見知らぬ街に着いてワクワクする」みたいな事です。

もうね、本当おもしろい。

 

絶対おすすめ!オクトパストラベラー!

 

というわけで、オクトパストラベラー。
自信を持っておすすめさせていただきますよ。

特に「最近のゲームはちょっと・・・」みたいな大人達にもってこい。

思わず「そう!これこれ!こういうの!」と言った感じで膝を打つこと間違い無しなのであります。

 

ただ今プレイ時間40時間突破。
まだまだ面白い。

というか、、、

どんどん面白くなっております。
ヤバいわ。

 

オクトパストラベラー - Switch

オクトパストラベラー – Switch

5,930円(08/21 21:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

気になる方は是非どうぞー!

 

それではでは、こぼりたつやでした。