プロレス

プロレスリングNOAH 2019.8.4『旗揚げ19周年記念興行』観戦記

どうも。
プロレス大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

めちゃくちゃ久しぶりです。
NOAH観戦。

 

 

いつ以来だろう・・・
少なくとも三沢さんが亡くなってからは初めて。

元々はどちらかと言えば『全日→NOAH派』だったんですけどね。
我ながら、その辺はシビアというか薄情というか。

テレビ観戦も、鈴木軍が侵略してきた時期に興味を持って見ていたくらいで。
基本的に秋山率いるバーニング勢が去ってからは、全日本の方を気にしていました。

 

なのですみません。
正直、思い入れが無いのです。

 

そんな私ですが。

 

この日の観戦。

めちゃくちゃ楽しめましたー!!!

 

面白いじゃん!新生NOAH!!!

 

というわけで、この日の感想を好き勝手に書いていこうと思います。

第1試合から順になんてやり方はしません。
途中で飽きてしまうので。

書きたいことだけ、書くのです。

 

まずはこちらー!

 

井上雅央!がんばる!!!

 

まさお、がんばってました。

『井上雅央!爆発!!!』なんて見出しにしても良かったんですけど。
なんか『がんばる』の方がしっくり来るかなぁって。

 

ていうかね、対戦カードが発表される前にチケットを購入したからとは言え。

まさかダークエージェントのタイトルマッチを観戦することになるとは思いませんでしたよ。

これが喜んでいいのか、そうでないのか。

だってこっちは一応「最近のNOAHはどんな感じかな?」みたいなスタンスで来たわけですからね。超久々に。

 

で、まさかのダークエージェント。

令和にダークエージェント。

 

「嘘だろ!?」と、前日までは思っていたんですけどね(笑)
いざ目の当たりにするとやっぱり嬉しいものです。

 

 

会場爆発してましたね。
「大まさおコール」は、この日の一番。
後楽園ホールのお客さんだからこそなのかな。

齋藤彰俊も元気そうでよかったです。
この人は強いねー。
いつ見てもそう思います。

 

潮崎と勝彦は、特にこれといって。
勝彦の髪型とヒゲはあれで大丈夫なんですか?(笑)

 

 

清宮くん、どうなの!?

 

この日のお目当ての一つだった、清宮チャンピオン。
ようやくこの目で見ることが出来ました。

が、しかし。
何一つとして印象に残りませんでした。

杉浦に負けたという結果は置いといても、何かしらあるだろう?と。
入場だったり気持ちだったりファイトスタイルだったり。

何も響いて来なかったんですよねー。
そんな厳しい目で見てたつもりもないんですけど。
むしろ、楽しみにしてたくらいなので。

で、思いました。

 

オカダは本当に凄かったなーって。

 

今さらなので多くは語りませんが、本当に認めさせられましたからね。
物凄く厳しい目で見られていたにも関わらず。

 

あと、清宮チャンピオンはリーグ戦不参加なんですよね。
それもハッキリ言って「???」です。

一体それは、誰が得するの?

 

 

丸藤すげー!

 

メインの丸藤 VS 鼓太郎。
三沢さんの元付き人同士という試合。

試合的には期待を下回りました。
もっと面白くなると思ったんですけどねー。
セミが爆発し過ぎたからかな?(まさお)

 

それにしても丸藤はやっぱり凄いです。
動きが他のレスラーとは段違い。
正真正銘の、お金を取れるレスラーだと思います。

ちなみにNOAH観戦は超久しぶりでしたが、丸藤の試合はわりと色々な場所で目にしてるんです。

新日とかDDTとかカッキーライドとか。
・・・多彩だなぁ。

 

そしてもう一つ印象的だったのが、

 

 

この背中。

丸藤と鼓太郎を見つめる、小川良成。
なんかグッと来ちゃいました。

 

 

この日のMVPは原田大輔!!

 

原田よかったです!原田!!

 

正直なところ、よく分からないんですよ。

なぜ小峠に対してあんなに怒っているのかが分からない。

てかそもそも、原田大輔のユニットを分からない。

それどころか、この試合のパートナーだったタダスケというレスラーも分からない。
HAYATAやYO-HEIも名前くらいしか分からない。

そんな中でも「すげえ!!!」と熱くさせてくれたのが原田大輔だったのです。

 

とにかく伝わりました。
痺れるくらいに。
一気にファンになってしまいそうですもん。

こういうのを清宮チャンピオンには期待したんですけどね。
私の中では、この日の原田大輔の足元にも及びませんでした。

 

 

NOAH、面白かった・・・けど。

 

というわけで『プロレスリングNOAH 旗揚げ19周年記念興行』を観戦したわけでしたけど。

基本的に全試合通して面白かったです。

 

思ったより熱かったというか・・・

「なんだ!ガッチリやってんじゃん!!」

失礼ながらそんな風に思ってしまいました。

とにかく届かないんですよ。

新生NOAHがどんなものなのか。
若き王者がどんなものなのか。
それが全く分からない。

「どうやら鈴木秀樹がNOAHに上がってるらしい」

このくらいの情報が精一杯。

これは私だけでは無いはずですよ。
こういうプロレスファンはたくさんいるはず。

 

だから誰かが弾けなきゃ。
みんなが何かを起こさなきゃ。

そうじゃないと、もったいないんです。
せっかく熱く激しい試合をしてるのに。

 

今回の観戦により、会場に行けば十分楽しめるということが分かりました。

あとは動機です。

「会場に行こう!」と思わせてくれるのは何なのか。
それが明確でないと、正直次はありません。

なぜなら、新日本プロレスが面白すぎるから。

 

NOAHに行くなら新日本に行く。
NOAHに行くなら全日本に行く。
NOAHに行くなら大日本に行く。
NOAHに行くならDDTに行く。

 

大変申し訳ないですが、これが今の私です。
今回の観戦はとても楽しめましたが、これらを覆すには至りませんでした。

 

「なぜNOAHの会場に行くのか?」

これが私の中に生まれた時、また足を運んでみようと思います。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

こちらは新日本、G1クライマックス。

あわせて読みたい
【令和元年8月 その6】書きたいのに何も書けないってのは、本当に嬉しいこと。かねてより当ブログで名前を出しまくっていたプロレスラー、飯伏幸太選手。 その飯伏がですね、物凄い大会で優勝したんですよ。 『G1...