お笑い

『さんまのお笑い向上委員会』で明石家さんまを楽しもう!

どうも。
お笑い大好きブロガー、こぼりたつやです。

前ほどテレビを見なくなったとは言いながらも、好きな番組は毎週録画にしてしっかりと見ております。

もちろんバラエティーかスポーツ関係ばかりですけどね。

中でもここ最近、一番好きな番組がこれ。

 

さんまのお笑い向上委員会

 

第1回から欠かさず見ておりまして、なんなら毎週録画も消さずに取っておいてるくらい好きなのですが。

どうなんですかね?

知名度的には高いのか低いのか。
世間的な評価が高いのか低いのか。

これらが今ひとつわからないんですよ。

同じお笑いファン同士でも「大好き!」って人もいれば「大嫌い!」って人もいる不思議。
そしてどちらの意見も分かる気がするのも、また不思議。

というわけでですね。
お笑い向上委員会大好きブロガーの私が、番組の面白さについて簡単にお話していこうと思います。

深掘りすればめちゃくちゃ語れてしまいますので。
今回はこちら。

 

『明石家さんま』という存在

恐らくここなんですよね。
お笑い好きの人がこの番組を敬遠する理由って。
お笑いマニア度が深ければ深いほど、なおさら。

この番組は良くも悪くも『さんま色全開』の番組ですから。
敬遠される理由はなんとなく分かります。

『同じくだりをやり過ぎてしつこい』とか『他人の話を奪う』とか『自分の話が多い』とか。
大体この辺りですよね。まだありますけど。
そしてもちろんそれは私も理解してますし、同じ気持ちだったりもします。

でもね、そこを楽しむのです。

 

楽しみ方としては、

「周りにいる芸人さんを見る」

です。

 

それはもうベテラン芸人さんも大勢いますから。
我々のような素人のお笑い好きが感じているであろうことなんか、絶対にお見通しなんですよ。

「その上で、どう処理する?」というのが極上の楽しみ方。

 

全力で乗っかって笑いを大きくするタイプ。

「もうええって!」と視聴者の代弁をするタイプ。

予想もできないようなトリッキーな絡みを見せるタイプ。

ただ何もできず、ひな壇後方で立ったり座ったりを繰り返してるタイプ。

などなど。
色んな芸人さんがいるのです。

 

それを見ながら、

「なるほど。これをそう広げるのか。さすがは今ちゃん」

「陣内さん、普通に『しつこい』って言っちゃってるなぁ」

などと、唸りながらハイボールを飲むのが至極。

 

あとさんま師匠特有の『急な振り』ですよね。
トーク中突然の「例えば?」ってやつ。

これはもう、見てるこっちも「うわぁ」ってなるくらいの恐怖でしかないのですが。
この時も周りを見ると楽しいですよ。

当事者は大抵エライ目にあってしまうのですが。

この「例えば?」の瞬間に生じる、周りの芸人さんのリアクション。
これが本当に面白い。

「恐ろしいやつ来たでー!」といった感じで、声を押し殺して笑ってたり。隣とヒソヒソ何か言ってたり。同情のような目で見ていたり。

さんまさんの振りに対する芸人さんたちの反応が最高過ぎるのです。
心情がそのまま出る。

さんまさんの一挙手一投足、全てに注目して。
自分の役割と攻守のタイミングを常に意識しながら挑まないと大怪我につながりますからね。
この番組は『戦場』と例えられることが多いのですが、まさにです。

なんてことを、テレビの画面を通して見ている我々も理解しておきますと。
今までは邪魔に感じていた『さんま色』も、様々な角度から楽しめるようになるのです。

 

あとは『さんま師匠からの極上のパスを決められない芸人さん』を見て悲しい気持ちになるのもオススメです。

テレビを見てるだけの素人の私でさえも、さんまさんのフリに対して

「違う!そうじゃない!」

と叫びたくなる返しというのが数多くあります。

私はこの番組を「会話術の向上」という切り口からも見ては学んでいるのですが。

本当に凄いんですよ、さんまさんって。

「あとはただ足を出せばゴールだよ!」みたいなパスをガンガン出してくれるんです。
算数で言えば「1+1=?」レベルのやつ。

誰もが「2」って答えればその場は笑いに包まれて成立するというのが分かっている中で。
まさかの珍回答で枠を大きく外す場面が多々あります。

そしてね、この時のさんまさんの顔。
これがもう最高なのです。

最高に、怖いんです。
そして小声で「なんや」と。
こんなもんトラウマです。

 

毛嫌いせずに楽しもう!

というわけで『お笑い向上委員会の楽しみ方』と題してお話しさせていただきましたけど。

こんなの入り口も入り口。
てか、まだ入り口にすら辿り着いておりませんからね。

『明石家さんまアレルギー』を持つお笑いファンの方に「よかったら是非」とお願いしただけですから。
楽しみ方なんて言える内容ではなくなりました。

とりあえず今回をまとめますと。

 

『さんまさんを通して全体を楽しもう!』

 

こんな感じですか。

見る場所たくさんありますからね。
さんまさんの一挙手一投足に注目した上で、周りを見るのがコツ。
とりあえず一度、そんな風にご覧になってみてください。

また喋ります。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

閉店ガラガラ。