小橋建太著『小橋健太 熱狂の四天王プロレス』当時を知るファンなら必読!

どうも。
プロレス大好きブロガー、こぼりたつやです。

プロレスファンになったのが1991年。
私、中学1年生。

なのでもちろん、当時の血気盛んなプロレスキッズたちによる

「新日の方がすげーんだよ!」

「全日の方が強いに決まってんだろ!」

という言い争いを、ご多分にもれず繰り広げていたわけでございますけど。

 

その時の私は完全なる全日派。

なので、

「鶴田最強!ハンセン最強!三沢川田めちゃくちゃカッケー!!」

みたいな感じでした。
(もちろん新日も好きだし三銃士カッケーとも思ってる)

 

そしてそれは、高校生・大学生になっても変わりませんでした。

G1クライマックスが盛り上がろうが。
nWoが一大ムーヴメントを巻き起こそうが。
武藤が高田に勝利しようが。
橋本が連続防衛記録を伸ばそうが。

「それでも一番は四天王プロレスだ!」と、思い続けていたのです。

そんな私ですから。
この本が刺さらないわけがありません。

 

 

 

90年代全日本プロレス四天王の一角、小橋健太さんが入門時から丁寧に振り返られてる自伝です。

 

 

小橋建太著『小橋健太 熱狂の四天王プロレス』

はい。

小橋建太さんが、小橋健太時代のことを綴っているのです。
全日本プロレス時代は小橋『健太』でしたからね。

というわけで、この本はタイトル通り四天王プロレスに特化したもの。
NOAH以降の話については書かれておりません。

だからこそ丁寧でいて、濃密。
そして熱いのです。

 

もうね、色々ありますよ。

こんなこと書いてあったー!とか、
こんなこと考えてたんだー!とか。

 

当時の全日本の選手。

中でも特に小橋さんは、自分の言葉や考えを積極的に発信するタイプではありませんでしたから。

今読んでみて「おお、そうだったんだ」というところが多々あります。

だからこれが25年前のこととは言え、物凄く新鮮に感じられるのです。

 

でもさー。
今これ書きながら思ったんですけど。

そういう背景というか。

いわゆる『言葉のプロレス』なんかが一切無くても、あそこまで熱狂させられたわけですもんね。

やっぱり四天王プロレスって、凄いです。

 

そしてこの本の特徴としまして。

『日付と会場がしっかりと記載されている』というのが挙げられます。

この時こういうシチュエーションで挑んだタイトルマッチが、

『◯月◯◯日の日本武道館』

とか

『◯◯月◯日の宮城県スポーツセンター』

みたいな感じで書かれているのです。

 

これが嬉しいんですよねー!

 

そもそもプロレスファンにとっての日付と会場というのは大事ですし。

しかもストーリーや遺恨や因縁といったものが無い、当時の全日本を思い出すには貴重なヒント。

また親切にその年の世相なんかも書いてありますからね。

「あー!この時のおれ、こんなことしてたわー!」という記憶と共に振り返ることが出来るのが、とても楽しいのです。

 

えーっと。

プロレスラー・小橋健太って、本当に凄かったじゃないですか。

これ読んだらもっとでした。

今まで見えなかった部分、見せなかった部分。
それらを知ったうえであのプロレスを思い出したらね・・・もう本当にスゴいです。

 

読了後、無性にあの頃の四天王プロレスが見たくなりました。

私は2020年現在もプロレスファンです。

そしめプロレスファンでいる以上「今のプロレスこそが最高なんだ」と、思うようにはしているのですが。

やっぱり凄かったですよ。
四天王プロレスは。
未だに忘れられないですもん。

いつ見ても凄い。
恐らく20年後に見ても凄い。

 

巻末に『小橋建太・和田京平・宝城カイリ』によるスペシャル対談も掲載されてますが。

京平さんの話もっと聞きたい。
カイリのプロレス論も聞いてみたい。

みたいな気持ちにさせてくれるので、これまた楽しいです。

 

というわけで『小橋健太 熱狂の四天王プロレス』。

当時ファンだった人には絶対に読んでもらいたいです。

そして四天王プロレスを知らないファンの人にも読んで頂きたい。
その上で過去の試合を見て、もう一回読んで欲しい。
いや、きっと読みたくなるはず。

 

会社や馬場さんから無視されたり忘れられたり相手にされていなかった『落ちこぼれ』から、プロレス史に燦然と輝くトップレスラーまで昇り詰めた小橋健太。

その歩んで来た道を知ることで、きっと我々の今後にも明るい光が射すと思われます。

てか本当に。
ウダウダ言ってないで、やらなきゃダメだね。

 

がんばろ。。。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

こちらもオススメです!

棚橋弘至著『カウント2.9から立ち上がれ』を読んで逆境に立ち向かえ!

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???