【府中 昼飲み 川崎屋】東京競馬場正門前にある、いいお店

京王線『競馬場正門前』の改札を出てすぐの場所。

数ある競馬場グルメの中で、最も場所の良いお店ではないでしょうか。

 

こちらー!

 

川崎屋

 

はい。
競馬ファンにはお馴染みの川崎屋さんですね。

 

ていうか、一体いつから営業されてるのでしょうか。

 

私がクソガキの頃から「いいなー。こういうお店、行ってみたいなー」なんて思ってましたので。

少なくとも30年は固い。

 

店内のサイン色紙を見ても、最も古いのが1990年6月8日の日付ですしね。

てか、武豊さんの色紙に岡部幸雄さんの写真が貼ってあるのが謎です(岡部さんのサインは隣)

 

 

メニュー!

 

一体どれだけのメニューがあるのかは分かりませんが、とりあえずこんな感じ。

 

お盆を持ってカウンターに並ぶ商品を取ったり、並んでない商品はその場で注文して受け取るシステム。

高級ホテルのビュッフェと同じ形式ですね。
ホテルオークラのランチもこんな感じでした。

 

この日は妻や友人たち、4人で有馬記念鑑賞会ということで。

 

 

かなり奮発しました。
高級フレンチにも負けず劣らずの品々です。

 

そして・・・

 

にこみがうめえ!!!

 

 

見てくださいよ。

 

この大鍋調理。

こんな量を一気に煮込まれたら、そりゃ美味いに決まってるだろって話ですよ。

特に有馬記念の日はいつにも増して大量生産ですからね(有馬は中山だけど府中も激混み)

もちろん他も美味しいですよ!

 

というわけで『川崎屋』さんでしたけど。

最近こういう雰囲気のお店が流行ったりしてるじゃないですか。
立ち飲み屋とか、コの字カウンターとか、センベロとか、呑兵衛の聖地とか。

もちろんいいことなんですけど。
形だけってパターンも多いんですよね。

結局のところはオシャレ。
要するに、作られた “そういう雰囲気”。

 

その点、川崎屋さんはホンモノです。
客層から従業員さんまで。
人生の大先輩という方々が元気に呑んで、元気に働いております。

20年前は完全に若くて浮いていた私も、今ではすっかり溶け込めるようになりました。

 

良い雰囲気と、良いお酒。

味わってみたい方は是非とも足を運んでみて下さいね。

 

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???