令和元年

【川越旅日記 その16】ねえ、知ってた?川越はうなぎが有名なんですって。

どうやら川越はうなぎが有名らしい。

 

ほほう。

 

なんで??

 

実家に立ち寄った際、川越に行くことを話していたら。

父「うなぎ美味いぞ。昔、接待でよく使ってたんだ」

とのこと。

 

ほほう。

 

なんで??

 

 

でもまあ、そんなことはどうでもいいんです。
うなぎは大好きですからね。
有名ならば、喜んで食べるだけ。

 

というわけで、

 

 

来たぜ!!

 

 

『いちのや』さん!!

 

ていうかですね。
飲食店の店名に『さん』を付けないと気持ち悪くって。
罪悪感すら覚えるようになってる。

同業だからなのかな。
普通は付けないもんね。

さすがに『マクドナルドさん』や『ガストさん』『サイゼリヤさん』とは言わないけど。

 

てか、

 

 

雰囲気ありまくりですよね。

新撰組が乗り込んできそうな感じしません?
2階で攘夷派志士たちが何かを企ててそう。

さすがは老舗。

天保から180年の歴史は伊達じゃありません。

 

てか、うなぎ屋さんめちゃくちゃたくさんあったんですよ。
本当に川越はうなぎが有名なんだなぁと実感しました。

その中から選んだのが、このお店。

 

ちなみにこの旅行は、結婚記念日のお祝いも兼ねてますのでね。

「せっかくだから贅沢にうなぎを食べよう!」という意図があるのでございます。

 

そんなわけで、注文したのは・・・

 

 

特製かばやきコース!6800円!!

 

うえーーい!!!

 

6800えーーん!!!

 

もちろん1人6800円ですからね。
2人での金額じゃないですよ。

なので、2人合わせると13600円!!!

 

 

・・・おれも成し得たもんだなぁ。

 

友人からの「ビッグカツだけで米いけるぜ!」という情報を喜んでいた日々が懐かしいです。

ソースかけると無限。

 

ベビースターでもいってましたね。お米。

あの塩気が米に合うんですよ。
心は恐ろしいほど荒みますけど。

 

 

あとダブルカップ麺ね。

お湯を多めに沸かして、2個まとめて作るんですよ。
そんで同時に味替えしながら食べ進める。

そうしましたら、あら不思議。

満腹感と後悔と異常なほどの罪悪感で「もういいや」と、食事を終えられるわけですな。

腹持ちも抜群なので、とっても安上がり。

 

そんな私が、6800円の特製かばやきコースを食べるわけですからね。

人生、そう捨てたもんじゃないですよ。

 

 

つづくー!!

あわせて読みたい
【川越旅日記 その17】いちのやさんの特製かばやきコースに舌鼓を打つまずはビールで乾杯です。 キンキンに冷えてやがるっ・・・・・・! ...