競馬

無料配布のJRAカレンダー『平成の名勝負』を使って競馬クイズを楽しむ(上半期)

どうも。
競馬大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

店のトイレに飾ってるカレンダー。

 

 

『平成の名勝負』

 

毎年12月に無料配布されるんですけど、今年はタイトル通り。
1月〜12月まで、平成の名シーンの写真が載っているんですね。

 

例えば1月はこんな感じ。

 

 

これは平成2年の有馬記念ですね。
もはや伝説、オグリキャップの引退レース。

それで注目して頂きたいのは、この太字部分。

 

 

【17万人による 感動の”オグリコール”】

って書いてありますよね。

月が変わってカレンダーをめくる際に、妻がこの部分を読み上げてくれるので。そこから、

『レースと勝ち馬を当てる』

そんなクイズをやっているのでございます。

簡単ですので、ちょっとやってみましょうか。

 

2月はこれ。

 

【三冠競争全てを圧勝し 平成初の三冠馬誕生】

 

はい、どうでしょうかね。
最近競馬を見始めたというかたにはちょっと難しいかもしれませんけど。

もう長いこと見てる人からすればね。
九九の七の段よりも簡単だよって話です。

 

はい、正解はこちら。

 

 

 

弟は大丈夫だ!
弟は大丈夫だ!
10年ぶり!10年ぶりの三冠馬!

杉本清さんの名実況が浮かびますね。
ナリタブライアンの菊花賞。

角田のスティールキャストが大逃げかましてね。
ハラハラしたものの、結果は7馬身差の圧勝劇。
強かったなー。

 

では次、3月いきましょ。

 

【次元の違うスピードで 1秒8の差をつけて「大差」勝ち】

 

これはどうでしょうか。

キーワードとしてはやっぱり『次元の違うスピード』と『大差勝ち』ですね。

これを聞いてすぐに浮かぶレースはあると思いますけど。
「ん?」って一瞬なりますよね。
でもそれでいいのです。

 

はい、正解はこちら。

 

 

 

 

サイレンススズカの金鯱賞でしたー。

一瞬迷うのはGⅡだから。
「カレンダーに取り上げられるのはGⅠのはず!」なんて勝手に思ってしまいましたけど。

この大差勝ちはサイレンススズカの代名詞とも言えます。

 

ぶったまげましたね。
年明けて、鞍上がユタカに変わって。
強い逃げ切り勝ちが続いていたところでの、これ。

「こいつ本当にやべえじゃねえか!」と。

 

グラスワンダーとエルコンドルパサーを完封した毎日王冠も捨てがたいんですけどね。

 

 

では、4月。

 

【時代を象徴する名馬たちの 激しい攻防戦】

 

抽象的なのが来ましたよ。
こういうの当てたいですよね。

ちなみに私、一発で当ててます。

はい。
答え浮かびましたか?

 

正解はこちら。

 

 

 

 

グラスワンダー、2回目の有馬記念です。

このレース大好きなんですよ。
平成ベストレース候補。

グラスワンダーVSスペシャルウィークというね。
最強馬同士のぶつかり合いに、若きテイエムオペラオーが割って入ったという素晴らしいレースです。

次の年、2頭に敗れたオペラオーが無敗で古馬G1を完全制覇するというのもいいんですよね。

2頭から最強馬のバトンを受け取ったように思えて。
「あの2頭のためにも負けられない!」みたいな。

これ本当にいいレースなんだよなぁ。

 

 

5月に行きましょう。

 

【単勝元返しの支持に応え 無敗で三冠制覇】

 

これも簡単ですね。
あれこれ言うことも無いくらい。

 

はい、答えはもちろん。

 

 

 

 

「これが日本近代競馬の結晶だ!」で、お馴染み。

ディープインパクトの菊花賞ですね。

 

これ、個人的にはあまり好きでは無いんです。
馬場さんもっとナチュラルでいいのにーって。
決め打ち感がすごいというか。

「言うぞ!言うぞ!」っていう間が見えすぎ。

あ、実況の話です。
馬場鉄志アナね。
基本的には大好きな人ですけど、これは狙いすぎ。

「またまた田原、また田原ー!」

これくらい熱の入ったやつがいいです。

とはいえこのレースはね。
一生に一回あるかないかの、狙って当然シチュエーションなんですけど。

 

 

6月。

 

【64年ぶりの 牝馬によるダービー制覇】

 

これまたサービス問題。
ていうか基本的には簡単なのです。
昨年の名牝カレンダーは結構手強かったんですけど。

 

はい。

 

 

 

 

ウオッカの日本ダービーですね。

 

このレースは別で小話みたいなのを書いてますので。

あわせて読みたい
ちょっとした、競馬の話『ビールとウオッカの日本ダービー』「もうここで見ればいいんじゃないですか?あっちは混んでるし」 後輩のタカシがビールを手酌しながら雑に言い放つ。 「そ...

お暇な方は読んでやってください。

 

 

というわけで、いかがでしたか?
とりあえずは1月〜6月までの上半期をご覧いただきました。

クイズの難易度としては簡単にもほどがあるって感じですが。
最近見始めた競馬ファンの方なんかには、過去を知るいい機会になるかと思います。

競馬は過去を知れば知るほど楽しくなりますからね。

では、最後に。
これらの問題は、私にとってもさすがに簡単すぎますので。

さらに深い遊びをしています。

そのレースの2着馬と3着馬、及び騎手までを思い出すことにしているのです。

これね、結構難しいですよ。
2着馬まではすぐ出ても、3着ってなかなか出ないものです。

 

サイレンススズカの金鯱賞。

2着馬と3着馬、分かりますか??

 

答えは・・・

 

ご自分で調べて下さい。
ちなみに私、3着馬は完全に忘れてました。

これは出ないわ。

 

あー。
競馬の話は楽しいなー。

 

それではでは、こぼりたつやでした。