ベテラン接客業が考える、インプットとアウトプットの意外な関係性

どうも。
接客業歴21年ブロガー、こぼりたつやです。

 

馴染みが無かった『アウトプット』

比較的最近なのかな?ここ数年で頻繁に耳にするようになった言葉『アウトプット』。

簡単に説明すると、本を読んだり話を聞いたりして情報を仕入れるのがインプット。

アウトプットはその逆で、自分の持ってる情報や知識を外に向けて発信すること。

これらをうまく循環させると、より上質な情報を仕入れることが出来るし。
そしてさらに上質な情報を、自分から発信することに繋がるんだとか。

で、合ってます?(自信無し)

 

私はこれを最初に聞いたとき、

「は?アウトプット?何それ意味わかんね」

と、全く重要性を認識することは出来なかったのですが。

 

色々と学んでいくうちに「なるほど。確かにアウトプットも重要だぞこれは」と、気づくことが出来たのです。

 

というわけで今回は、そのインプットとアウトプットの関係性を説明していこうと思います。

 

しかーし。

 

そんな書籍や情報はもうすでに世の中に溢れております。

今さらこんな日記ブログ野郎がそれを発表したところで誰の目にも止まりません。

 

なので今回は、

『接客業歴21年。元タクシー運転手の飲食店経営ブロガー』

という、卑しいほどの肩書き全部乗せで体験談を中心に喋ってみようと思います。

 

これなら少しは価値ありそうでしょ?

 

 

接客業のインプットとアウトプット

そんな私の『インプットとアウトプットの関係性』ですが。

 

結論から言いますと、全然意識したことがありません。自然に身に付いてた。

昨年くらいに『アウトプットの重要性』を知って、言われてみれば確かにそうだなぁ。と再確認した程度です。

 

さて。

私、接客には自信があります。

完全独学なのでクセはありますけど。

 

大学時代の接客バイトを経て、24歳からタクシー運転手。

ここで独自の話術と接客術の基礎を築き上げました。

 

老若男女、外国人、芸能人、酔っ払い、お偉いさん、ヤクザ、ホステスさん、チンピラ、いけ好かないビジネスマン、セレブ気取りの高飛車女。

それはそれは色んなことも言われましたし、色んな会話もしてきました。

 

でもそのおかげで、究極インプット&超アウトプット術を身につけていたのです。

もちろん知らず知らずのうちにね。

 

 

スポンサーリンク

インプットは自然に出来ている

あのね。

インプットとアウトプットの関係性って、要はトイレなんです。排泄と一緒。

 

人間でも犬でも猫でも物を食べるでしょ?
そしたら下から出るでしょ?

 

それです。

 

「インプットしよう!」なんて言いながら小難しい本を読むことだけがインプットじゃない。

「アウトプットしよう!」と息巻いてブログやツイッターに知的なことを書くだけがアウトプットじゃない。

 

お客さんとの会話がインプット。

酔っ払いに絡まれるのもインプット。

チンピラに怒鳴られて運転席を蹴られるのもインプット。

銀座のホステスさんの愚痴を聞くのもインプット。

高飛車女の汚いものを見るような視線もインプット。

 

もちろんこんなレアケースに限らず。

 

日々の仕事がインプット。

生活がインプット。

ご飯食べるのもインプット。

家族と喋るのもインプット。

テレビ見るのもインプット。

スーパーで買い物するのもインプット。

 

私はそう捉えております。

 

見る読む聞く飲む食べる動く歩く走る買う売る泣く笑う悲しむ喜ぶ好む嫌う、などなど。

これら全てが血となり骨となりますから。
そんな分かりやすくて強烈なインプット、他に無いです。

 

まとめると、経験です。

経験こそ一番のインプット。

 

 

難しく考えない

 

「最近忙しくてインプット量が足りてない!」という人がいるかもしれませんが。

それはただインプットを難しく考えてるだけ。

そりゃもちろんね、仕事で必要な専門的な知識は意識して学ばなければいけませんけど。

インプットってそれだけではないし、逆にそれだけでは圧倒的に足りないと思います。

アウトプットの質や量を高めようと思っているのなら、なおさら。

 

トイレと一緒。
偏った食事は便秘に繋がる。

色々なものを食べて食べて食べまくるから出したくなる。

 

もっと情報に対して雑食でいいんです。

その結果、自然と出てくるのがアウトプット。

 

この文の冒頭で言いました「そんなもん意識したことが無い」というのもそのためです。

生活している限り、全てがインプット。
その結果、自然に出来ているアウトプット。

 

もちろん、自ら狙っての情報収集も欠かしてはいけません。

自分の武器を磨くための情報収集は自分から積極的に手に入れる。

それこそこれが、本やテレビやネットということになりますね。

ここは妥協せずにやりましょう。
取りこぼしはもったいないです。

 

ただ、限度がある。
容量的にも時間的にもね。

そのために自分が何を求められているのかを知り、何を捨てるかを決断することが大事。

ちなみに私は『政治・経済』等のニュース的なことは捨ててます。深掘りはしません。

接客業が持たなくてもいい情報ですからね。

そういう話題になっても、私は客前で自分の意見は死んでも言いませんので。

それなら持ってる必要なんてないのです。

 

 

まとめ

・全ての経験が情報
・自分の武器を理解して情報の取捨選択
・インプットを重ねていると自然なアウトプットへと繋がる(トイレみたいなもの)

こんな感じですかね。

 

だからほら。
接客業で見てみると。

閉店後に他の飲み屋さんへ行く飲食店員とか、お店終わりにホストクラブに行くお姉さんとか。

たくさんいるでしょ??

 

あれは勤務中の過剰インプットに対する、自分のアウトプットのために行っているのですね。

そうでもしないとパンクしてしまうから。

もちろん『アウトプット』なんて意識は無いでしょうけど(大体接客ストレスだと思われてる)

 

「聞いてばっかで疲れたから私にも喋らせろ!」です。

これはタクシー時代にも数多く経験しました。銀座が主戦場だったので、ホステスさんのお喋りとか愚痴とかね。

 

私の場合、それがブログなのです。

 

私の接客スタイルは『100%受けの接客』ですから。発する言葉全てがお客さんのためにあります。

なので私の発言はあくまでも、お客さんのアウトプットをより引き出させるためのもの。

 

そんな私のブログ更新量の多さ。
納得してもらえますか?(上手い下手は別にして)

だって、自分の好き勝手にアウトプットしてもいいんですもん。

しかもそれでお金が発生する。

楽しくて仕方ないです。

 

だってブログを始める前なんか、スマホのメモ帳に酒飲みながら書き殴ってたくらいですよ。誰も読まないのに。

そして書いたらすぐ消してた。怖いよ。

 

だから記事を書くのが好き!

そしてその100倍喋るのが好き!

 

そんな感じで、色んなことを見て読んで聞いて経験してインプット量を増やしていけば。

アウトプットは意識しなくても自然に行えるというわけです。

これは接客業や私だけに該当することではありません。

誰でも意識一つでそうなれる!

 

ブログだって書きたい放題!

ネタ余りまくり状態の到来!

 

 

ツイッターで有名な人たちが「本読もう」とか「違うことしよう」とか言うでしょ?

でも、その前にまず日常。

日常は情報の集合体!宝の山!

 

 

以上!

 

色んなことにアンテナ立てながら、みんなで毎日楽しく暮らしましょう!

 

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???