ひとことね109(大阪編15)

11月中旬だというのに、めちゃくちゃ暑かったです。

 

そんな中、ひたすら歩いていたので半袖になりました。

パーカーの下に着ていたTシャツ姿。

 

もうさ、時期で服装を決めるのはやめましょうよ。

その日の天候で決めよう。

 

 

飛田新地です。

 

 

名前だけはよく耳にしますけど。

そうか。
こんなところにあったのか。

 

さすがに平日の真っ昼間ということで、

 

 

誰もいません。

 

 

うーーーーん。

 

そうですね。

 

一応、説明しておきますか。

 

 

この写真をもう一度ご覧ください。

 

 

『藤富』とか『水穂』とか『亀』とか『鶴』とか。
四角い看板があるじゃないですか。

 

これ料亭の名前なんです。
要は、店の看板。

なので飛田新地というのは、こういう感じの料亭がたくさんある地区なのですね。

 

・・・表向きは。

 

でも実際はエロい場所。

 

「料亭のつもりで入ったけど、店員さんと仲良くなってチョメチョメしちゃいましたよー」

っていうことです。

 

いわゆる一つの『自由恋愛』ってやつ。
ソープランドと同じ理屈。
なんとも都合の良い言葉です。

 

なので昼間はこんな感じで閑散としておりますが。
夜になるとびっくりするくらいの雰囲気になるのです。

 

これはマジで本当に、圧巻。

 

ちなみに、なぜ私がそんなことを知っているのかと申しますと。

 

大体20年前ですかね。

当時、同じシステムで栄えていた『横浜黄金町』って地域があったんですよ。

 

そこをロクでもない先輩に教えてもらい、ロクでもない友人と共に社会科見学をしてみたところ。

あまりの衝撃に亀仙人ばりの鼻血を噴射しまして。

 

「おれ、シムシティでこんな町を作りたい!」

なんて絶叫したとかしてないとか。

 

懐かしいですね(クソバカ)

 

そんな黄金町も、警察による大規模摘発により壊滅。

私と友人が”たまたま”訪れた日が、その直後だったため。
あまりの壊滅状態っぷりに絶句したとかしてないとか。

 

誰もいなかったなー。

 

危なかったなー。

 

以上、知らなくてもいい情報でした!

興味のある男子は足を運んでみてね!

ボクは二度と行かないけどね!

 

おつm(__)m

 

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???