ゲームセンターCXの魅力を熱く語る!1人でも多くの大人に伝えたい

どうも。
ファミコン大好きブロガー、こぼりたつやです。

今回のテーマ
愛してやまない『ゲームセンターCX』の話

 

“あの頃”のゲームのエンディングを見せてくれる

この番組の一番大きな魅力を簡単に伝えるのなら。

 

「懐かしいゲームのエンディングを見せてくれる」

 

これに尽きます。

 

ファミコン、スーパーファミコン、PCエンジン、メガドライブ、etc…

あの頃に熱くなったけど、クリア出来ずにエンディングまで辿り着けなかったゲーム。

たくさんありますよね??

そんな名作ゲームに有野さんが挑戦して、我々にエンディングを届けてくれるという番組です。

 

どうですか?

 

え?まだピンと来ない??

 

それじゃあ具体例を挙げてみますね。

 

 

魔界村のエンディングを見せてくれる!

 

高橋名人の冒険島のエンディングを見せてくれる!

 

スーパーマリオブラザーズ3のエンディングを見せてくれる!

 

マイティボンジャックのエンディングを見せてくれる!

 

今で言う『ゲーム実況』の元祖です。

 

エンディングへの道は苦難の道のり

「エンディングを見せてくれる!」

などと軽々しく言ってしまいましたが。
それが「簡単なことではない」っていうのは、我々もよく知ってるはずです。

というわけで、過酷。

 

超過酷。

 

今でこそ当たり前のセーブ機能が無かったりしますからね。どれだけ進めても、

ゲームオーバーになったら最初から。

昔は当たり前だった事が今ではどれだけ辛いか。
地獄ですよ、地獄。

 

そして何より辛いのが。

 

やめられない。

 

ゲームといえど、立派な仕事ですから。
どんなに上手くいかなくても、難しくても、イライラしても、続けなければいけない。

10時間、20時間。

これって本当に大変なことですよ。

私なら画面にコントローラーを投げつけて、暴言の1つでも叫んでクビになってるはずです。

 

 

スポンサーリンク

そこはやっぱり有野さん。
無人島生活の「ちねり」でも分かりますが、粘り強い。

そして、コツコツ。

私のように本体にコントローラーを投げつけるような真似はしません。

やられてもやられても、ひたむきに続けるその姿は本当にお見事です。

 

あとは助っ人ADさんも楽しみの1つ

ロケハンと称される事前プレイを活かして、有野課長の苦難を助けます。

その際に見せてくれるスーパープレイはもちろん。
有野さんとのゆるふわな絡みも、ゲーム本編と並ぶ見どころの1つとなっているのです。

コアな番組ファンの方なら

「好きなADさんは誰?」

という謎のテーマで、一晩中語れるはずです。

もちろん、私もです。

 

 

主なゲームタイトル紹介

もうね、

「今までどんなゲームに挑戦したのか」

というラインナップを見てもらうのが一番早いはずです。もちろん全部は不可能なので、主なやつ。

 

・スーパーマリオシリーズ
・ロックマンシリーズ
・魔界村シリーズ
・ストリートファイターⅡ
・ファイナルファイト
・マイティボンジャック
・高橋名人の冒険島
・たけしの挑戦状
・迷宮組曲
・妖怪道中記

 

もちろんほんの一部ですよ。
全部で300回近くの放送がありますので。

でも、たったこれだけで凄くないですか?

あの頃のクソガキが、散々プレイしていたこれらのゲームに挑戦してくれて。

しかもエンディングを見せてくれるというのですから(成功か失敗かは別として)

面白いに決まってます。

 

 

結論!!!

見てない人は、見てください!!
CS放送、フジテレビONEにて絶賛放送中。

公式サイトは→こちら

もしCS放送を見る環境が整っていないのであれば。
DVDが出ていますので。

 

これを片っ端から見てください。
本当に買って損は無いです。
見てて飽きない。
何度見ても面白いですよ。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???