行ってみた・やってみた

藤子・F・不二雄ミュージアムは大人も思いっきり楽しめますよー!!

どうも。
ドラえもん大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

物心ついた時からドラえもんが大好きで。

テレビアニメを見て、レコードや雑誌の付録のソノシートを聞き、映画館に行って、お小遣いで単行本を買っていたら。

いつのまにか大人になっていました。

 

それでもまだまだ現役。
そんじょそこらの子供たちよりもドラえもん愛は強いのです。

というわけで、こちらに行ってきました!

 

藤子・F・不二雄ミュージアム

 

2回目の訪問。

私が住んでる場所から川崎市はそれほど遠くないので「ドラえもん愛!」とか言ってるわりには少ないですね。

本当はもっと来たい。

 

この日は登戸駅からバスで行きましたよ。
もちろん直行便です。

 

 

バスの時間を含め、

あわせて読みたい
登戸駅から藤子・F・不二雄ミュージアムまでは直行バスが出ておりますどうも。 ドラえもん大好きブロガー、こぼりたつやです。 先日足を運びました、 藤子・F・不...

こちらにまとめましたので。
気になる方は是非。

 

10時の開館時間前に到着。
入館してスタッフの方から説明を受けます。

 

 

基本的に展示物は撮影NG。
なので原画等の写真はございませんので、あしからず。

では早速見て回りましょう!!!

 

・・・と、その前に。

 

混雑必至の『ミュージアムカフェ』に直行します。
特にこの日は土曜日でしたからね。
館内散策そっちのけで真っ先に行く作戦を取りました。

 

その甲斐あってか、

 

 

スムーズに入れましたよ。
かわいいですね。

ちなみに、食べ終わって退店した10:30頃。
もう待ち時間がとんでもないことになってました。
危ない危ない。

その辺のコツも含めまして、

 

こちらにカフェ情報をまとめております。
よかったら覗いてやって下さい。

 

キテレツ大百科×ドラえもん 原画展

 

この時期に開催されていた原画展がこちらです。
『キテレツ大百科』に登場する江戸時代の発明品と、『ドラえもん』に登場する未来のひみつ道具。

 

例えばわかりやすいところですと。

【タイムマシンと航時機】
【スモール(ビッグ)ライトと如意光】

みたいな。
この辺の見比べが楽しめる展示になってました。

 

他にも『てぶくろてっちゃん』など、発明品にまつわる作品の原画も飾られておりましたが。
(てぶくろてっちゃんの可愛さヤバいです)

 

いやー。

原画はいいですね。
ずーっと見ていられます。

「これを藤子・F・不二雄先生がお描きになられたのか」

なんて思うとゾクゾクしますよ本当に。
涙が出そうになる。
(初訪問の際は号泣)

 

ちなみにこの原画展は時期によってテーマが変わりますからね。
私もこれからは小まめにチェックして、切り替わったら必ず足を運ぶようにしたいと思ってます。

とはいえ、そんな毎回毎回ね。
妻が付き合ってくれるとも思えませんので。

スクーターで行っては、1人で涙をこらえてる怪しい男になっていると思われます。
気持ち悪いですね。

いや、でも本当に。
テーマによっては涙がでるんだって。

『おばあちゃんのおもいで』とか『さようならドラえもん』の原画を目の前にして、あなたは泣かずにいられますか?って話。

無理ゲー過ぎます。

 

屋上スペース『はらっぱ』

 

こちらが屋上。

空き地の土管やどこでもドアがあったり、ドラえもんやピー助がいたり。
フォトスポットってやつですね。
ここぞとばかりに写真を撮るといいです。

 

ちょっとしたお店もあります。

 

 

 

そして外れたところにも色々なキャラがいるんです。

 

 

どーうですか?
寝転ぶパーマンとブービーが特に好き。

 

そして見てください。

 

 

これ良くないですか!?
藤本弘先生とドラえもんの握手!!

なんかもうね。
歴史的瞬間に立ち会えたような気がして感無量ですよ。

 

 

そして、これわかります?

 

 

外階段を降りながら、ふと下を見ると石像がひっそりと置いてあるんですけど。

このアングルで分かったらドラえもん通。

 

 

そう。

 

 

『のび太の魔界大冒険』で、メデューサに石にされてしまったドラえもんなのですねぇ。

 

 

いやもうね、本当に怖かったですよ。
幼少期の私は震え上がりましたもん。
よく出来たストーリー&怖いキャラでねぇ。

てか、今でも怖い。
いくつかあるドラえもんトラウマ作品の一つです。
オロローン。

 

撮影可能な館内施設

 

とにかく、

 

 

色々、

 

 

楽しいです!
コエカタマリン。『ワ』が乗りやすい。

 

 

そしてこれみて下さいよ。

 

 

野比家のジオラマ!!

 

 

非常に精巧に再現されてますね。
・・・欲しい。

 

 

てか、こんな応接室みたいな部屋あったかな。
見たことある気もするけど・・・
これは魂を込めて思い出します。

 

お馴染みのび太&ドラえもん部屋。

 

 

いいなぁ。
特にこの棚なんか時代を感じさせていいですね。

 

 

ファンとしては『ダルマ』が置いてあるのが痺れます。

なんのこっちゃ分からない人は、
『あの日あの時あのダルマ』
というエピソードを是非とも読んでください。

 

 

さらにはこちら!

 

 

マンガコーナー!!

藤子・F・不二雄先生の珠玉の作品が所狭しと置かれていますよ。
もちろん読み放題。

私はここでオープンからラストまで過ごすことを夢見ております。

読みたい読みたい読みたい。
全部読みたい。
てか『藤子・F・不二雄大全集』は買い揃えたい。

買い揃えたいんですけど、収納場所がないんですよね。
家から買わないと無理。

 

せっかくですからオススメを。

 

 

『大予言・地球の滅びる日』

前述の『のび太の魔界大冒険』と同様、幼少期に恐怖で震え上がった作品です。
怖くて怖くて。

てんとう虫コミックス36巻、藤子・F・不二雄大全集13巻に収録されてますのでね。
気になる方は読んでみて下さい。

 

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムに行こう!

 

というわけで、いかがでしたか?

紹介というよりは私が勝手に楽しんでるだけのレポートでしたが、少しでも「行ってみたい」と思っていただければ嬉しいです。

 

ミュージアムショップという名のおみやげ屋さん。

 

 

ここもヤバいです。

あれもこれも欲しくなって、本気出したらお金がいくらあっても足りません。

 

 

これ買いました。

 

営業時間は、

 

 

こんな感じ。

 

ご家族、お子様連れはもちろん、大人一人でいらっしゃてる方も多いですからね。

お好きな方は是非とも足を運んでみて下さい。

 

本当にいいですよ。
原画見て泣いて下さい。

私もまた行きます。

 

それではでは、こぼりたつやでした。