ブルボン『エブリバーガー』が懐かしくて美味しくて最高過ぎてヤバい

どうも。
昭和53年10月生まれ、こぼりたつやです。

 

さあ、今回もいいやつ持ってきましたよ。
私、世代的にドンピシャなのです。

憧れに憧れたお菓子です。

 

こちらー!

 

ブルボン エブリバーガー

 

出たー!!!

 

エブリバーガー!!!

 

西暦1985年(昭和60年)

泣く子も黙るスーパーグレートお菓子メーカー『ブルボン』さんが放った渾身の作品でございますよ。

 

そうか・・・

そんなに前なのか・・・

 

私が6歳の時ですね。
府中市立新町小学校に入学した年。
ピッカピカの1年生でございました。

 

これは憧れましたねー!!!

 

「ええ!?ハンバーガーみたいなお菓子!?」

 

「すげー!カッコいいー!!」

 

「食べたい!食べたい!!」

 

みたいな感じで。
憧れ過ぎて涙目になってました。

 

てか、そもそも。
同年代の方なら分かってくださると思うのですが。

エブリバーガーどころか、普通のハンバーガーすら今ほど身近な存在ではありませんでしたからね。

もちろん家庭にもよるのでしょうけど・・・

 

少なくとも私にとってのマクドナルドというのは『運動会』や『夏祭り』と肩を並べるくらいの超一大イベントでございました。

そんなわけで、私のエブリバーガーに対する想いというのは並々ならぬものがあるのですな。

 

その並々ならぬ想いがどれくらいかと言いますと・・・

 

 

今でも見かけると、テンション上がって必ず買ってしまうくらいーー!!!

どこのスーパーやコンビニにも置かれてるというわけではありませんし。

何より、

 

 

この赤い箱がワクワクさせてくれるんですよね。

 

そりゃもちろんね、

 

 

このプロトタイプも素敵ですよ。
エブリバーガーと言えばこれですよ。

でも、今の箱も負けてない!
エブリバーガーは令和でも健在なのです!

 

 

各種データはこちら。

 

エネルギー 341kcal
炭水化物 42.0g

ええ、わかってますとも。

せっかくエブリを食べるのにこんな数値、気にしていられないですよね。

 

そして今さらですが、

 

 

これがエブリバーガーの内訳です。

たまらないですよね。
たまらんバーガーです。

そして最も魅力的なチーズ部分についての説明が無いというのも痺れます。

 

では、食べてみましょう。

いただきます。

 

 

パクり。

 

 

 

おーーーー!!

やっぱり美味しいーーーー!!!

歯ごたえが見事なまでにサクサクで、ミルクチョコの程よい甘さ。

ビスケットとチョコのバランスがとても良く、思わずポイポイ口に運んでしまいます。

そして何より、ごまの風味が!
ビスケットとチョコにも負けてない。

上手くできてるなぁ。

 

 

 

というわけで『エブリバーガー』でしたけど。

やっぱりいつ食べても美味しいですし、いくつになってもテンション上がりますね。

名作揃いのブルボンさんの中でも、トップクラスで子供心をくすぐる素晴らしい商品だと思います。

 

では最後に、エブリバーガーと言えばこれ。

 

 

間違い探しでお楽しみ下さい。
答えは載せません。

わりと難しいです。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

こちらも懐かしいやつ。

弾けるお菓子『ドンパッチ』をご存知ですか?昭和っ子の懐かしい思い出

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???