料理

料理が苦手な人でも大丈夫!博多の水炊きを超簡単に再現してみるよ!

どうも。
お鍋大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

さて、今回は鶏の水炊きです。

 

どうなんですかね。
鶏の水炊きって聞いたらどういうものを浮かべますか?

鍋のお湯に鶏肉とか野菜をぶち込んで、茹でてポン酢つけて食べる。

こんな感じですかね?

 

はい。
完全に合ってます。
怒られるかもしれませんが、それが水炊き。

ただし。
もうちょい奥深かったりもします。
特に本場とされる博多なんか行きますとね。

高級割烹さながらの水炊き屋さんがたくさんありまして。
そこでお行儀よく、作法に倣って食べたりもするのですが。

確かに美味しいです。
美味しいのですが、高い。

 

ちなみに博多在住の従姉妹に言わせると、

「なんで水炊きを食べるのに、そんなかしこまらないといけないのかが分からない」

とのことですので。

現地の人からしても、お店によってはなかなかの敷居の高さを感じさせているようです。

 

というわけで、今回は。
そんな博多で食べる水炊きを私なりに再現してみたいと思いますー!

誰でも簡単。
料理に自信のない方でも、必ず美味しく仕上がりますよ。

 

では行きましょう。

 

鶏肉を用意しよう!

はい。
まずは鶏肉を用意します。

博多では骨付きのブツ切り肉が使われるのですが、売ってる場所も限られますのでね。

 

 

普通の鶏モモでいいです。
めちゃくちゃ安い冷凍のやつとか。

 

それか、

 

 

手羽元。
これも安いですからね。
骨付いてるし。

私は両方使います。

 

鍋に入れて火をかける

お鍋に水を張りまして。
そこに、

 

 

用意した鶏肉をドサっと入れます。

量は・・・どのくらいだろう。

これは水2000mlで鶏肉500〜600gくらいかな?

私の勝手な目安としては、鍋底が見えないくらい入れちゃいます。

 

そしたら点火。
強火でガンガン炊きます。

 

面倒くさいけどアクを取ろう

 

ねえねえ、知ってます?

鶏肉ってねぇ。

アクが出るんですよ(知ってる)

 

これが本当に面倒くさいんですよねー。
許されるなら取りたくないくらい。

私、わりと豚肉とかのアクは無視するタイプなのですけど(アクも旨味)

鶏肉だけはきちんと取ります。

ほら。

 

 

さすがに見た目がよろしくありませんのでね。
こればっかりは取るしかないのです。

とは言っても、あまり神経質になり過ぎるのも疲れますので。

 

 

なんとなく。
細かいことは気にしない主義。

 

ボウルに水を入れて、そこに取っていくと便利ですよ。

 

 

さて。
取り終わりましたね。
そうしたら次にするのは・・・放置です。

 

 

フタをして15分間放置

 

アクを取り終わったら、もう一回強火にしまして。
完全に沸騰したところでファイヤーストップ!!

 

そして、

 

 

鍋蓋をパイルダーオン!!

 

 

おめでとうございます。
ほぼ完成です。

では、このまま15分間放置しましょう。

 

その間に他の具材を切ったり、食器や卓上コンロの用意などなど。

全部終わってるわ!という人は、このブログでも読んでて下さい。
結構おもしろいと、2〜3人から評判です。

はい!
15分経ちましたら、フタを開けましょう。

 

オープン!!!

 

 

どーうですか?

なんか、それっぽくないですか?
見事なまでの黄金色。

さすがにお店の白濁色とまではいきませんけどね、これで十分おいしいスープになっているのです。

 

 

いざ実食!!

 

さあ!
いよいよこいつを食べていきますよー!

 

って、ちょっと待って!

 

博多では食べるより前に飲む!
スープを飲むのが先に来るの!!

 

というわけで、

 

 

スープを取ります。

 

そこに、

 

 

塩!
食卓塩!
なんでもいいから塩!

そいつをスープに向けて強めに振ります!
思ったより強めです!
7回くらい振っていいです!

 

さあ、それを飲みましょう。

いただきます。

 

 

ゴクリ。

 

 

 

ああーーーーーーーー。
おいしいーーーーーー。

美味しいでしょ!?
美味しいんですよ!

私も最初びっくりしました。
言ったって鍋の汁に塩を振っただけ。
それなのに、こんな味になるのかって。

「ダシってこういうことかー」と、これで実感できると思います。

 

そしてちょっと高級感を演出するなら、

 

 

ネギですね。
塩を振ったスープにネギを乗せて飲む。
これで博多感がグッと増します。

なんでもいいです。
長ネギでも万能ネギでも冷蔵庫の奥でしんなりしてるネギでも。

これがまた美味しいですから。

 

そして次は、鶏肉。

 

 

これに強めの塩やネギをぶっかけて食べるのです。
最高ですよ。

茹で時間も短い。
置いた時間もたった15分。
それでも適度な柔らかさ。
美味しいです。

 

そして禁じ手。

 

 

With 醤油。
博多でもやりません。

あのね。

これ、ただの美味い醤油ラーメンのスープです。

 

 

コショウやネギなんか入れてみると、完全にラーメン屋さんのそれです。

こんな簡単に、これだけのレベルの物が作れるのですよね。

だからー。
料理って、楽しいんです。

 

 

お鍋は自由に楽しもう!

 

さて。

一通り博多の水炊き屋さん式の食べ方を堪能した後は。

 

 

ありったけの具材を入れて自由に食べましょ。

スープに塩とか面倒くさくなりますから。
ぽん酢や味ぽんで気軽に食べるのです。

 

 

鶏スープとの相性、すごいですからね。
唐辛子なんかも入れて楽しんで下さい。

 

 

以上!!

もちろん、博多の水炊き屋さんは好きです。
近いうちにまた行くと思います。

でも、こんな気軽な感じで食べるのも。
それはそれで美味しい。

 

『自宅で誰でも、気軽に簡単に』

 

私なりに考えて見つけた調理法。
是非とも試してみて下さいね。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

この鶏団子を入れても最高!!

あわせて読みたい
超簡単!お鍋に入れるめちゃくちゃ美味しい鶏だんご(鶏つくね)のレシピどうも。 お鍋大好きブロガー、こぼりたつやです。 さて、今回は鶏だんごです。 さて、今回は鶏つくねです。 鶏だん...