テレビ・映画

ドラマ『のだめカンタービレ』をDVDで見た感想を言うよ!Vol.1

どうも。
のだめカンタービレ大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

平成から令和に変わると共に読み始めたマンガ『のだめカンタービレ』。

私はこの面白さに大変感動いたしまして。

「みんなー!のだめって知ってるー!?超おもしろいから読んだ方がいいよー!」

と、今さら騒いでいるわけでございます。

色々と自覚はしておりますので、何卒そっとしておいて頂けると助かります。

 

で、同じくのだめ大好き後輩のツバサに「ドラマも見てください。面白いデス」と言われましたのでね。

TSUTAYAでまとめて借りてきました。
そして見ました。
だから感想を言うのデス。

 

DVD のだめカンタービレ Vol.1

 

いきなり物凄いこと言いますよ。

 

動いてる上野樹里、初めて見たー!

瑛太の演技、初めて見たー!

永谷園以外の玉木宏、初めて見たー!

Yahoo!ニュース以外の小出恵介、初めて見たー!

 

すごいでしょ。

しかも主役の2人以外、ほとんど分かってないですからね。

 

「これ誰?」

「瑛太」

 

「これは誰?」

「小出恵介!」

 

「これがサエコ?」

「そう、それがサイコ」

「へー。サエコの演技も初めて見るわ」

「え!?違うよ!これはサイコ!サエコは別の子!」

「あー、多賀谷彩子ってことね」

「サエコはコントラバスの子!」

 

と、こんな具合で妻に迷惑をかけまくっております。

 

でもみんな、いい演技しますね。
こりゃ売れるわ。

 

そして小出恵介を完全に『もじゃもじゃスタイル』で認識しちゃったんですけど。
これでは素顔で店に来てくれたとしても、気付ける自信がありません(来ない)

 

てか、玉木宏。
カッコいいですねー。
まんま千秋先輩じゃないですか。
良かったですよ、原作のイメージを損なわないで。

 

それと上野樹里。
よくある言い方ですと、憑依型ってやつですかね。
見事ですねー。
何の違和感もなく受け入れられました。
良かったデスよ、原作のイメージを損なわないで。

なんとなくですけど、上野樹里を見ていたら『あまちゃん』の能年玲奈を思い出しました(時系列)

 

あと、、、そうですねぇ。

 

思いがけないところで西村雅彦を見られるお得感と、竹中直人の楽しそうな感じ。

自由そうで何よりですよ。
てか、あれシュトレーゼマンか?
面白いからいいけど。

そんなシュトレーゼマン竹中に対して、ヴィエラ先生役は完璧な外国人だから面白いデス。

 

ストーリー的には、三木清良が学校にいたりとかシュトレーゼマンがすぐ来たりとか。
ちょこっと違う部分もありますけど、自然に楽しめております。

あとは静かに黒木くんの出番を待ちます。
清良、水川あさみ。激似。

 

何より、実際に音楽が聴けること。
これが本当に嬉しいのデス。

そしてマンガを読んでいる時に。
『のだめがピアノを弾くと必ず泣く』という、大変不思議な状態に陥っていたのですが。

ドラマでも健在。

いきなり泣いてました。
全部泣いてました。
条件反射。パブロフのあれ。

 

てか本当にさ、2019年にする話じゃないってのはよく分かってるんですよね。

でも面白いんだから仕方ない。

見ちゃってるんだからしょうがない。

 

Vol.2も楽しみ楽しみー。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

あわせて読みたい
ドラマ『のだめカンタービレ』をDVDで見た感想を言うよ!Vol.2どうも。 のだめカンタービレ大好きブロガー、こぼりたつやデス。 この続きデス。 https://tatsuya-k...