令和元年

【令和元年9月 その9】目標を持ってる人はカッコいいし、達成する人はさらにカッコいい。

アメブロが好きで、色んな人のブログを読んでます。

今のブログやTwitterを始めてからは足が遠のいていたのですが、ここ最近また。
特にコメントも残すことなく読んでるだけなんですけど。

 

その中で、

「駄菓子屋ゲーセンを作る!」

という方がいらっしゃったのです。

 

『駄菓子屋ゲーセン』というのは、読んでそのまま。
駄菓子屋とゲームセンターが合体したようなお店ですね。

 

いわゆる、昔ながらのお店。

おれらが行ってた場所。

 

今見返すと、2017年の元旦にその目標を掲げてらっしゃいました。

それから物件を探したり、ゲーム機を購入したり。
時には壊れているものを譲ってもらい、それを修理したりもしてました。

 

年齢的には私の少し上。
なので、思い出話やゲームの話がとにかく刺さるんです。

そしてそれらは全て、未来に向かっている話。
「駄菓子屋ゲーセンを作る!」という目標への道のりなのです。

 

「懐かしいなー!」

「なんだか楽しそうだなー!」

「本当に開業出来たらカッコいいなー!」

「そしたら行きたいなー!」

 

といった応援する気持ちを持ちながらも。

心のどこかで、

 

「でも色々大変そう・・・」

「やっぱり難しいだろうな・・・」

 

なんてことを考えている自分がいました。
むしろこっちの方が大きかったです。

 

 

そして私はこのブログを始めたことにより、アメブロから足が遠のきます。
もちろん、その方のブログもチェックすることは無くなりました。

 

それから約2年が経ちます。

その方の大きな目標のことなど、すっかり忘れていた私。

ある日、何の気なしにアメブロを開いてみると。

とても綺麗で新しく、それでいて”あの頃”の雰囲気が漂うお店が完成していたのです。

 

「うおおおおおー!あの人、本当にゲーセン作っちゃったんだーーー!!」

 

体温が一気に高まるのを感じながら記事一覧のページに飛び、過去記事を貪るように読み漁りました。

 

すごい!

 

スゴイ!!

 

本当に凄い!!!

 

青森県十和田市に、この方が一から作り上げた駄菓子屋ゲーセンがある。
その事実が本当に本当に嬉しいのです。

 

私、青森県にはまだ行ったことが無いんですよ。
なかなかキッカケも無いし。
というわけで、行く理由が出来ました。

特にコメントのやりとりもした事はありませんけど。

いつか「おめでとうございます!」と言える日が来ればいいな。なんて思っているのであります。

 

その方は元々、生まれ育った実家が『駄菓子屋ゲーセン』だったのです。
おばあさんがいつも一人で店番していたとか。

そんなおばあさんに「このお店を見せたかった」と、開店直前の記事で綴っておられました。

 

くそーーーー。

 

嫉妬するほどカッコいいぜ!!!

 

 

その方のブログです。

『元駄菓子屋ゲーセン息子のレトロゲーム秘密基地』

https://ameblo.jp/b-livingbird/

 

(アイキャッチ画像はそのお店の様子)