令和元年

【令和元年9月 その6】やったぜ千賀!やったぜ甲斐!ノーヒットノーラン達成!

2019年9月6日。

ソフトバンクホークスの千賀滉大投手が、見事ノーヒットノーランを達成しました。

プロ野球において、育成ドラフト出身選手では初めてのことだとか。

 

いやー、本当に見事。
素晴らしいの一言です。

って、こんなに冷静に語れるほど私は大人ではございませんので。

はしゃぎます。

 

 

すげーーーーーー!!!

 

千賀、すげーーーーーー!!!

 

映像見ました?
フォークはもちろんなんですけど、ストレート。

千賀の真っ直ぐ、ヤバくないですか??
あんなの打たれる気がしない。

 

あと驚いたのが、球団としてのノーヒットノーランもめちゃくちゃ久しぶりなんですってね。

それこそ南海時代以来、76年ぶりとか。

 

これが意外。

 

工藤も、斉藤和も、杉内も、和田も、摂津も、バンデンハークも達成していなかったということですもんね。

逆にすごい。

 

工藤は名古屋電気工(現・愛工大名電)時代に。
そして杉内は鹿児島実業と巨人で、それぞれ達成しているのですが。

どういうわけかホークスでは未達。

 

さらに斉藤和に至っては。
1人に内野安打を許すものの、その走者から牽制アウトを取り。
他の26人を完璧に抑える『準完全試合』を達成しているのですが。

どういうわけかノーヒットノーランは未達。

いやいや、そっちの方が難しいだろ。
しかも相手は交流戦のジャイアンツだし。
この試合、中継見てたけど悔しかったなー。

と、こうして簡単に振り返っただけでも、改めて「ノーノーってのは、なかなか難しいもんだな」と思うのであります。

 

で、そんな大記録をね。

千賀と甲斐。
育成出身バッテリーで達成するなんて。
しかも同期。
本当に凄いことですよ。

 

だってさー。

一歩間違ってたら、2人ともプロ野球選手になってなかったわけですもんね。
ひと昔前までは『育成ドラフト』なんて、制度すら無かったわけですし。

 

それがなんですか。

朝起きたら千賀の携帯に、

「今日はお前のために頑張るから」

というLINEが甲斐から入っていたとか。

 

マンガかな?

 

そして試合ではノーヒットノーランを達成し、2人で抱き合っている。

 

BLかな??

 

 

ホークスファンとしてのひいき目で見ているのかもしれませんが。
『千賀ー甲斐』のバッテリーは12球団No. 1だと思っておりますので。

なんとか『リーグ制覇→日本一』に向けて、もうひと頑張りしてもらいたいものであります。

 

いやー、それにしても。

2人ともホントにすげえ。

 

引用 www.youtube.com