令和元年

【令和元年8月 その15】なんでもかんでも自信満々で喋っていると、必ず恥ずかしいことになるんだよ。

新宿の喫茶店で時間つぶしてたんですよ。
映画の上映時間まで中途半端に空いてたので。

今思えばあんな映画を見るために、わざわざ安くない喫茶店に入ったと思うと悲しくなるんですけど。

マジで水出しアイスコーヒー代返して欲しい。
600円くらいしたのに。

 

隣に座ってた男女。
カップルや夫婦でもなければ、友人でもない。
かといって、仕事の繋がりでもなさそう。

会話が耳に入って来る限りでは、どうやら女性がかなり気を使わなければいけない関係性。

 

『先生と生徒』『師匠と弟子』

この辺の空気感に近いかな。
見た目から年齢はさほど離れていないようだけど。
どちらもアラフォーくらい。

 

で、その関係性を踏まえて頂きまして。
以下の会話をご覧下さい。

 

男「なんか最近疲れてるんだよね」

 

女性「あら、大変ですね」

 

男「あー、こういう時に仙豆欲しいわー」

 

女性「ドラゴンボールのやつですか?」

 

男「そうそう」

 

女性「あれ便利そうでいいですよね!」

 

男「だよねー。でも前から思ってたんだけどさ」

 

女性「はい?」

 

男「仙豆ってなんなんだろうね?」

 

女性「え??」

 

男「おれはニンニクだと思ってるんだけど」

 

女性「え?仙豆が・・・ですか?」

 

男「そうそう。仙豆ってニンニクだよね」

 

女性「そうなんですか・・・??」

 

男「うん。だって白っぽくて丸いから」

 

女性「そうですかー」

 

男「うん、仙豆は絶対ニンニクだよ」

 

女性「私は豆かなー?って思ってました」

 

男「えー!?豆??」

 

女性「はい。豆」

 

男「いやー!ニンニクでしょー!」

 

 

私「ちょっと横からすみません。もしかして、あまりの暑さで脳が溶けてません?それとも元々そういう感じの人なんですか?」

 

って、言いたくなりますよね。

言ってないですよ。
必死に我慢。

 

その分スマホのメモ帳アプリに『仙豆はニンニク』ってメモをしてました。

 

でも隣で聞いてて辛かったですね。

絶対に女性としては、

 

「はあ!?wwww あんた何言ってんの??www 仙豆がニンニク?www ヤバいwww こいつヤバいwww 超ド級でヤバいwww」

 

こんな感じで、全力でバカにしたいところでしたでしょうけど。

「なるほど。言われてみれば確かにニンニクっぽいですね」

みたいな対応をしていた様子が超健気。

 

こういうのは本当にダメ。

なんでもかんでも自信満々に言うってのは、本当に良いこと無いんですよ。

 

特に相手よりも立場や年齢が上であるなら、なおさら。
ただでさえ気を使わせてる相手を困らせるわけですからね。

その辺は私も本当に気をつけたいと思います。

 

で、結局この男。

自分でググって「へー。仙豆って豆なんだー」と白々しく会話を終わらせてました。

 

文字に起こすと恥ずかしさが一段と増しますね。