令和元年

【令和元年7月 その25】高校野球ファンとして大船渡高校について語る

今夏最大の注目投手、佐々木朗希くん。

岩手県大会決勝戦で一球も投げることなく姿を消しました。
佐々木くんのコンディションを見ての監督さんの決断ということ。

 

うーーーーーーん。

 

これに対してネットは称賛の声が多数。
選手の将来、甲子園だけが野球じゃない、選手ファースト、などなど。

 

うーーーーーーん。

 

プロ野球選手や関係者、評論家からも監督の決断を支持する声が多数。

 

うーーーーーーん。

 

 

これは私のブログ。
思いついたことを好き勝手書くための場所。
だから書きますね。

 

いやガッカリだわ。

だって決勝だよ!?
相手、花巻東だよ!?

しかも前日の準決勝ではガッツリ投げてるわけ。
5-0の展開で完投させてる。
4回戦では延長12回を一人で194球。

なんで決勝はそうなん??

 

あと『準決勝前に違和感』なんて報道も見たけどさ、それならなおさら準決勝は投げさせるべきではないじゃない。

 

うーーーーーーん。

 

もちろん佐々木くんの将来も楽しみ。

国内でもメジャーでも大活躍して欲しいですし、とてつもない逸材だっていうのも分かってる。

だからこそ甲子園で見たくない?

甲子園のマウンドに立つ佐々木くんの姿。
めちゃくちゃ楽しみにしてたんだけど。

 

ネットの「素晴らしい決断!」みたいな声を見ながら、みんな人間できてるなーって。

おれ、バカみたいにゴネるよ。
だって見たかったもん。

部外者は黙ってろってことなんだろうけど、高校野球ファンとして好き勝手に言うよ。

 

納得いかない。

だって一貫性がないんだもん。
県大会を通じて見てたけどさ、途中そんな感じしなかったもん。

 

4回戦で「194球完投!?すげー!これは本当に佐々木くんが大船渡を甲子園に連れて行くぞ!」って。

ファンがこう思うのは当然。
もちろん球数や登板過多は心配よ。
でもワクワクするじゃん。

 

それがどういうわけか・・・ねぇ。

 

4回戦、延長12回194球完投。

準々決勝は休養。
佐々木くん抜きで延長11回の死闘を制する。

準決勝、3回で早くも4-0とリードを奪うも完投。

決勝戦、コンディションを考えて温存→敗退。

 

正直、私は「???」です。

 

なんて。
こんなことをウダウダ言っていても仕方ないですから。

とりあえず、高校野球ファンとして今夏最大の楽しみは予想外の形で終わってしまったと。

寂しいですね。

 

 

過密日程、登板過多、球数制限、選手の将来。

近年ではこのような問題が取り上げられることが本当に増えてきました。
そろそろ高野連も本腰入れて考えなければならないと思います。

 

で、前から思ってるんですけど・・・

 

ドームじゃダメなの??
京セラドーム(大阪ドーム)でいいじゃん。
それなら甲子園も阪神がナイターで使えるし。

プロ野球の日程見て、空いてるドームで持ち回りにしてもいいじゃん。

 

甲子園にこだわる必要なくない?

快適な環境の方が選手にとってもお客さんにとっても絶対いいと思うんだけど。。。

 

で、こういうことを言うとそれはそれで。

聖地だ!
野球は屋外だ!
球児の憧れ!

ってなるんだろうけどね。

でもそんな概念、10年もすれば変わるって。
京セラドームが聖地になるよ。

 

なんか色々考えてしまいますな。

とりあえず、今年も楽しみます。
創志学園の西くんは一人で投げ抜くらしいです。

がんばれ!!

 

 

また明日。

あわせて読みたい
【令和元年7月 その26】スプラトゥーン2をやりながら◯◯をやりたい。YouTubeでスプラトゥーン2の動画を見ました。 今までは見ないようにしていたのですが、我慢の限界。 『スプラトゥーン2 ロー...