令和元年

【令和元年6月 その28】ノート片手にカッちゃんがやって来た。

体調が良くなさそうな妻を早めに帰して、バシャバシャ食器を洗っていたら。

 

「おつかれさまです!」

なんて感じで近所のカッちゃんがやって来ました。

 

カッちゃんは床屋さん
私の日に日に薄くなり続ける頭頂部を、もう6年以上も担当してくれているのであります。

 

「どうしたの?ノートなんか持って」

 

「はい!ブログのお話を伺おうかと」

 

「・・・ほう」

 

カッちゃんは以前からブログに興味を持っています。
興味だけでなく実際アメブロもやってました。

2年ほど前には、

「1年365日、休みなく更新するぞー!」

と、宣言して見事達成した実績も持っているのです。

 

そんなカッちゃん。
次はどうやら『ブログ収益』に挑もうとしているというのは、事前に聞かせてもらっていました。

ブログ収益というのは『自分のブログから広告収入を得る』ということですね。
もちろん私のブログからも、広告収入は発生しております。

 

「とりあえず1ヶ月で1万円を目指そうと思ってます」

 

「いいね」

 

「1ヶ月1万円って、難しいですか?」

 

「うん。めちゃくちゃ難しいよ」

 

「そうですかー」

 

「でも絶対に行ける額でもあるよ」

 

「こぼりさんは今どのくらいなんですか?」

 

「えっとね、このくらい(スマホを見せる)」

 

「おお、すげー。でも逆に言うと、あんなに書いてるこぼりさんでもこのくらいなんですね」

 

「そうそう、そんな甘くないのよ。まあオレは輪をかけて特殊な例だけど」

 

他のお客さんから頼まれた枝豆を用意していると。

 

「一応、これを書きたい!ってテーマは決まったんですよね」

 

「お!マジで?教えて教えて」

 

「もちろん!ノートに書いて来ましたので」

 

「じゃあ、ちょっと待ってね」

 

枝豆を出して、ノートを見せてもらいます。

 

「ふむふむ・・・なるほど」

 

「どうですかね?」

 

「カッちゃん、これ行けるよ」

 

「マジっすか!?」

 

「うん、絶対行ける。このテーマで頑張れば月に1万円は間違いないよ」

 

「おー!」

 

「だって、オレも考えてたことだもん。結局やらなかったけど」

 

「え?ぼくがやっていいんですか?」

 

「もちろんもちろん。一通り調べたけどね、まだライバルいないから」

 

「おおー!あ、あとこんなのも考えてるんです」

 

「なになに??」

 

こんな感じで秘密の作戦会議。

 

「ただ最初の立ち上げが面倒かもよ」

 

「立ち上げ?ブログのですか?」

 

「そうそう。ワードプレスの設定とか。その辺おれも苦手でさぁ」

 

「あ、大丈夫です!それはブログの立ち上げとかSEOとか、そういう仕事してる友達がやってくれるって言ってますので」

 

「え・・・!?無料で??」

 

「はい!同級生なんです。もちろん店のサイトは有料ですけど、今度始めるボク個人のは無料でいいって」

 

「そんでSEOとかも?」

 

「はい。色々教えてくれるみたいです」

 

「で、自分で言うのも何だけど・・・さらにオレもいるわけでしょ?」

 

「いやー、恵まれてますよね」

 

「うん・・・かなり」

 

 

2人目の子が生まれたばかりで外出時間も限られているカッちゃん。

梅酒の緑茶割りを2杯飲むと、

「色々ありがとうございました!やる気が出ました!もちろんお釣りはいらないです!また来ます!」

鼻息荒く帰っていきました。
授業料として、お釣り160円ゲットです。

 

嬉しいもんですよ。
趣味でやってることが誰かの役に立てるって。

全然大したことないけど、私に出来ることがある限りは全力で応援してあげようと思います。

 

ただね、カッちゃん。
一応覚えておいて欲しいんだけど。
見る人が見たら、こぼりさんのブログ講座。
60分160円って超破格だからね。

 

なんて思いながらも、嬉しい160円。

 

明日も見てくれるかな?

あわせて読みたい
【令和元年6月 その29】腰痛でお悩みの日々に別れを告げることにした。高校生からなので、もう20年以上ですね。 腰が痛くてねー。 めちゃくちゃ痛かったり、我慢できるくらいの痛みだったり。 こんなバ...