令和元年

【令和元年6月 その23】プロレスを覚えればもっともっと人生が楽しくなります。

前回の続きですよ。

 

やっぱりね、超世代軍好きとしては恐怖しかないんですよ。
大好きな三沢や川田、小橋がこれでもかってくらいにぶっ飛ばされてましたから。
本当にハンセンのウエスタンラリアットはトラウマレベルです。

だからこそ、1992.8.22日本武道館の三冠統一ヘビー級選手権試合。

【王者 スタン・ハンセン VS 三沢光晴 挑戦者】

この試合。
自分の誕生日は忘れても、この日付だけは絶対に忘れません。

 

って、間違えました。
4人で飲んだって話なのに、どういうわけかいつの間にかハンセンの話になってましたね。

 

えーっと、そうそう。

吉祥寺の美味しいお店や台湾料理の店で、面白い番組とかお笑いについて語りながら飲んでたって話。

 

 

後輩女子のツバサですよ。
これもまあ、お笑い大好きで。
20年間そんな話ばっかりしてるんです。

だからこそ説教です。

 

「プロレスを見なさい」

 

日曜日にやってる『有吉ぃぃeeeee!』ってゲーム番組がありましてね。
私もツバサも好きで見てるので、その話なんですけど。

 

「プロレスを知らずに見てる奴は損してる!」

 

これを声高らかに叫んでたわけですよ。
ハイボール片手に。

 

あの番組では必ず、有吉さんとタカトシのトシさんとの”プロレス絡み”が見られるんですけど。

とにかく絶品なんですよ。

2人とも本当に好きだから、色んな角度からあらゆる場面で放り込んで来るんですね。

しかも容赦無いやつ。

「プロレスを知らない人にも分かりやすいように」なんて気遣いどころか。
「プロレスを知っていても難しいぞ!」みたいなのをガンガン。

これがもう、本当にたまらない。

 

そんな爆笑やり取りも、

プロレスを知ってる人は笑える。
プロレスを知らない人は笑えない。

というわけ。

物凄くシンプルな話。

 

もちろんプロレスに限らず、ターゲットが限定される笑いというのは少なからずあります。

その中でも、プロレスは絶対的に多いのです。

番組でいうと、あの『水曜日のダウンタウン』。
これなんか番組全体にプロレス臭が漂いまくってますからね。
恐らくダウンタウンのお二人も気付いていない、細かなところに至るまで。

これは番組プロデューサーの『藤井健太郎』さんがプロレス好きだから。

芸人さんにもプロレス好きは多いですからね。
『知ってるから笑える』という場面は多々あります。

 

まあ細かい話をすると死ぬほど長くなりますので控えますけど。

お笑いとプロレスって、物凄く相性がいいんです。
だから『お笑い×プロレス』の掛け算が頻繁に見られるのも当たり前の話。

 

本当にねー。
何とか興味を持ってもらいたいんですよねー。

タケシも妻もある程度は行けますので、あとはツバサなんだよなぁ。

いや、ツバサ限らずですね。
これを読んで下さってる皆さまもですよ。

このブログって、プロレスを知って読むのと知らずに読むでは全然違いますからね。
普通の文章の中にも結構散りばめてある。

 

どうしたらいいかなー。
このブログに書けば興味持ってくれるかなー。

『こぼりたつやのプロレス入門』

やります?
一応プロレスライターやってましたし。
書きたい気持ちもありますし。

 

うーん。

書こうかな、やめとこうかな。

迷うところではありますが。

 

答えはもちろん・・・

 

 

トランキーロ!
あっっせんなよ!!

 

ほら。
こういうのね。

 

明日も見てくれるかな?

あわせて読みたい
【令和元年6月 その24】プロ野球チップスを買いました。何が出るかな?本当は毎年箱買いしたいくらいなんですよね。 プロ野球チップス。 それくらいカードを集めたいのです。 チップスも美味しいし。量少...