令和元年

【令和元年5月 その16】気軽にサクッと読める日記にすることを、ここに誓います。

令和の訪れと共に、この日記を始めることにしたのですが。
コンセプトはすんなり決まったんですね。

【書きたいことを好き勝手に書く】

これはもう長いこと我慢しまくってましたので。
ようやくブログで遊べます。

あとは、

【誰でも気軽にサクッと読めるもの】

これも決めてました。
大体1000文字前後くらいが目安。
とにかくこの文字数を守りたい。

というのもねえ、ボクの文章はすぐ長くなるんですよ。

「書いてるのお前じゃねーかよ」って話なんですけど。

なんか知らないけど気付けば長くなってるんです。
これはもう病気みたいなものです。

以前ね、理由あって3000文字以上の文章を書く機会があって毎週書いてたんですけど。

3000文字ってなかなかじゃないですか。
ぴったり3000文字をびっしり埋めても原稿用紙7枚半ですので。
作文なら8枚以上は書く感じですね。

だから結構苦労される人が多いんです。

「いま何文字?」

「まだ2000文字も行ってないの!?」

「もう書くこと無いんですけどー!」

みたいなのが普通。
しかもテーマが決まってますからね。
』について3000文字とか。
修行かな。

でも私の場合は違うんです。

「あら?4000文字超えてる!でもまだ書きたいことある!とりあえず最後まで書いてみよう!」

「あー!5000文字行っちゃったー!」

「うそでしょ?6000文字!?ヤバい!どうしよう!?」

毎回これ。

だから『なんとか3000文字に到達させる』のではなく『なんとか3000文字に削る』というパターンでした。

バカなんですよね。
何をどう書くか決めてないからそうなる。
効率的には最悪です。

でもね、鍛えられましたよ。

おかげで1000文字なんか余裕で書けますから。
全くのノーダメージ。
知力も体力も1ミリたりとも消費しません。

しかもテーマも自由。
本当に楽ちんです。
「え?こんなんでいいの?」みたいな。

ドラゴンボールで言えば悟空が重い道着を脱いだ状態ですね。
軽い軽い。

でもごめんなさい。
実は毎回1000文字で収まってないのです。
少なくとも1200文字は行っちゃってる。
この前は1500文字とかかな?

ほら。
また長くなり始めてる。

てか、読んで下さってる人にこんなことを言う必要なんか一つもないんですけど。

「これからはサクッと気軽に読みやすい1000文字前後に収めます!」

というのを皆さんの前で宣言させて下さい。
本気です。

と、この宣言文がすでに1100文字。

うーん。
困ったものです。
2000文字まで行ったら引退します。

てか、文章どうこうよりも落ち着けって話なんですよねきっと。
40歳になったんだから。
我ながらペラペラとよく喋る。。。

というわけで41歳からは、寡黙さと圧倒的渋みを兼ね備えるダンディズムな男を目指そうと思います。

こんな感じ。

 

 

明日もまた見てくれるかな?

あわせて読みたい
【令和元年5月 その17】久しぶりに一人で飲んで、真面目に語る。一人で飲みに来ています。 今まさに。 これ書きながら飲んでます。 「串カツ田中なう」ってやつです。 Twitterやめたけど...