令和元年

【令和元年5月 その1】令和になったので日記を始めてみることにしました

令和になった瞬間はゲームをしておりました。
最近どハマりしてる『オクトパストラベラー』。

 

 

淡々とレベル上げをしてたら日付が変わってました。

無意識のうちに令和。
ノーモーション令和。
ノールック令和。
ゼロ距離令和。

で、思います。

 

「オレは令和になってもレベル上げか・・・」

 

昭和はファミコンでレベル上げ。
平成はプレステでレベル上げ。
令和はSwitchでレベル上げ。

本望ですよ。

私も最後の瞬間を迎える時に、

まったく!!いい人生だった!!

と、笑顔で叫べる自信があります。

 

この前ちょうど見たんですよ。
『ONE PIECE 冬に咲く奇跡の桜』

ダメですね。
泣きまくり。

嗚咽しすぎて口から内臓出ましたもん。
慌てて押し込みましたけど。

キノコを取りに行くチョッパー。
そのキノコを喜んで食べるヒルルク。
それを知ってチョッパーを叱るドクトリーヌ。

もう本当にみんな好き。

ただその分、ワポルは許さねえ。
あとスパンダム。
黒ひげはわりと好き。

あと終盤の田中ルフィと野沢ドクトリーヌの共演ね。
これも我々ドラゴンボール世代にはたまりません。

主役と脇役が入れ替わってるのが素敵。

と、こんな感じで令和もONE PIECE大好きブロガーとしてやっていきます。
当方根っからの単行本派。
ジャンプ派はお控えなすって。

 

平成から令和に変わる。

世間では「平成最後の◯◯」という謳い文句が溢れました。

そしてそれに対する「いちいち平成最後の◯◯とか本当にうるせえ」という対抗勢力も。

私はそんな様子を「みんなそういうの好きだなぁ」といった感じで見ておりました。

「平成最後の◯◯」を言いたい人は言えばいい。
でもオレは絶対言わない。

「平成最後の◯◯」にうんざりしたい人はしてればいい。
でもオレは何も思わない。

要は「どうでもいい」ってことです。

どうでもいいことなら書かなくていいのに。
わざわざ書く必要性が全然見当たらない。

でもこれくらいしか書くことがないのです。
令和になったことに対しては。
だからまあ、一応。

えーっと、そうそう。
令和から日記を書くことにしました。
今読んで下さってるこれです。
一応、日記のつもりで書いてます。

まあこれまでも『日記ブログ』ではあったのですが、もっとこうダラダラとしたやつ。

そして日付で区切りません。

書きたいことが山ほどある日もあれば、書くことなんて一つもない日もあるじゃない。

だから日付なんかいらないのです。
日付なしの日記。
意味わかんないですよね。

大丈夫です。
私もよく分かっておりません。
でもとりあえずやってみます。

 

明日も見てくれるかな?

あわせて読みたい
【令和元年5月 その2】便利なテレビは逆にテレビ離れを促すよ家のテレビでYouTubeやらAmazonプライムやら、各種動画サイトが視聴できてしまうとアレですね。 地上波を見なくなる。 ...