お菓子、レトルト他

日清『カップヌードルみそ』は、レギュラーメニューに定着出来るのかを考える

どうも。
カップヌードル大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

世界初にして未だ最強のカップラーメン。

『日清 カップヌードル』

数々の味を発売しながらも、特に『しょうゆ』『カレー』『シーフード』の3つは、不動の人気でカップ麺業界を引っ張り続けているのですが。

そこに割って入るべく、再びこの味が投下されました。

 

こちらー!

 

カップヌードル みそ

 

そうなんですよ。

定番中の定番であるはずの『みそ味』が、日清のカップヌードルシリーズにはいないのです。

過去に発売されたこともあるんですけど、いつのまにか消えてましたので。
「今回こそは!」という意気込みが感じられますね。

 

各種データはこちら。

 

 

熱量 391kcal
炭水化物 47.5g

大体こんなところでしょう。
シンプルな日清のカップヌードルシリーズは、数値もシンプルなのです。

 

開けてみましょう。

 

 

いいですね。
見るからに味噌っぽいです。

しょうゆともカレーともまた違った感じ。
色が濃いです。

 

お湯を入れて、3分待ちます。

 

チーン。

 

出来ましたー!!!

 

 

これがカップヌードルみそ!

茶色いスープと黄色いコーンが味噌ラーメンっぽいですね。

 

そしてもちろん、

 

 

謎肉も健在。
もはや日清カップヌードルの代名詞。

 

では、食べてみましょう。

いただきます。

 

 

ずるるるるー!!!

 

 

 

うん!美味しい!!
みそ味のスープに麺がよく絡んでます。

謎肉も意外と相性がいいみたい。

さすがの安定感と高品質。
一気に食べちゃいました。

 

ごちそうさまでしたー。

 

 

はい。

では、ここから本題です。

 

まず大前提として、冒頭で挙げた他の3つ。

『カップヌードル』
『カレーヌードル』
『シーフードヌードル』

この3つにはですね、”変えが効かない”という強さがあるんです。

普通「カップ麺食べたいな。何を食べようかな?」と思ってから商品を選びますよね。

でもこの3つに関しては、それをすっ飛ばして。

「カップヌードル食べたいな!」
「カレーヌードルにしよう!」
「シーフードヌードル買ってこよう!」

と、いきなり決まることがあるのです。
しかもかなりの頻度で。

スーパーでも、安売りしてると高確率で手を伸ばす。
それは「食べたいと思う日が必ず来るから」という信頼感によるもの。

消費者に「あの味が食べたい!」と、直接的に思わせられる物凄い商品なわけですね。

だからどこのお店にも置いてある。

 

で、この『カップヌードルみそ』はどうかと言いますと。

私の中では、全然です。
その3種の足元にも及びません。

「みそ系のラーメン食べたいなぁ」と思った時に、恐らく他社製品に負けます。
美味しいのがたくさんありますのでね。

 

なので今回の感想としては、

「美味しいけど、別に他のでもいい」

という普通のものになってしまいます。

少なくとも『あの3種』に並ぶことは、私の中ではあり得ません。

 

そもそも味噌って、差がつきにくいんですよ。
当たりハズレが少ない。
ラーメン屋さんでも「迷ったときには味噌を食べとけ」みたいな風潮もありますし。

だから難しいんでしょうね。
日清さんのシンプルシリーズなら、なおさら。

味噌のカップ麺って、何かしら特徴があったりするものが多いですから。

「これだ!」と思わせてくれるポイントが無いと、なかなか選んでもらえない気はしますけどね。

 

さすがにネームバリューだけではキツいかな。

今までに出た他の商品を考えても。

今ひとつ定着しそうでしてない『しお』もそうですし。
『チリトマト』くらいのレア度と独自路線ならいいのでしょうけど。

レギュラーに定着となると、まだまだだと思われます。

 

という感じで、好き勝手に言わせてもらいました。

とはいえ、美味しいのは間違いないです。
その先となると『???』という話。

 

気になる方は是非とも食べてみて下さいね。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

そんな日清シリーズを脅かす?セブンのこれ。

あわせて読みたい
セブンイレブン『醤油ヌードル』は誰もが知るあの味を見事に再現してるぞどうも。 セブンイレブン大好きブロガー、こぼりたつやです。 セブンイレブンでカップ麺を買うことはよくありますが、このシリ...