ブログ

32文字!2語検索!見出し2!記事タイトルの付け方と見出しの使い方

どうも。
(自称)孤高の日記ブロガー、こぼりたつやです。

 

今回はタイトルと見出しについて。

とりあえず私が勝手にやって来たことを懲りもせずペラペラと喋りますので。
話半分くらいで聞いてもらえるとありがたいです。

 

タイトルは32文字

私の記事タイトルは、基本的に32文字に合わせています。
もちろん多少前後することもありますが。
この32文字にする理由はですね。。。

そう教わったからです。

ただそれだけ(笑)

 

理由もよく分かってないんですけど、教えてもらったしそれでいいかって。
私は自分勝手なやり方ばかりなのですが、信頼できる人に教わるとね。
それはもう、従順すぎるほど貫き通しますから。

えーっと、Googleの検索結果一覧画面で綺麗に表示されるのが32文字とか。
確かそんな理由だったと思います。

諸説あるのかもしれませんが、これでそこそこ結果も出ましたので今さら変えられません。

 

最初はなかなか難しかったですが、今ではタイトルを考え始めると同時に32文字前後のものが浮かぶようになりました。

何事も慣れですね。

 

自分で検索する2語を入れる

さて、次はタイトルの付け方。
数ある検索結果の中から選んでもらうためにはタイトルがとっても大事。

さすがの私も考えてます。
検索流入メインでやってますからね。
日記ブログですけど。

では、私はどうやってタイトルをつけているか。

ずばり、

「自分ならどう検索するかな?」

これを考えます。

 

「この記事と出会うためには何と検索すればいいのかな?」って逆算しています。

ちなみに私は必ず『2語検索』ですので。
そこも守って2語を入れます。

えーっとなので。。。
実際に検索上位取れてるやつ持って来ますね。

 

こんなタイトルつけてます

分かりやすいのですと、

あわせて読みたい
セブンイレブン『手羽中から揚げ』を食べてみた!これは良いつまみ!どうも。 セブンイレブン大好きブロガー、こぼりたつやです。 「さて、今日もセブンの絶品冷凍おつまみでも買って帰るかなー」 ...

これですね。

『セブンイレブン+手羽中唐揚げ』

これは発売当初からずーっと上位のままです。
なんとなく書いてみたら当たったパターン。
これでセブン記事に目覚めました。

タイトルの付け方としても『店名+商品名』という黄金パターンですね。
まさに「これしかない!」という感じ。

もちろんコンビニ特化ブログ含めてライバルも多いですが、上位で戦えてる記事もかなりあります(もちろん逆も)。

 

そしてこちら。

あわせて読みたい
日高屋飲みは最強!280円ハイボール&激安おつまみ&本格中華!どうも。 中華屋さん好き好き大好きブロガー、こぼりたつやです。 リーズナブルでお馴染みの中華チェーン、日高屋さんでお酒を飲む!いわゆ...

『日高屋+飲み』

これも投稿して以降、長きに渡ってよく読まれてますねー。
最近は減りましたけど、1位〜3位は安定しています。

これは単純に「日高屋で安酒を飲むのが好き」という人を狙ったタイトルです。
もちろん私も好き。

なのでこれは、その時の体験記。
ちなみに『日高屋+お酒』や『日高屋+ハイボール』などでも上位です。

結構いるんです。
日高屋で飲むのが好きな人(笑)

 

あとは、こんなのもあります。

あわせて読みたい
首都高地図の覚え方を、元タクシー運転手が写真5枚で教えるよ!どうも。 元タクシー運転手ブロガー、こぼりたつやです。 突然ですがこれ、 分かります? 首都高の地図ですねー。 ...

『首都高+覚え方』

この2語検索に【元タクシー運転手】という強みも含ませたパターン。

タイトル的に目立つでしょ。
説得力もありそうですしね。

そのおかげか、投稿以来読まれてますねー。
平均順位1.2位ですって。高い。

これは最初から絶対に上位取れるだろうなーって自信ありました。

と、こんな風に「自分ならどう検索するかな?」って考えて付けてますね。

 

競合が多いとかは考えません。

てか早い者勝ちで無い以上、他の記事よりも良いもんを書けていれば勝てるわけですから。

戦いもしないで最初から逃げるのは好きじゃないです。

ダメならダメで、また上位を狙える記事を新しく書くまでです。
どんなテーマでも、自分が最初に浮かんだ2語で突っ込みます。

まあ、それがダメなところでもあるのでしょうけど(笑)

 

見出しはなんのため?

いわゆる”h2見出し”や”見出し2″ってやつですね。
これに関してはいよいよ説明が出来ないくらい意味が分かっておりません。

なんとなく「この見出しにある言葉も検索にかかるんだよー」って捉えてますけど。

よくわからないので各々で調べて下さい。

 

これも最初はね。
“見出し6″とかでやってたんですよ。
デザイン的に好きだからという理由で。

そしたらまたお世話になってる方から、
「何よ!あの見出しは!?”見出し2″でやりなさい!」
とのお叱りを受けましたので。
それを従順に守り続けているというわけです。
ありがたいことです。

 

で、一般的に見出しを使う理由としては。

・記事が読みやすくなる
・SEO対策

この辺が理由ですので。
興味のある方は調べてみて下さい。
ボクは理由は知らないままで構わないので調べてませんけど。

 

Twitter向けはインパクト

そして最後に、Twitter向け記事。
フォロワーさんに向けた記事とか。
私の場合は主に『ブログ論』ですね。

これはもうね、検索に引っ掛けるつもりもない内容ですので。

 

思いっきり手を抜きます。
32文字なんか考えないです。
もったいない。疲れるだけ。

ただ、Twitter上で他のブロガーさんに引っ掛かって貰えるような単語は入れるようにはしてます。

 

これまでで一番読まれたのは、、、

あわせて読みたい
ひたすら無策で書きまくれ!日記ブログを1年間続けてみたらどうなった?どうも。 こぼりたつやです。 今のブログを本格的に始めて、もうすぐ1年になるかもしれません。まだかもしれません。 ...

やっぱりこれかな。

この記事で私のブロガーとしての名が少しだけ広まったというか。
これをキッカケに数百人のフォロワー数増加に繋がったという、いわば出世作です。

 

これはもうね。

「無策?日記ブログ?それで1年続けた?」

みたいな感じで興味を引くという、汚いやり方ですよ。
逆張りの総決算みたいなタイトルです。
でもまあ、事実ですからね。

 

Twitterのタイムライン上で、無数に流れる『ブログ論』の中でいかにして読んでもらうか。

ましてや当時はフォロワー数も全然少なかった、今以上に超無名雑魚ブロガーでしたからね。

アイキャッチも文字だけにして「リライトしない!」を最初に持って来ましたね。
とりあえず瞬時にインパクトを与えるように考えました。

 

はーい。
今回は『タイトルと見出し』というね。
なかなか真面目な話でした。

あー疲れた。

だから少しでも「ふうん」くらいには思えてもらえればとても嬉しいです。

というわけで、私はこんな感じでやってますので。
皆様は是非とも有名ブロガーさんの情報通りに事を運んで貰えた方がよろしいかと思われます。
セオリーは大切ですから。

それでもと言う方は、自己責任でどうぞ。

 

またお会いしましょう。
それではでは、こぼりたつやでした。