ブログ

喋るように書いて個性を発揮!!好きなように書くことがファン獲得への第一歩!

どうも。
(自称)孤高の日記ブロガー、こぼりたつやです。

 

私は狭苦しい焼肉屋をやっているのですが。
煮込みもあります。
居酒屋メニューであるはずの、牛すじ煮込み。
これがめちゃくちゃ人気なのです。

焼肉やホルモンそっちのけで、これ目当てに来てくれるお客さんもチラホラ。

また他にも「これ焼肉屋関係ないじゃん」というメニューが喜ばれてたり、さらには

「◯◯作ってよ」

なんてリクエストも頂戴することもあります。

 

これは本当に嬉しいこと。
『焼肉屋』という枠組みを超えて、

「この人が作るなら何でも美味しいはず」

と、作り手である『私』に期待を寄せて下さってるということになるのです。

 

そしてもちろん、これはブログにも言えること。
今回はそんなお話です。

 

読みに来たなら長居して欲しい

目当ての記事を読みに来た人。
検索から辿り着いた人。
嬉しいですよね。ありがたいですよね。

でも、思います。

 

「もっとゆっくりしていけばいいのに」

 

せっかく来てくれたんですし。
たった1記事読んだだけで帰るなんて寂しいじゃないですか。

 

「うちのブログ、結構いい記事揃ってますよ!」

 

直帰しようとしてる人を羽交い締めにして、他の記事も見せつけてやりたい。
これはブログをやってる人、全員が思っていることです(謎の断定)

そのために内部リンクを貼りましょうとか、他にも色々あるのかな?
ブログ内の回遊率を高める作戦みたいなやつ。

もちろんそれも大事なのは分かっているのですが、私としてはもっと大切なことがあるのです。
もっと大切で、もっと簡単。

 

記事からブログ全体へ。さらには、ブログから書いてる人へと興味を持たせるためのもの。

 

それは、個性です。

 

個性を出して差別化を図ろう

世の中には物凄い数のブログが存在します。
その中でどう目立つかの勝負。
Google的にもね。

というわけで、個性です。

 

『文章の書き方』とかありますけど、やっぱり土台となるのは書き手さんの個性。

そうあるべきだと私は思ってます。

 

特にこのサイトは私が培ったブログ術についてお話するものですから。
それであれば根底にあるものは、個性であり人です。

個性のある記事には書き手さんの体温が感じられます。
そしてその体温は読み手さんに伝わります。
なんだか感覚的な話で申し訳ないのですが、これはとても大事なことで。

 

やっぱり『人』なんですよ。
ブログでも商売でも、お客さん(読み手)の心に響くのは。

自分の考えやモノの見方、心情を一生懸命書くからこそ他人に伝わるわけで。
テンプレになぞったような無機質な記事では、人の心はなかなか掴めません。

では、その個性。
一体どうやって出せばいいのか。
私が心がけていることをお話ししていきますね。

 

書くより喋る!とにかく自然に

私は常に『ブログは書くより喋るもの』として考えております。

これが他サイトさんへの寄稿記事とかになると話は別ですが、自分のブログに関しては”喋る”という意識で取り組んでおります。

 

特にブログ初心者の方に聞きたいのですが。

いざ『書く』ということを意識すると、なんだか緊張しませんか?

しっかり書かなきゃとか、読みやすい文章にしなきゃとか、きちんとしなきゃとか。

そうなると文章全体に緊張感が出るんですよね。

しかも、書くのに時間かかってるでしょ?
もったいないですよー。

これがもし、同じテーマで『喋る』となると。
恐らく自然に喋れるはずなんです。
流暢に、楽しく、たまにユーモアなんかも交えながら。

そしてもちろん時間もそれほどかからない。
不思議ですよね。

不思議ですけど、当たり前。

だって普通の人は『書く』ということに慣れてないんですもん。
慣れてないにも関わらず、それを無理やりやろうとするから大変なだけであって。

別に喋ったっていいわけです。
伝わればそれでいいのですから。

 

喋るように書く。

 

頭に浮かんでくる言葉を、喋るようなテンポでそのまま打ち込めば勝手に文章になりますから。
あとで読み返して、明らかにおかしい箇所があれば修正する。それで完成。

そしてその『喋るように書いた文章』こそが、個性につながるわけなのです。

 

ブログは自分を表現する場所

好きなことを好きなように書く場所だったブログですが、どうやら様相は変わっています。

副業、キーワード、SEO、Google、、、

アフィリエイターさんなら分かりますが、なぜ趣味(の延長)でやってるはずのブロガーさんまでもがそんなことに縛られないといけないのか。

それが個性を潰しているのです。
だからブログがつまらなくなるし、続かない。

 

なのでたまには気楽に個性を解放してみません?
友達と喋るように書いてみません?

多分それでも書けちゃいますから。
むしろその方が楽にかけるし読みやすいかも。

 

個性的な文章を書く第一歩は、縛られず自由に書くこと。
それに有効なのが『喋るように書く』。

是非ともお試しくださいませ。
深く考えないことが大事。

 

それではでは、こぼりたつやでした。