ブログ

報告すればお金がもらえる?日記ブログを自分のスポンサーにする考え

どうも。
(自称)孤高の日記ブロガー、こぼりたつやです。

 

最初に。
これは『Googleアドセンス』の広告を貼っている人向けの記事となっております。
あらかじめご了承ください。

 

では、行きましょう。

 

日記ブログの強み

さて。
私が運営しているのは、ブログ界では『タブー』とされている日記ブログです。

日々の出来事を一つ一つ細分化してブログの記事にするというスタイル。

 

そんな日記ブログの強み。
それは、

『全行動を記事にできる。』

ということ。

 

リサーチも情報収集もすることなく、身に起こったことや体験したことを書けばいいのです。

これって思ってるより凄いことでして。

他のブロガーさんがネタ出しに困っているところ、こちらは平然とした顔でいくらでも書けてしまうのです。

 

簡単に言うと、生きてる限りネタには絶対困らない。

サラッと書いてますが、凄いことですよね。
だから勢いよく書き続けられる。
そしてそんなブログにGoogleアドセンスの広告が搭載されるということは。

そう。
お金を生んでくれるチャンスも勢いよく増え続けるというわけです。

 

自分の行動をブログに報告

ここまで読んだ方は、

「でもそれって、記事を書き続けないといけないでしょ?止まれないって大変そう」

なんて思うかもしれません。

 

でも、違うんです。

何度も言いますが、日記ブログの強みは100%体験談。
作業的には楽なのです。

しかもボクの場合は、文字装飾も吹き出しも使いませんしデザインにもこだわらないので。

【身に起こったことを文字を打ち込んで写真を挿入するだけ】

これでお金がもらえると思えば、さすがにやるでしょ?
ボクからすればやらない理由がわかりません。

 

なので考え方を変えると、これは『報告』なのです。
Googleアドセンスにお金を貰うために報告してるだけ。

勤務先等で交通費が支給される紙を配られたら書いて提出しますよね?それと同じ感覚です。

【日々の生活→報告書(ブログ)に記録→Googleに提出→アドセンスからお金がもらえる】

こんなイメージ。
素敵でしょ?

 

nanakoポイントが余計に貰えるという考え

あと私のブログには、セブンイレブンの商品レビュー記事が大量に存在します。

キッカケはただ単純に、家が近いから利用する機会が多かったというだけです。

もちろん美味しいからというのもありますけど。
そして書いてみたら、意外とPVを稼いでくれることが分かりましたので。

食べたら書く。
これを徹底したのです。

 

で、セブンイレブンと言えばnanako。
nanakoを利用されてる方も多いですよね。
100円の買い物につき1ポイントもらえます。

このポイント付与率が多いのか少ないのかは分かりませんが、ハッキリ言えることと言えば。

 

もっと貰えたら嬉しくない??

 

そうです。
この考えとアドセンス収益を直結すれば、

「セブンの記事を書けば余計にnanakoポイントが貰えるぜー!」

という考え方になるのです。

 

1クリック当たりの単価が10円でも20円でも30円でもいいんです。

『セブンの記事がお金を生んでる』

この考え方とシステムが大事。

 

もちろんセブンに限らず、ローソンならポンタカード、ファミマならTカード、地域のスーパーなどなど。

超短期の期間限定商品でも無い限り、当たれば比較的長きに渡って読まれますから。
読まれるたびにポイントが発生してると思えば、そんなに嬉しいことはありませんよね。

 

自分のブログがスポンサー

ブログ界に存在する『スポンサー』という謎のシステム。

稼いでるブロガーさんが駆け出しブロガーさんに金銭的なサポートを施し、その代わりにブログに広告を貼って貰う。

そんな感じだったと思います。

 

今の私は日記ブログから収入を得ながら、このサイトの立ち上げ作業をしております。

もちろんまだ更新もしてますが、一時期に比べたら頻度は物凄く少ないです。
それでも月に数万円は私の手元に入ってきます。
これは本当に大きいです。

 

日記ブログの収益を得ながら生活している。
これは『過去の自分をスポンサーにしている』という状況と言えるでしょう。

確かに人より記事数は多いですが、書く以外の作業も勉強も分析も全くしておりませんので。
ブログに対する作業量的には他のブロガーさんと変わらないと思います。

もしかしたら少ないくらい。

 

日記はダメ、闇雲に記事を書いてもダメ、分析をしなさい、リライトをしなさい、キーワードを選定しなさい、SEOを意識しなさい、などなど。

それら全てに背中を向けて生まれた日記ブログが、今の私を支えてくれているという現状。

 

過去の自分をスポンサーにする。
日記ブログも意外と悪くないものですよ。

 

それではでは、こぼりたつやでした。