ブログ

ブログは読者があってこそ!誰かに読まれるために泥臭く必死になろう!

どうも。
(自称)孤高の日記ブロガー、こぼりたつやです。

 

私はブログという言葉が出る前、なんならインターネットが普及する前からノートに好き勝手文章を書いては友人に読んでもらって。

「面白い?面白いでしょ?面白いって言って?」

みたいな非常にうっとうしい奴でした。

 

でもそんな私だからそこ誰よりも知っている、読んでもらえることの嬉しさ。

そして、
読んでもらえないことの寂しさ。

今回はそんなお話です。

 

ブログの最初は孤独なものです

ブログを始めて間もない頃。
収益どころかPVすら全然無い状態。

書けども書けども誰からの反応も無く、

「あーあ。あたし何やってるんだろ」

みたいな気持ちになって落ち込む。

 

すっっっっごく分かります。
思い出すだけでも辛い。
この時期を乗り越えた自分を褒めてやりたい。

 

よくワードプレスだのアメブロだのと、比較してる人もいますけど。

どっちも最初は一緒です。
誰も見てくれないんですよねー。
寂しくて仕方ない。

なので、そんな時期を乗り切るための鍵となるのが『読んでくれる人』。

数字が出ていなくても、誰かしらが読んでくれてると思えば踏ん張れます。
さらに何かしらの反応なんかが貰えればなおさら頑張れますから。
是非とも見つけたいところです。

 

周りの人に公開する

まずは『周辺の人に読んでもらう』という作戦。
友人、知人、家族。
誰でもいいです。
恐らくこれが一番手っ取り早い。

ブログをやってるということ自体が物珍しかったりしますから、FacebookやTwitterに上げれば意外とすんなり読んでもらえます。

特に『孤島』と呼ばれるワードプレスの場合だとありがたいですよ。
アメブロやはてなのような”横の繋がり”は皆無の場所ですので、本当に誰にも読まれませんからね。

 

私も助けられましたー。
友人知人の「ブログ読んでるよ」の声だけを頼りに書いてました。
なのでそのような『読んでくれる人』を身近に作るのは本当におすすめなのですが。

「身バレしたくない」
「とてもリアルの知り合いなんかに読ませられない」
「ブログをやってること自体隠してる」

このようなパターンも多いわけですね。
むしろこっちの方が多いのかな。
そういう場合はどうしましょ??

 

泥臭いやり方で読者獲得

もちろん私もリアルの知り合いには内緒でブログをやっていたという経験はありますので。
その時にやっていたことをお話ししますね。

最初のうちは、とにかく一点集中攻撃です。
趣味、生活、仕事、家庭、地域。
なんでもいいです。

とにかく何か一つについて書きまくる。
好きなこと、書きたいこと。
そのジャンルを徹底的に書く。

そしてそれを拡散するのです。
Twitterならハッシュタグを使って投稿。
Facebook等でコミュニティを探すのもいいでしょう。
あとは他人にいいねやリプをつけまくる。

 

アメブロなどの無料ブログでも同様です。
Twitterだけでなくブログ独自の機能をフル活用。
そしてやっぱり他人の記事に、いいねやコメントをつけまくる。

 

要は営業ですよね。
非常に泥臭いやり方ではありますが、なりふり構ってられないんですよ。
本当に1人でもいいから読んでくれる人が欲しいので。
とにかく自分から行く。

その時に読んでもらいやすいのが、見知らぬ人との共通話題というわけなのです。
そのためのハッシュタグ。

基本的にTwitterで流れてくる知らない人の記事なんて誰も読みません。
知ってる人の記事だってなかなか読まないんですから。

でも、同じ趣味や自分が好きなことについて書かれている記事なら、、、どうですか?

 

ボクは読みます。
読みますし、読んでもらえてました。

だからそれを繰り返す。

すると読み手の意識は『興味のある記事』から『書いてる人』へと移行しますから。
そうなればこっちのもの。
定期購読まったなしです。

 

というわけで。

知らない人に読んでもらうためには記事の内容も考えるほどの、相当な努力が必要なのです。

 

ただ流すだけで読んでもらえるほど甘くない。

『身バレしたくない』『ブログの存在を明かしたくない』というハンデを自ら背負ってる以上は、苦労するのが当たり前ですからね。

最初は必死にやりましょう

「それじゃあ、ずっとその内容について書いてないといけないの?」
「趣味ブログになっちゃうよ!」
「思ってる方向性と違う!」

 

わかりますわかります。
痛いくらいにわかりますよ。

でもね、贅沢言うなって話です。

最初から理想を求めて独りよがりのブログを立ち上げて。
そしてそれが誰にも読まれずに辞めていく。
たった1年でどれだけの人を見て来たことが。
恐らく上記の方法を取っても苦労します。

これでも読者はなかなかついてくれない。
ワードプレスならなおさら。

 

でも、辞めるよりは全然いい。

 

とにかくまずは読んでくれる人を獲得するために必死になって下さい。
そして読まれる喜び、更新する楽しさ、書き続けるモチベーションと体力を身につけるのです。
次の段階は、それからでも遅くないですからね。
むしろそれが身につけば軌道に乗ります。

 

とにかく最初は我慢と泥臭さ。
なんとか踏ん張りましょうね。

 

それではでは、こぼりたつやでした。