『うる星やつら ビューティフルドリーマー』を見たから感想を言います

見よう見ようと思いながら30年。

ようやく見ました。

 

うる星やつら ビューティフルドリーマー!

 

噂以上にヤバいっすね。
なんなんですか、この映画は。

あまりにも『名作』との呼び声が高すぎて、スカイツリーを超えるくらいの高さになってたハードルを軽々超えて来ましたよ。

 

すっげーーーーおもしれーーーーー!!!

 

何をどう語ればいいか分からないくらいの作品ですが、とりあえず印象に残ったシーンの感想みたいなものを。

 

ていうかもう、いきなり導入で心掴まれましたね。

世界崩壊した後みたいな場所でのサバイバル感。

「なになに?一体どうしちゃったの?」って。

で、ラムちゃんは楽しそうなんですけど。
あたるの表情は憔悴しきってる。

 

「え?これ、どういうこと?どっちが正解?」って。

とにかくなんだか不思議な世界だなーと。

 

で、舞台は友引高校の学園祭前日。

どのクラスも準備に追われてドタバタな騒ぎになっているんですけど。

ここで異変に気付いたのが、担任の先生こと温泉マーク。

一連のサクラさんとのやり取りは恐怖すら感じるものでした。

温泉の部屋も含めて。
なんか、、、ゾッとした。

 

で、改めて思ったんですけど。
サクラさんの声って女優の鷲尾真知子さんだったんですよね。
すっかり忘れてました。

超ウルトラスーパーオールスター声優陣の中で、一際異彩を放ってるというか・・・

良く言えば個性的で、悪く言えば不自然な感じ。
でもそれがまた良かったです。

 

そして真相解明へと向かうわけなんですが。。。

 

 

・横断歩道を渡るチンドン屋
・幼い少女
・風鈴
・タクシーから見える景色
・チェリーと温泉のアレ
・誰もいないコンビニエンスストア
・諸星家の食卓

とにかく目に入る全てのシーンが印象的。
だからもう一回見たい。じっくり見たい。

 

で、結局。

あの人のあれがああいうことで、そんなことになっていたのですが。

 

複雑な話のわりには納得できたのです。

 

ただそれが、頭でしっかりと理解したものなのか。

ボンヤリだけど、とりあえず納得したつもりになっているのか。

ハッキリ言って、自分でも分かってないです。
てか、もはやどうでもいいです。
ぐうの音も出ないくらい面白かったから。

 

この作品を語るにあたってのキーワードとして『ループ』という言葉が頻用されているようですが。

ボクとしては、あまりそこには固執してなくて。
とにかく全体的な雰囲気と世界観。

 

ドタバタで最高潮に楽しいはずの学園祭前夜にも関わらず、どこか仄暗くジメッとした感じ。

風鈴はとても綺麗なのに、なぜか不気味。

人気の無い街並みだけど、それとは別の恐ろしさ。

 

そんな雰囲気がオープニングからラストまで一貫されていたのが、本当に心地良かったのです。

 

と、こんなまとまりの無い感想ですので。

「まだ見てない方は是非!」なんて言える立場ではございません。
自分に「もう一回見ろ!」という言葉を送って締めたいと思います。

 

あと、わかりました。
やっぱり好きなキャラは、しのぶです。

あの立ち位置が好き。

 

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???