令和元年

【熱海旅日記 その23 陶芸編】伊東のほけきょ庵で陶芸愛を叫ぶ。

陶芸体験・・・

 

サイコーーーーーーー!!!

 

 

ろくろ体験・・・

 

サイコーーーーーーー!!!

 

皆さん。
ろくろ、回してますか??

 

どうも。
陶芸大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

 

いやー、ヤバいっす!ヤベえっす!ヤベいっす!

ろくろ体験、面白すぎるっす!!!

 

なんかもうね、喋りたいこと多過ぎて全然まとまらないの!
だから結論から先に言っちゃった!

 

 

陶芸体験・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(2回目)

 

 

ろくろ体験・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(2回目)

 

すみませんね。
これは定期的に入れていきます。

 

あのー、誰か早く教えといて下さい。
こんなにも面白いものだったなんて。
びっくりしましたよ。

別にね、私が「実は手先が器用だった!」とか「陶芸の才能が突如開花した!」とか。

そういうことではないんです。

ワールドクラスの不器用さは健在でしたし、ろくろ回しはめちゃくちゃ難しかったです。

 

でもね、それでもね、楽しいの!!!

 

 

陶芸体験・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(3回目)

 

 

ろくろ体験・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(3回目)

 

先生は女性で、しかもめちゃくちゃ優しかったです。

 

陶芸体験・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(4回目)

 

 

ろくろ体験・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(4回目)

 

 

先生・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(1回目)

 

なんかすげえカッコ良かったんですよ。
説明の段階からサバサバして、明るくて。

「あー、こんな芸術家さんもいるんだなぁ」なんて思っちゃいました。
ほら、どこか気難しそうなイメージあるじゃないですか。

前回も書きましたけど、私の中の先生はタオルを巻いた笑い飯でしたからね(西田)

 

先生・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(2回目)

 

でもハッキリ言ってね。
ある意味私だって芸術家なんですよ。
こうして日々、文章を綴っているわけですから。

以前とある出版社に勤められている方とお話をさせて頂いた際、こんな言葉をかけてもらいました。

 

「書籍でもブログでも、自分で文章を書いてる人は立派な表現者です」

 

 

表現者・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(1回目)

 

 

先生・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(3回目)

 

 

先生・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(4回目)

 

え、どうしよう。
最初から話した方がいいかな。
もう十分伝わった気もするけど。

 

うーーーーーーん。

 

でもそっか。

あたくし、表現者でした。

表現者は表現をするのです。
だから文章を書くのです。
誰も読まなくたって、書きたいように書くのです。

 

というわけで、次回へつづくーーー!!!

 

 

表現者・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(2回目)

 

 

先生・・・

 

サイコーーーーーーー!!!(5回目)

 

あわせて読みたい
【熱海旅日記 その24 陶芸編】ものづくりの喜びと感動は、想像を絶するほど大きなものだった受付を済ませて、説明動画を見るのです。 もちろんタブレットで見ます。 先生はその間に別のお客さんの対応。 便利な時代、それが令...