令和元年

【熱海旅日記 その22 陶芸編】楽しい旅に忍び寄る暗い影?不安と緊張の初挑戦!

怪しい!

 

 

 

怪しい!!

 

 

 

怪しい!!!

 

 

私、かなりのルパン好きです。

特に緑ルパン(1stシーズン)の作風が大好きで、フィギュアも持ってます。

第4話『脱獄のチャンスは一度』なんて、もう何度見たことか。
カリオストロよりも見てる。

 

そんな私が、

 

 

これを目の前にしてテンションが上がらない!

 

なんでー!?

なんでかってー!?
それは怪しんでるからだー!!!

 

 

 

『ほけきょ庵』さんです。

この手のお店、たまに見かけますよね。
避暑地とか高原とか行くと必ず。

正直「誰が行くんだよ?」みたいなことを思ってましたけど。

まさか自分が来ることになろうとは。

 

はぁぁぁぁぁ〜。

不安だよぉぉぉぉ〜。

 

とは言ってもね、大手旅行ガイドブックにもしっかりと掲載されてますし。

お店は全然ちゃんとしてるんです。
こんな書き方をしているのが失礼なくらい。

 

では一体、私は何に対してそんなに不安になっているのかと言いますと。

 

 

これ!!

ルパン!!!

 

いや、嘘です。
ルパンは好きです。

この写真の右下!

こっち!!

 

 

くるくる回し放題
電動ろくろ体験

 

不安しかねえぇぇぇぇぇ!!!

回したくねえぇぇぇぇぇ!!!

 

このブログでも、もう何度となく言ってますけど。
私は超ド級の不器用野郎なんですよ。

図工、美術、技術、家庭科。
全てにおいてヒドいもの。
通信簿も2しか取ったことがない。

 

絵を描いたら笑われる。

ミニ四駆を改造しようと思ったら破壊する。

ガンプラなんて、まともに組み立てられたことすらない。

 

そんな男に『ろくろ体験』だなんて。

バットも握ったことのない奴に「則本のストレートを打て」と言うくらい無茶な要求。

 

ちなみに私、ろくろ回しで有名な陶芸映画の『ゴースト』すら見ていないんですよ。

ろくろ回す人、大体ゴースト見てるでしょ?
陶芸家の教科書みたいな映画でしょ?

そんな奴に回せるはずがないのです。

 

しかし妻はグイグイと建物の中へと入っていきます。

 

あー、怖いよー。

不器用だから怒られるよー。

 

きっとタオルを巻いた笑い飯みたいな先生に怒鳴られるんだよー。

不器用ながらも必死に作った作品を、無慈悲に床に叩きつけて割るんだよー。

 

陶芸家さんへの歪みきったイメージから来る恐怖心に襲われながら、私も妻の後をトボトボとついて行くのであります。

 

はぁぁぁぁぁ〜。

不安だよぉぉぉぉ〜。

 

 

続きはこちらから。

あわせて読みたい
【熱海旅日記 その23 陶芸編】伊東のほけきょ庵で陶芸愛を叫ぶ。陶芸体験・・・ サイコーーーーーーー!!! ろくろ体験・・・ サイコーーーーーーー!!...