タクシー話

あおり運転に巻き込まれない方法を、元タクシー運転手が簡単に教えるよ

どうも。
元タクシー運転手ブロガー、こぼりたつやです。

 

公道における超迷惑行為、あおり運転。

今に始まったことではありませんが、嫌なニュースも相次いだことにより物凄く注目度が高まってますね。

もちろん私も煽られた経験はありますし、見かけたことはそれ以上にあります。
特にタクシー運転手をやっていた頃なんかは頻繁に目にしたものです。
本当に危ないやつとか、実際に事故に繋がったやつとか。

ああいうのは見てるだけでも、本当に嫌な気持ちになりますからね。

なので「煽り運転に巻き込まれないようにしよう」という意識は、15年以上前から強く持ち続けているという自覚はあります。

というわけで、今回は『あおり運転から身を守る方法』。

こちらをお話ししていきますね。

 

 

後方や周りに気を配る

煽り運転をするようなバカはですね、とにかく前に進みたいんですよ。

1秒でも速く走りたい。
1mでも遠くに行きたい。
1台でも多く車を抜きたい。

こんな思考から、煽り運転という危険行為に直結しているんですね。

 

バカです。
大バカです。
救いようのないバカです。

なので、とにかく異質。

周りの車とは明らかに違う動きをしていますので、すぐ分かる。
なぜなら、バカが運転しているから。

周りに他の車がいるにも関わらず加速する。
無駄な車線変更を繰り返す。

 

その車線変更も無駄なうえに異質です。

大体の車は車線変更をする際、斜め前に走ると思うんです。

 

 

こんな感じで。
周りの車に配慮した動きですよね。

でもバカは違います。
このように、

 

 

真横に動きます。
なぜなら、バカが運転しているから。

このような動きをちょこまかと繰り返している車は、早い段階でチェックしておくのです。

ルームミラーやサイドミラーを使って周囲に気を配っていれば、必ず目に入りますからね。

「ああ、後ろにバカがいるなぁ」みたいな感じで頭に入れておきましょう。

 

 

すみやかに道を開ける

バカな車が周りにいることを確認したら、早めに手を打つに越したことはありません。

二車線道路なら左車線に。
三車線道路なら左車線か真ん中に。

あらかじめ寄ってしまうのです。

 

『煽られる前に避けておく』

これを徹底しておけば、バカな運転に巻き込まれる確率はグンと下がりますからね。

 

もし左車線で煽られたら、そこは少しだけ我慢です。

バカは常に右車線を狙っていますので、少々のスペースが出来た瞬間に飛び込んで行きます。
だから決して自分から動くことなく、その車線のまま何とかやり過ごしましょう。

一車線だったら停車できそうなスペースを探しておくのもありです。

路肩に停車して、バカを先に行かせる。

その際にはくれぐれも、急停車には十分気をつけて下さいね。
バカは車間を詰めてますので、いきなりの停車は確実に突っ込まれます。

 

 

感情的にならない

今はこんな感じで偉そうに喋っている私ですが。
昔はよくムカムカしていたものです。

後ろにいるのに気付いていながら譲らなかったり、わざと速度を落としたり。

安全な運転よりも『バカを相手に意地を張る』ことに必死になる。

これは絶対にダメですよ。

それこそバカの神経を逆なでして、大変な事件に繋がってしまう可能性もありますからね。

そしてそういう気持ちは、誰にでもあると言っても過言ではないでしょうから。

だからこそ、気をつける。
決して感情的にならない。

 

「バカには付き合わない」
「バカに付き合うやつもバカ」

これを強く頭に叩き込んで頂いて、とことん徹底して下さい。

もし煽られてイラっとしそうになりましたら。

「あ!出た!こいつバカだ!ダサいわー!恥ずかしいわー!運転下手だなー!バカに巻き込まれるのは嫌だから先に行かせよーっと」

こんな風に考えて譲ってやって下さい。

 

 

危険な煽り運転からは距離を置こう

というわけで、バカな運転手によるバカな煽り運転についてお話しして来ました。

まとめますと、

・後方や周りに気を配る
・すみやかに道を開ける
・感情的にならない

こんな感じですかね。

 

さらにまとめますと。

 

『バカとは距離を置く』

 

と、なります。

 

あいつら、とてつもなくバカなんです。
バカがバカな運転で、ガキみたいにはしゃいでるだけなんです。

それが煽り運転の正体。

だからそんなのに巻き込まれるのは本当に本当に損でしかないのです。

 

バカな運転をしている奴らは見下しましょう。
バカだと思いましょう。

普段から見下しておけば、それに付き合うこともなくなりますからね。

付き合うどころか、距離を置く。
距離を置くということは、バカから身を守る。

私が冒頭からバカ呼ばわりしているのは、こういうことです。

 

これで私は煽り運転を受けることは無くなりましたし、見かけることもグンと減りました。
バカな車を早く発見して距離を置けば、自然と目にすることも減るのです。

自分の身は自分で守りながら、そのうえで安全な運転を心がけましょうね。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

こちらもどうぞ。

あわせて読みたい
彼氏の運転は大丈夫?6つの下手くそ運転から分かる性格診断と改善方法どうも。 元タクシー運転手ブロガー、こぼりたつやです。 私、24歳でタクシー運転手になりましたので。 比較的若い頃から...