2020年5月23日

プロレスラーの木村花さんが亡くなられました。

 

ことの詳細は、ネットでたくさん報じられているのでそちらを見てもらうとして。

ここでは私の勝手な思いや考えを書いていきたいと思います。

 

まずはプロレスファンとして。

とりあえず、木村花(以降敬称略)というプロレスラーがどんな存在だったのか。
これをプロレスを知らない人にも分かってもらいたいのですが。

 

えーっと・・・そうだなぁ。

 

よく『これからの◯◯を背負っていく逸材』みたいな言い方をするじゃないですか。

プロ野球でもサッカーでも、将棋でもお笑いでも役者でも漫画でも、何でも。

 

まさにそれです。

 

『これからの女子プロレスを背負っていく逸材』

であり、

『これからのプロレス界全体を背負っていく逸材』

 

しかもそれは日本だけでは収まりきらず、世界レベルでの話。

そのくらいの可能性を秘めていたプロレスラーと言っても、決して過言ではありません。

そんな選手が亡くなったわけですから。
本当にねぇ、残念なんてもんじゃないですよ。

 

お母さんも長年活躍されていた名レスラーでね。

木村響子さんって、これもまあパワフルでダイナミックで見た目も派手で良いレスラーでしたので。
その娘の花さんにも、デビュー時から注目が集まることは必然だったわけですけど。

正直言って、いわゆる”七光り”的なことは一度も感じたことが無いのです。

ただただ純粋に、

「とんでもない選手が出てきたな」

「この子は将来スゴいレスラーになるぞ」と。

 

テラスハウスという番組は見たことが無いから何とも言えないんだけど。

この出演の目的の一つは、恐らく『女子プロレス』というジャンル拡大のためだったと思うんだよね。

木村花の所属する女子プロレス団体が日本最大手の新日本プロレスと同じ傘下になったばかりで、ファン層の拡大を狙っていたから。

特に若い女性。

だからそういう意味では、テラスハウス出演はうってつけだったと思うんだけど・・・まさかこんなことになるとはね。

プロレスファンからの「そんな番組出なければよかった!」みたいな声はあって当然だし、もちろん私もそう思うんだけど。

会社など第三者の思惑はあったとしても、恐らく木村花自身も色々考えて出演を決めたことだろうから。

そこに対してはあれこれ考えるのはやめました。

 

またタイミングの悪いことに、自粛でプロレスも出来なかったですしね。

リングの上で大好きなプロレスをやって、お客さんの生の声援を浴びていたらまた違ったのかも。。。

 

若過ぎる22歳の、超有望株レスラーの死。
未来ある若者の死。

ただただ悔しくて悲しくて辛くて残念です。

 

 

そして次に、文章を発信している人間として。

 

あのさぁ。

 

もう、匿名やめよ。

本当にいいことないよ。

 

SNSもヤフコメも、ネットニュースもブログもグルメサイトの口コミも何もかも。
不特定多数の人間の目に触れるものは全部身元をハッキリさせるべき。

 

そうじゃないと、言葉がどんどん軽くなる。

自分の言ったことに責任を持たないのが普通になる。
そしてそれはネット上だけでなく、実社会でもそうなっていくはず。

 

まあ私がこう言うと、

「そんなのお前が不細工な顔面も職場も実名も晒してやってるからだろ」

「ただのポジショントークじゃん」

ってなるんだろうけど。

 

 

本来あるべき姿って、こっちじゃないの?

 

『匿名が当たり前』みたいな文化になってる方が怖いよ。

あと誹謗中傷なんて、いくら「やめましょう!」と言ったって無くならないんだから。

匿名である限りは絶対に。

だったら、そっちを改善するしかないと思うんだよなぁ。

 

で、これは少し話がずれるんだけど。

もし今「身元をハッキリさせない人はブログをやってはいけません」みたいになったら、一体どれほどの人がやめるんだろうね。

 

大半は・・・やめると思う。

 

結局のところ、覚悟だと思うんですよ。
自分の言葉や文章に対する覚悟。

これがある人と無い人の言葉では、重みも説得力も刺さり方も全然違う。

だから私が何年も前から愛読してるブログは、みんな身元をハッキリとさせてる人たちのもの。

 

もちろん匿名の人たち全員に「覚悟がない」なんて言うつもりはありません。

 

でも、俺はもっとある。

 

そりゃまあね、家族や職場の人や友人知人にバレたら嫌だから・・・って気持ちも分かりますよ。

だって、俺もそうだもん。
そこは同じ気持ち。
名前出してる人間が特別なわけじゃない。

でも、俺らはそこを乗り越えてやってる。

なのでステージが違うんです。
匿名でやってる人たちとは。

 

覚悟を決めて文章を書く。
自分の発する言葉に責任を持つ。
そしてその責任の所在を明確にする。

言葉の持つ力や重みを考えたら、それが当たり前だと思うんですけどね。

 

昔の話になってしまうのは嫌だけど。
自分から文章を書くっていうのは、なかなか無かったことなのです。

授業や宿題の作文や読書感想文くらいで。
自分の意思で何かを書いて他人に見せるなんてことは、まず無かった。

年賀状くらい?

あとは女子が授業中にやってた手紙のやり取りとか。

 

でも今はよくも悪くもTwitterやインスタを使って、みんな自主的にモノを書いているわけ。

これって本当に凄いことだし良いことだと思うんだけど。
『匿名』っていうのが仇となって、残念ながら悪い流れになってしまってるのよね。

 

そもそも本来なら、文章を書いたり発言したり、ましてや他人の悪口を言うことなんてさ。

めちゃくちゃ面倒くさいことなのよ。
面倒くさいし、リスクも大きい。
出来ることならやりたくないはず。

にも関わらず気軽にノーリスクで出来てしまうのは、全部匿名だからでしょ。

 

本当にさぁ、もうやめようぜー。
何かを発信するなら身元はハッキリさせよ。

別に芸能人や有名人の肩を持つわけじゃないけどさ。

責任の所在を明確にしてる人に対して顔も名前も明かさず噛み付いてるのは、ハッキリ言ってクソダサいもん。

まずは同じステージに立って。
それから堂々と噛みつけばいい。

 

そんな感じで。
何をするにも、言葉は大事に使いましょ。

 

あとそうそう。

ここ最近、ブログ放ったらかしで動画編集の勉強してるんだけど。

いやいや、すごいのね。

元の大したことない動画を、自分が見せたいように思いのままに操れるのよ。

始めて1ヶ月程度のど素人でさえ、そう感じてるんだから。

これがプロの台本、プロの演出、プロの編集が相まったらどうなっちゃうんだろうね。

 

 

 

とにかく本当に悲しいわ。

木村花のこれからを見たかった・・・

 

 

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???