競馬

レーン魔術炸裂で、紅一点リスグラシュー圧勝!第60回宝塚記念の感想

どうも。
競馬大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

D.レーン、うめええええええ!!!
リスグラシュー、つえええええええ!!!

 

馬も騎手も完璧でしたね。
どっちを中心に話せばいいか迷うくらい。

レーンの騎乗があったから勝ったとも言えるし。
馬の能力がずば抜けてたから勝ったとも言える。

まあ、どっちも凄いってことで好き勝手に喋りますけど。

 

やっぱり驚きましたよね。
リスグラシューが躊躇なく番手につけた時は。
スタンドもどよめいてましたし。

「あれ?もしかして持っていかれてる?いや、そんな感じでもないな」

すぐにレーンの意図的な騎乗だとわかって「これは面白いことになりそうだぞ」とほくそ笑んでました。

なぜなら!

馬券を買っていなかったから!

他人事!!

 

私は競馬をスポーツ観戦として楽しむことが大好きですし。
何よりも、他人の博打を眺めてることほど楽しいことはありません。

高みの見物。

 

今回私が馬券を買わなかった理由がですね、実はキセキなんですよ。

馬券圏内に絡むことは間違いないだろうけど、勝つまではどうかなぁ。
でもキセキで勝負するのなら、ある程度絞るか着順固定しないといけないし。

なんて考えていたら、コンビニに入金に行くのが面倒くさくなりまして。

 

「もうわからん!今日は買わない!みんながんばれ!」と。

 

しかしまあ、キセキの出足の遅さは何とかなりませんかね。
もうちょい楽に逃げられればいいんですけど。

 

 

エタリオウが後方から押し上げて来た時は興奮しましたよ。

「おー!出た!ノリっぽい大胆な騎乗!」

って思ったら止まっちゃいました。
キセキの作るペースって、緩くないんだよなー。

ちなみに私、エタリオウの天皇賞で泡吹いて倒れましたからね。
まだこんな感じで早めに動いてくれた方が諦めもつきますよ。

 

レイデオロは、、、なんだろう。
買おうかどうか悩んでる段階で「レイデオロは来ない」って思ってました。

そういう雰囲気ってあるじゃないですか。
なんか分からないけど、来ない気がする。
そして案の定、置いていかれ気味の4コーナーと伸びない直線を見ながら「やっぱりね」と。

それじゃ予想に役立てろよって話なんですけど。
この『なんとなく』の予感って、予想では信じにくいものなんですよ。

 

そんな気がしておきながら、

「いやいや、そうは言っても」

なんて感じで自己否定。
で、結局は最初の予感が正しかったと。
典型的な馬券あるある。

 

なんか話がとっ散らかっておりますが。

結局は、

 

D.レーン、うめええええええ!!!
リスグラシュー、つえええええええ!!!

 

というレースでした(冒頭のコピペ)

 

本当にこれに尽きますよね。
なのであえて色んな話してしまいましたよ。

ポーンとゲートを出て、勢いよくキセキの2番手。
しかも「先頭に立つかどうか悩んだ」とまで言ってますね、レーンさん。

それはそれで見たかったけど。
そして、それはそれで勝っていたでしょうね。

兎にも角にも強かったです。

 

さあ、次は秋です。

リスグラシューVSアーモンドアイ

これが見られるのかな?
年度代表馬と最優秀賞4歳以上牝馬の座をかけて戦うことになるのでしょう。楽しみですね。

 

夏競馬を楽しみつつ、決戦の時を待ちましょう。

それではでは、こぼりたつやでした。