「速読術」を身に付けたからコツを書いてみるよー!(ビジネス本向け)

どうも。
読書大好きブロガー、こぼりたつやです。

今回のテーマ
我流で速読術をコツを掴めたので喋ってみるよ!

 

とりあえずやってみよう

本当に昔から「速読が出来たらいいなー」と思っていたのですが、思うだけで挑戦したことがなく。

そんでようやく、いい加減やってみようと思って。
なんとなーく勝間和代さんの本でやってみたのですが。

 

なんとなーく出来ました(画像はAmazonリンクです)

 

そして次に西野亮廣さんの本でやってみましたが。

やっぱり出来ました(画像はAmazonリンクです)

 

 

もう習得したとみなします!

 

読むというより見る、眺める。必要な情報は引っかかってくれるよ

習得したとはいえ、これは本の性質上が大きくて。

必要と思われる情報と、(私にとっては)不必要な情報を分別することが出来たからだと思われます。

 

翌日、ホリエモンさんの本で試してみて。

 

こちらでも出来ました(もちろん画像はAmazonリンクです)

 

なのでビジネス書には間違いなく使えます。

 

本を開いて、遠くから見る感じ。
読むではなくて見る。
そして目の動きは縦ではなく、横。

1文1文を追うのではなく、見開き2ページを画面としてぼんやり眺める。みたいな。

 

あと技術以上に大切なのが、

 

 

 

「本に書いてある全部なんか絶対に覚えられない!」と、開き直ること。

 

実際に覚える必要も無いしね。

人の会話だって、適当に聞いてたって理解できるんですから。

 

それがどういうわけか、本を読むとなると「一字一句逃してたまるか!」という具合で集中してしまう。その結果、遅くなる。

どうせ大半は忘れるんですから、要点だけ身に付ければいいんです。

 

 

スポンサーリンク

速読と熟読の使い分け

ではこれが小説となるとどうか。

特に私はミステリーが好きなので、一字一句見逃したくない!という思いがさらに強まるんです。伏線とか見落としたくないので。

 

そもそも小説って、情報収集よりも娯楽的側面の方が圧倒的に大きいでしょ。

だからそれを速読で済ませてしまったら味気ない気もするんです。

 

同じ読書でも、「楽しい読書」と「情報収集のための読書」って分けられますからね。

 

なのでまずは、ビジネス書などの情報収集本で練習してみるといいですよ。

ブックオフの100円本でも、スマホの無料のやつでもいいので。ズバババっと速読して、読み終わったら得たものをメモ帳にでも書いてみる。

 

そうすると意外に頭に入ってたらするので楽しいですよ。

是非とも試してみて下さい。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

せっかくなので、最近読んだ面白い本を。
これはじっくり読んでください。

 

 

ようこそ的なこと

軽い説明

◾️プロフィールはコチラ

◾️案内図

◾️おすすめ10記事

 

宣伝的なこと

インスタ

???

???