ブログ

雑記ブログを1ヶ月に100記事書く方法 その2〜記事テーマの考え方編〜

どうも。
草ブロガー、こぼりたつやです。

 

『1ヶ月100記事書く方法』という、もしかしたら誰も求めてないんじゃねーかという講座も第2回を迎えました。

今回は『取り扱うテーマと執筆スピード編』ということで。

どんなことを書けばいいのか。
どんな風に文章を作ればいいのか。

などなど。
その辺のお話になります。

 

では行きましょう。

 

 

ブログに使える時間=記事執筆時間

まず大前提として。

『1ヶ月100記事!』なんて目標を立てる時点でどうかしてるわけです。

ど変態です。

 

で、それを目標に据えられるということは。
ある程度『ブログに使える時間に余裕がある人』だと思われます。

それでもね。

1日に3本以上書くということは、なかなか難しいわけですよ。

仕事、学校、家事、子育て、趣味、遊び、ゲーム、スプラトゥーン、スプラトゥーン、スプラトゥーン、スプラトゥーン、スプラトゥーン。

ブログ以外にもやらなきゃいけないことが山ほどあるわけです。

私はこの2ヶ月で、スプラトゥーンに270時間も使ってしまいましたよ。どうしてくれるんですか。

 

というわけで、

『ブログ作業は、記事執筆以外の時間を作らない』

これが鉄則。

ブログに使える時間は全て、記事の執筆に捧げるのです。

 

 

テーマは『探す』ではなく『選ぶ』が重要

私は日記(雑記)ブロガーです。
だから何を書いていいのです。

てかまあ、そもそもブログに「書いてはいけない」ことなんて一つもないはずなのですけど。

 

「何を書いてもいい」
「自由に書きまくれる」

これこそが我々雑記ブロガーの強みなわけですからね。
遠慮なくやっちゃいましょう。

そして、1ヶ月100記事を目指す人間にとりまして。
「何を書こうかなー?」なんて、悠長にテーマを考えてる暇など1秒たりとも無いのです。

『ブログに使える時間=記事執筆時間』ですから。
なので、記事テーマの在庫は “頭の中に” 山ほど抱えておいて下さい。

 

その上で、こう考えるようにするのです。

「何を書こうかなー?」ではなく、「どれを書こうかなー?」と。

 

1ヶ月100記事を目指す人間にとって記事のテーマは、一から探すものではありません。

手持ちの中から選ぶもの。
山ほど抱えた在庫の中から、どれを書こうか考えるのです。

そしてこれが出来ない人には、1ヶ月100記事は無理。
そう断言してもいいくらい重要なことなのであります。

 

 

テーマ選びは先の先まで

前回の、

あわせて読みたい
雑記ブログを1ヶ月に100記事書く方法 その1〜執筆記事数への意識編〜どうも。 野良ブロガー、こぼりたつやです。 ブログを書いてる人間にとって『1ヶ月100記事』という数字。 まあ大抵の人...

この記事で。

「1ヶ月100記事を達成するには、1日3記事以上は必要」という話をしました。

ということは、1日にテーマが3つ以上必要。
それをまとめて考えるのです。

もちろん当日に「今日はどれを書こうかな?」なんていうのは遅すぎますので、明日のテーマを考える。

仕事をしながら、家事をしながら。

 

頭のどこかで、

「明日はまずこれを書いて、その次はあれ。3本目にこっちを書けば早く仕上がるから4本目にいけるかも」

みたいな。

 

前述した「記事テーマの在庫は “頭の中に” 山ほど抱えておいて下さい」というのは、このためです。

テーマの在庫をネタ帳にまとめていると、それを見ないとピンと来ない。
でも頭の中に入っていれば、それらを組み合わせてプランが立てられるというわけです。

 

この癖は一度つけておけば何をしていても頭がテーマ選定とプランニングをしてくれるようになりますから。

是非とも癖付けてしまいましょう。

まあ、病気みたいなもんですけど。

 

 

カテゴリーを多く持つ

「1ヶ月100記事!」なんてイカれた目標を立てるということは。
これまでも、ある程度書いている自負があるということでしょうから。

ちょっと思い出してみて下さい。

 

「あなたのブログには、どんな記事がありますか?」

 

どうです?

 

 

思い出しましたか?

 

「なんだか色んな記事が混在してて、ごちゃごちゃしてる」みたいな感じじゃないですか?

もちろんそれで良いのです。
それこそが、雑記&日記ブロガーの個性ですから。

 

で、ブログには。
それらをまとめてくれている機能がありますよね。

そうです。
『カテゴリー』です。

 

私の場合ですと、

・セブンイレブン商品レビュー
・飲食店レポート
・体験記
・ゲーム・ファミコン
・懐かしい話題
・プロレス
・競馬
・普通の日記

などなど。
まだまだあります。

なのでまあ、とにかく散らかってます。
ゴミ屋敷ブログです。

 

でも、これをたくさん持てば持つほどネタに困ることはなくなりますからね。

どんどん増やして『カテゴリー』から『得意ジャンル』に昇華させていきましょう。

また次回お話ししますが、これは執筆スピードの向上にも繋がっていくのです。

 

 

まとめ

というわけで『1ヶ月100記事を書く方法 〜記事テーマの考え方編〜』でございました。

・ブログに使える時間=記事執筆時間
・テーマは探すではなく、選ぶもの
・テーマ選びは先の先まで
・カテゴリーを多く持つ

 

あとは、とにかく遠慮しないことですね。

「こんなこと書いてもいいのかなー?」なんて、絶対に思わない。

せっかくのテーマ在庫が無駄になりますから。
使える在庫はどんどん使う。

1ヶ月100記事という目標に向かって、手持ちのテーマは出し惜しみせずに書いてみて下さいね。

 

さて、次回は。
『執筆スピードを速くしよう!』です。

スタミナと同じか、それ以上に大切なスピード。
これをお話ししていきたいと思います。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

続きはこちらから。

あわせて読みたい
雑記ブログを1ヶ月に100記事書く方法 その3〜執筆スピード向上編〜どうも。 日記ブロガー、こぼりたつやです。 『1ヶ月100記事書く方法』という頭のイカれた講座も第3回を迎えました。 ...