ブログ

雑記ブログを1ヶ月に100記事書く方法 その1〜執筆記事数への意識編〜

どうも。
野良ブロガー、こぼりたつやです。

 

ブログを書いてる人間にとって『1ヶ月100記事』という数字。
まあ大抵の人は「バカげてる」と、笑うでしょう。

「闇雲に書いても無駄!」とか「非効率」とか「1記事あたりの単価が・・・」とか。

 

そんな声に、私はこう思ってます。

 

 

「うるせい!!」と。

 

はい。
別に何も思ってないです。

 

というわけで、1ヶ月100記事。
とりあえず雑記・日記ブロガーにとって目標にしやすい数字であることは確かですので。

私の経験を元にして、その辺の攻略法をお伝えしていこうと思います。

 

ちなみに今の私。
特に目標にしてるわけではないのですが、

「最低でも1ヶ月100記事くらいは書こう」

という思いでブログをやっておりますので。
わりと経験は豊富です。

出し惜しみなく、ノウハウ全部ぶち込みますので。
このようなバカげた目標を立ててしまった変態ブロガーさんは、是非とも読んでみて下さいね。

 

第1回の今回は『執筆記事数への意識編』ということで。

1ヶ月100記事というのがどんなものなのか。
1日に何本くらいのペースで書けばいいのか。

などなど。
その辺のお話になります。

 

では行きましょう。

 

 

1日3記事書けるスタミナは最低限

1ヶ月を30日で考えると、1日に必要な記事数は3.3333…本ということになります。

要は、1日に3記事〜4記事。
毎日3記事ずつコンスタントに書いても足りないというわけです。

なので1日に3〜4本を書けるスタミナは、必ず身につけておいで下さい。

ていうか、そんなことはスタート地点に立つ以前のこと。

それも身についていないのに「1ヶ月100記事書くぞ!」なんて、ど素人がプロボクサーにケンカ売るのと同じですからね。

目標でもなんでもなく、ただの無謀。
己を知らないバカげた虚言でしかありません。

 

感覚的に言うと「やったー!今日は3記事書けたぞー!」という状態ではなく。

「あれ?もう3記事書いてたのか。それじゃ次は何を書こうかな?」みたいな感じになっていて欲しいです。

1日に3〜4記事程度は1ミリも消耗せず、平然と書き切るくらい。

そうでないと厳しいです。

『1ヶ月100記事への挑戦』というのは、そこからのスタートになりますからね。

 

 

10日で33記事の意識

経験上なのか性格的になのかは分かりませんが。

私の場合ですと、

「毎日3記事以上必ず書く!」

よりも、

「10日で33記事書く!」

という意識の方がやりやすいです。
心にゆとりが出来ますのでね。

毎日毎日「今日も3記事書かないと・・・」なんて思っていたら、イヤになってしまいますので。

出来るだけ大きな枠で捉えるようにしてます。

なるべく縛りをゆるくしておくのが大切。

 

「毎日3.3333….記事!必ず書けよ!」

「10日間で33記事!必ず書けよ!」

 

同じことなんですけど、なんか違う。。

でもまあ、そうは言っても毎日書くんですけどね。
そうしないと達成出来ないので。
あくまでも気持ちの問題です。

 

 

334のリズムと月末報告

ちなみに、10日で33記事を書くための”おすすめサイクル”はこんな感じ。

『3本 3本 4本』で、1セット。

『3本 3本 4本』

『3本 3本 4本』

この【334のリズム】を繰り返していけば10日で33記事になるのです。

 

もちろん、2本しか書けなかった日は翌日を一つ増やせばいいですし。
逆に5本書けてしまった場合は、どこかを減らせるわけです。

『2本 4本 4本』

『5本 1本 4本』

みたいな。

3日間の中で貸し借りする感じ。
あくまでも基本は、334のリズム。

これを月末まで繰り返すと、30日で99記事というわけです。

 

あら。
一つ足りない。
でも大丈夫。

最後の100記事目は、みんな大好き『月末報告』みたいなのを書けばいいでしょう。

絶対に書きたくなりますので。

「1ヶ月で100記事書いたぜー!PVはこうで、収益はこう!」みたいなよくあるやつ。

これ、書いてて楽しいんですよ。
残り体力がゼロでも書けるやつ。

なので100記事目は、それを書く。
誰も読まなくたっていいんです。
未来の自分に向けた記録と思えば楽しいものです。

 

 

まとめ

というわけで『1ヶ月100記事を書く方法 〜執筆記事数への意識編〜』でございました。

・1日3記事書けるスタミナ
・10日で33記事
・334のリズムを意識する

 

うん。

書いた自分が見ても、見事な正攻法。

「これが出来れば1ヶ月100記事は必ず行ける!」という道すじ。

逆を言えば「これが出来なきゃ一生無理」です。

 

果たしてどれだけの人がこれを読んで、その上で「よし!やってみよう!」と思っているかは分かりませんけど。

とりあえずこんな感じでやってみて下さい。

 

さて、次回は『記事のテーマ』について。
今回の記事をベースとしてお話ししますからね。
最低限のスタミナは身につけたうえでお読み下さいませ。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

続きはこちらから。

あわせて読みたい
雑記ブログを1ヶ月に100記事書く方法 その2〜記事テーマの考え方編〜どうも。 草ブロガー、こぼりたつやです。 『1ヶ月100記事書く方法』という、もしかしたら誰も求めてないんじゃねーかとい...