「よいこのまちガム」が懐かし過ぎる!このお菓子をご存知ですか?

どうも。
1978年10月生まれブロガー、こぼりたつやです。

 

懐かしい「よいこのまちガム」

「あのお菓子、なんだっけな??」

 

ずーーーっと、頭の片隅にありまして。

 

いつか出会えないものかなぁと思っておりました。

 

 

頭の片隅にあるとは言いながらも、記憶は本当に薄っすらで。

お菓子の商品名すら定かでない。

 

それもそのはず、私の記憶の中でも最古の記憶と言えるもの。

 

風呂無しアパートに住んでいた時代というのは覚えているので、幼稚園入園前。

 

さすがに無理か・・・

 

なんて諦めかけていたのですが。

ようやく再会できました。
インターネットは偉大です。

 

よいこのまちガム。

 

ペーパークラフトを組み立てて街を作る

いわゆる食玩というやつですね。

 

ガムのオマケにペーパークラフトの建物が付いてるんです。

そうそう、こんなやつ。

これが10種類あって、全部揃えて並べると街が完成する。ってな感じですね。

 

上の2枚の写真は、これまた懐かしい「世界名作劇場」シリーズ。物語に登場する家を組み立てられるんですね。

 

これ、結構良くないですか?

今でも普通に欲しいです。

 

と、ここまで書いといてアレですけど。

 

違います。

これじゃないんです。

 

私の探しているのは、世界名作劇場シリーズではなく。

 

普通の街。

 

トムソーヤもラスカルもスターリングもネロもベッケンバウアーもシュワルツェネッガーもスティーブウィリアムスも住んでない街がいい(変なのいる)

 

普通のお店のシリーズが好きだった!

 

というわけで、捜査は続行。
時間を見つけては根気良く調べていく事にしました。

友人に聞いても分からない。
家族に聞いても分からない。

商品名が判明したにも関わらず見つからないというのが、さらに絶望感を掻き立てる。

 

これが精一杯か。

 

まあ「よいこのまちガム」という商品を思い出せた事だけでも良しとしよう。

あとはこの、なんの思い入れもない世界名作劇場の建物でも眺めてよう。

 

と、諦めかけたその時。

 

あったーーー!!!!!

 

発見です!
普通にGoogleで検索かけたら見つかりました!

 

普通のお店を作って普通の街並みにするやつ!

これです!これー!

まさにこれ!

覚えてる方いらっしゃいますか??

 

頭の片隅に閉じ込められていた記憶が、堰を切ったように一気に溢れ出しました。

 

 

風呂なしのアパート。

生まれたての弟。

隣の部屋に住む家族。

お菓子をくれる大家さん。

転倒して頭をぶつけ、血まみれになった銭湯の女湯(なんだよそれ)

 

そして、この「よいこのまちガム」で一緒に遊んだ、同じアパートの可愛い女の子。

年齢も名前も覚えていませんが、果たして好きだったのでしょうか。

それも覚えていません。

でも「初恋」というワードを聞くと、その女の子とこのお菓子か頭に浮かぶ。

 

この写真↓

一番右下。

驚くほど画質は悪いですが、これこそまさに。
私が追い求めていた「お寿司屋さん」。

「あのお菓子、なんだっけな?」と考える時に思い浮かべていたのは、必ずこのお寿司屋さんだったのです。

あの女の子と遊んでいる時に手に持っていたのも、このお寿司屋さん。

 

決して写りがいいとは言えませんが、それでも十分。またこうして再会出来るなんて思ってもいませんでした。

 

本当に嬉しいです。

本当に嬉しいです。

本当に嬉しいです。

 

本当に嬉しいことは3回言います。

 

別に思い出したからって、何がどうなるわけでもありません。

懐古主義が良いのか悪いのか、それも分かりません。

 

でも、昔のことって楽しくないですか?

 

人によっては「昔を懐かしんで酒を飲むなら、未来の展望をしながら飲んでた方がよっぽど生産性がある!」なんて言うかもしれませんが。

それに対して「へー、そうっすね」とだけ言って、私はまた懐かしい話で酒を飲みます。

 

未来も楽しいし、昔も楽しい。

 

楽しいことが好きなのです。

 

さて、次は何を思い出そうかなー。

これなんかも懐かしいですよね。

 

四角い箱が印象的!懐かしの「きどりっこクッキー」を覚えてる?

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

そしてメジャーなガムたちはこちら。

駄菓子屋で買った懐かしいガム。当たり付き、フーセンガムなど5選!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。