ヤムチャVS栽培マン!ドラゴンボール伝説の一戦が、今蘇る!

どうも。
ドラゴンボール直撃世代ブロガー、こぼりたつやです。

 

【前回までのあらすじ】
ラディッツ敗北の報を受け、地球に襲来したサイヤ人のベジータ&ナッパ。それを迎えるピッコロを筆頭とした6人の戦士たち。

で、なんだかんだあって。

栽培マンとの6 VS 6のイリミネーションマッチが、今ここに開幕する!!(雑なあらすじ)

 

【第1戦 天津飯VS栽培マンA】

こういうのは初戦が大事。
是が非でも取っておきたいところ。

そんな先発を買って出たのが、

 

天下一武道会優勝経験者、天津飯!

鶴仙流の使い手として、あの悟空と死闘を繰り広げ勝利したほどの実力者。時が経てば経つほど薄くなっていくその存在感も未だギリ健在。

 

そして対するは、

 

栽培マンA!(どれだよ)

実際はAなのかFなのかは分からないが、ベジータから「お前」としか呼ばれてないので、ここでは仮にAとしておく。

 

試合開始!

 

 

 

うー!

 

 

 

やー!

 

 

 

たー!

 

天津飯が終始、栽培マンAを圧倒して見事な勝利。

 

そしてその「しょっぱいファイト」に怒りを覚えたベジータ監督が制裁!

 

まさかの木っ端微塵。

 

これには敵味方関係なく、、、

 

超ドン引き。

(うそだろ、おい・・・)

 

 

 

 

さあ、次鋒戦。

 

名乗り出るクリリン。

 

 

しかしそれを制して、しゃしゃり出るヤムチャ。

 

やめとけやめとけ。

 

 

対戦相手は栽培マンB!

 

無気力試合などしようものなら、ベジータ監督から木っ端微塵の制裁が来ますからね。気合十分です。

 

しかし余裕の笑みを浮かべるヤムチャ!

 

さすが頼りになります。

先ほどの天津飯の秒殺劇を目の当たりにして、

「俺でもイケる!」

とか思っちゃってるのでしょう。
黒髪と頬の傷が眩しい。

 

 

【第2試合 ヤムチャVS栽培マンB】

 

試合開始!

 

試合開始と同時に、異次元のハイスピードバトルに突入!

 

 

キャリアの浅い悟飯くんには見えていません。

 

 

ピッコロ師匠からの、

「全身を目にしろ」

という斜め上からのアドバイスを受け集中します。

 

 

 

 

「見えた!!」

 

 

さすがはヤムチャ。

 

わりとすぐ見えます。

 

 

熱戦!

 

熱戦!

 

大熱戦!!

 

両者一歩も譲らず!
先ほどの天津飯の秒殺はなんだったんだというくらいの激闘です。

 

そしてここで、チャンス到来!

 

笑みを浮かべるヤムチャ!
男前です!

 

 

狙いを定めて、、、

 

 

かめはめ波ー!!!

 

 

 

ジャストミーーーーーーーーート!!!!

 

 

 

生中継入ってますからね。

 

実況は福澤朗でしょう(局違う)

 

喜ぶお茶の間。

ボクシングでも見てるかのごとく平和です。

 

ヤムチャ、、、

 

 

 

渾身の、、、

 

 

振り向きドヤ顔。

 

 

決まってます。
さすがはヤムチャ。

 

天下一武道会では全大会初戦敗退という不名誉な記録に見舞われましたが。

それはあくまでも相手が悪かっただけ。
優勝者2人に神様ですからね。
ピッコロ大魔王編も負傷欠場ですし。

 

普通にやったら、それなりには強いのです。

 

 

「あと4匹、まとめて相手してやるぜ」

調子に乗ってます。
今までの不甲斐なさを取り戻すべく、完全にちょづいてます。関西ではイキってる、でしょうか。

 

でも人間、調子に乗るとロクなことにならないと。
死んだばあちゃんが言ってました。

いつでも謙虚に。

 

 

だからほら!
言ってるそばから!

 

 

穴から蘇った栽培マンB!

 

バックを取ってジャーマンスープレックスか!?

 

と思いきや、まさかのフロント!!

 

クラシカルな技、ベアハッグにてギブアップを狙います。

 

 

 

耐えるヤムチャ!

 

 

 

 

 

不安なセコンド!

 

 

 

 

 

 

捌くタイガー服部!

 

 

ギブアップ??

ノー!

 

ギブアップ??

ノー!

 

 

生中継入ってますからね。
さすがにベアハッグみたいな地味な技では負けられません。

 

と、その時!!

 

 

ピカッ!

 

 

 

 

ドカーーーン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤムチャ

享年29歳

 

主な経歴 天下一武道会本戦出場3回(共に初戦敗退)

戦闘力 1480(栽培マン戦時)

必殺技 狼牙風風拳 繰気弾 かめはめ波

テーマソング ウルフハリケーン(歌:古谷徹)

 

 

 

ヤムチャ(2分57秒 両者KO)栽培マンB

 

ここに没す。

 

 

ありがとう。

そして、さようなら。

 

 

 

 

あのね。

 

油断し過ぎですよ。

このあと、クリリンが怒りに震えながら。

 

「ヤムチャさんは、オレが一度ドラゴンボールで生き返っていることを気にして代わってくれた。きっとイヤな予感がしてたんだ」

みたいなことを言うのですけど。

 

イヤな予感がしてたら、とどめさせよー。
すぐ調子に乗ったからいけない。

 

だってほら。

 

真後ろですよ?

私みたいな奴でも、駅のホームに立ってる時は真後ろを気にして斜めに立ってるくらいなのに。

 

この緊迫した場面で、こんな「ヤムチャうしろー!」的なポジションに立ちますか?

イヤな予感がしたの、忘れてるんでしょうね。

 

本当にもう悲しいです。
ヤムチャ好きなだけに。

 

でもまあね。
栽培マンBも強かったです。

ベジータの喝が相当効いたのでしょう。

やり方は無茶苦茶ですが、部下のモチベーションをしっかりとアップさせました。
良い上司だと思います。

 

そしてこの後。

怒りのクリリンが栽培マンC〜Fの4匹を、まとめてイオナズンみたいなので一掃するのですけど。

 

それがまた浮かばれない。

たった一匹であんなに熱戦繰り広げたってのに。

ねえ。

 

 

てか、ドラゴンボールは面白いです。
いつ見ても、どこの部分をみても面白い。

そしてこの辺りは私がジャンプを買い始めてちょっとした頃だったと思うんだよなー。

毎週楽しみで楽しみで。

この後ナッパのタフさとベジータの強さに絶望してね。さらにはフリーザまで出てきて。

クソガキながらに「これはもう、さすがに勝てんぞ」なんて。

 

そんなドラゴンボールが熱かった時代。

ジャンプ展の第2弾、90年代編に行ってきました!

 

これこそ私、直撃の世代ですので。
ヤバかったですね。

ヤムチャ好きの方には是非ともレポートを読んで頂きたいです。

 

 

まあ、ヤムチャは全然出てきませんが。

【ジャンプ展 VOL.2 1990年代、発行部数653万部の衝撃】に行ってきたよ!

 

と、無理やりまとめたところで。
今回はこの辺で。

 

ヤムチャありがとー。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。