WWE

アメトーークで話題!スマホで簡単!WWEネットワーク加入ガイド。

どうも。
プロレス大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

8月23日に放送された『WWE芸人(第2弾)』

面白かったですねぇ。普段プロレスに興味の無い方もこれを見て笑ってくれたと思うと、本当に嬉しいです。

だから、、、

これを機に是非見てください!

 

と、そんなわけで・・・

 

WWEネットワーク加入方法です!

 

もちろん私も英語なんて読めません!

 

でも、、、

 

写真通りにやって貰えれば超簡単!

 

 

WWEネットワーク加入は面倒?

「加入しようと思ったけどあのサイト英語だらけで面倒くさそうなんだもん」

という方。

分かります、よく分かりますよー。

 

私もそうでした!

 

でもこの記事では。
英語レベルが爬虫類並みの私ですら加入出来た経緯を写真付きでお届け致しますので。

恐らく人類であれば誰でも加入出来るはずです。

 

超簡単!スマホで登録してみよう!

では、いきましょう。
まずはこちら

http://network.wwe.com/get-the-app

飛んでもらいますと。

 

こちらの画面になりますので、青矢印のやつをクリック。

 

すると、

 

看板レスラーの写真と共に英文がズラリと並んでますので、青丸をクリック。

 

次に、

 

この画面。

「WWE.com」のアカウントをお持ちの方は赤丸。
「え?なにそれ?」という方は青丸をクリック。

この記事を読んでらっしゃる方は、大抵青丸だと思われます。

 

そして、

 

この画面でアドレス入力。
下はアドレス再入力。
そして一番下はお好きなパスワードを。

 

入力して進むと、

 

こちらの画面。

日本語でいけました。

CITYは都道府県、Addressはそれ以下の住所。
青丸は郵便番号です。

 

すると、支払い方法を聞かれますので。

私はPayPalを選択。

PayPalってのはインターネットの決済サービス。一度クレジットカードの情報を登録してしまえば、アドレスとパスワードだけでいけます。

手数料がちょびっとかかるけど。

 

PayPal入力画面。

 

 

これを普通に登録すると、、、

 

THANK YOU!

どうやら登録が完了した様子です。
めでたしめでたし。

って、どうやって見るのかな??
そう思って青丸をクリック。

 

 

最初の画面に戻りましたので。
今度は青丸の方でアプリをダウンロード。
ちなみに、iPhoneです。

 

入手。

 

見事アプリが追加されました。

メールの数は気にしないで下さい。

 

これを開けてみましょう。

 

そして画面上部の、

 

こちら。

おー!NXTやってるやーん。
見よう見よう!!

 

と思って再生ボタンをクリックしますと、

 

こちらのログイン画面が出ますので。
先ほど決めたパスワードとメアドを入れると。

 

やったー!映った!!!

 

というわけで、超簡単でした。

 

WWEネットワークをテレビの画で楽しむには

と、ここまではスマホでの加入方法。

一度加入してアプリさえ入れてしまえば、パソコンやPS4などのゲーム機を通してでも見られますよ。

テレビによっては初めからアプリが入れられているものもあります。

 

いくらスマホやパソコンで見られるとはいえ、やっぱりテレビで楽しみたいですよね。

最初からWWEネットワークのアプリが入っていればいいのですが。

 

そうでない場合は、

 

 

こいつを購入すればテレビで見られますよ!

WWEネットワークだけでなく、Amazonプライムビデオや新日本プロレスワールド、AbemaTVなどなど。

超便利なので、一家に一台。オススメです!

 

というわけで、これでWWEが見れる!

シンスケナカムラが見れる!カイリが見れる!

紫雷イオも見れる!AJも見れる!

 

などと偉そうに説明してきましたが。

私もまだまだWWE勉強中の初心者ユニバースなのであります。

 

一緒に楽しみましょう!

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

イオさんが登場しなかった両国1日目の観戦記。

あわせて読みたい
初めてのWWE日本公演観戦記。6.29両国に行ってきたよー!どうも。 プロレス大好きブロガー、こぼりたつやです。 プロレスファン歴27年目にして、初めてのWWE観戦に行ってきましたよぉぉぉ...

 

そしてこちらがレッスルマニアの感想。

あわせて読みたい
【WWE】日本のプロレスファンがレッスルマニア34を見た感想を言うどうも。 プロレス大好きブロガー、こぼりたつやです。 プロレス大好きですが、正式に言いますと「日本のプロレス大好きブロガ...