タクシー話

24歳で脱サラしてタクシー運転手になった話② 採用試験に挑む!の巻

どうも。
元タクシー運転手ブロガー、こぼりたつやです。

2回目のタクシー編ですね。

前回をご覧になられていないかたは→24歳で脱サラしてタクシー運転手になった話① 会社をやめたい!の巻

 

では2回目、いってみよー。

 

採用情報を見ながらタクシー運転手に想いを馳せる

今のようにスマホも無い2003年の4月。
自宅のデスクトップパソコンでタクシー会社の採用情報を見ていました。

この時はもうすでにタクシー運転手になる事を決めてましたので。

「あー、早く一人で働きたいなぁ」

なんて感じで超ワクワク。

 

そのホームページには「1日の業務の流れ」みたいな感じのが書いてあったんですね。

 

こんなやつ。

 

〜〜乗務員の1日を覗いてみよう!〜〜

【7:30 出勤〜点呼〜出庫】
安全運転で行ってきます!!

【10:30 オフィス街でお仕事】
午前中のビジネスマンたちは忙しい!
なので私たちタクシーも忙しいのです^ ^

【12:30 行った先で昼食】
気になっていたラーメン屋さんの近くまでお客様をお乗せしたので寄ってみました!

【15:00 お台場で小休止】
お客さんを探しながらお台場で休憩!
潮風が気持ち良い〜!

【17:30 夜に向けて忙しくなるぞ!】
仕事を終えた人たちが続々と。飲みに行く人、帰る人。とにかくいっぱい乗せましょう!

【22:00 この時間からが勝負です!】
飲み会終わり、接待後のお客様で忙しくなります!長距離客を望めるのもこの時間から!

【03:00 帰庫〜洗車】
無事故で帰りました!
頑張ってくれた車を綺麗に洗います^ ^

【04:30 売り上げ計算〜業務終了〜帰宅】
この日の売り上げはどうでした??
今日も1日お疲れ様でした!

 

これを見た私。

 

「うわあー!!!めちゃくちゃ楽しそう!!!これはすぐに応募だ!」と。

 

これぞ採用係の思うツボ。
本当に胸をときめかせて応募しました。

 

と、これがまたね。
後に実際働くようになって。

「ちくしょう!なんだったんだよ、あのホームページ!まんまと騙された!」

というよくあるパターン。

 

ではなく。
意外とそのまんまの流れというね。
楽しそうでしょ?

 

実際、楽しかったです。

 

 

勢いそのままに、誰にも相談せず即応募!すぐに返信、即試験!

心をときめかせながら応募して。
一週間後くらいに試験を受けたのかな?

先輩に「ばあちゃんを病院に連れて行かなきゃならないので、半休もらえますか?」って。
そしたら「お前は最近疲れ気味だから、2〜3日休んでいいぞ」なんて言われてね。

「あー、俺がぶっ壊れて来てるのが分かってるのかなぁ?」なんて思った記憶があります。

まあ、分かりますわな。

 

私が受けたのは大手タクシー会社だったため。
都心部にあるビルにて採用試験。

「なにこのビル!?でけえ!!」

近所でよく見る「一軒家に毛が生えたくらいのタクシー会社」をイメージしていたため、ぶったまげました。

まあこの時は受ける会社が大手だとか中小とか。
そんなことは何も分かってなかったんですけどね。

本当に何も調べず、一番最初に見たサイトに応募しただけなので。

 

おっさんだらけの面接試験で尋ねられた衝撃の質問!

試験は面接でした。

他にも数人いましたが。
もちろん24歳なんて奴は一人もいません。
24歳どころか30代もいなかったんじゃないかな。

 

「おっさんばっか!!」って思いましたからね。当たり前です。

 

面接は、比較的事務的な質問ばかりでした。
「志望動機」とか、そんなのは無かったです。
(今はどうか知りません)

 

年齢についても何も言われず。
今の会社を辞める理由も聞かれず。
詮索めいた質問は一つもありません。

これはありがたいことなんでしょうけど、当時の私としては肩透かしをくらった感じでした。

 

「若いねー!嬉しいよ!是非来てくれたまえ!」

 

みたいな言葉をもらえるだろうって、勝手に思ってましたからね。

 

非常に淡々とした面接でしたから。
私も淡々と答えてました。
そんな中、印象的な質問が一つ。

 

 

 

 

「えー、刺青はありますか??」

 

 

 

 

刺青!?

 

入れ墨!?

 

いれずみ!?

 

刺青ってアレか?
もんもん のことか??
漢字で書くと紋紋。

 

 

ガッデム!
どうして分かった。

こちとら19歳の春、有名な彫り師の方に背中一面・・・

 

なんてわけもなく。

 

「え!?入れ墨?いや、、無いです」

 

と無難に答えまして。
面接官の人も「はい」と。

 

 

この時に、ほんの少しだけ。

 

 

「おれ、もしかしたら。とんでもない世界に入ろうとしてるのかな?」

 

 

なんて思いましたね。
本当に一瞬ですけど。

 

 

面接と体操という難関試験を見事くぐり抜け、ついに人生が動き出す!

その後は、軽い体操をしました。

スーツの上着とワイシャツを脱いで。
肌着一枚になって腕を回したり、その場でピョンピョン跳ねてみたり。
面接官の言うがままに動いてました。

この時は「そうかー。やっぱりカラダが資本だからな。基礎運動が問題なく行えるかどうかを見てるんだ」なんて思ってましたが。

 

今これ書いてて思うのが。
「単なる刺青チェックじゃね??」と。

私がいた会社は大手タクシー会社でしたから。
“そういう人”は採用しないようにしてたんでしょう、きっと。

たくさん流れて来てた業界でしょうしね。
(あくまでも当時の話)

 

そんな採用試験。

もちろんなんの問題もなく、数日後には採用のお電話を頂きました。

嬉しかったですね。
「これで人生変えられる!!」
って、本気で思いました。

「1年しか勤めてないやつが何を言ってやがる!」って話ですけど。

 

でも、実際にこれが私の人生の転機だったわけで。今こうして誰もいない暇な店でブログを書いているのも、この選択の延長線上。

良かったのか悪かったのか。

 

2003年4月に採用試験を受けて合格。
5月いっぱいで前の会社を退社。
6月は1ヶ月丸々遊んでから、、、

2003年7月初旬。

いよいよ、タクシー運転手としての人生がスタートするわけですな。

 

この時、24歳9ヶ月。

周りの同年代とはちょっと違う。
いや、大きく違うであろう期待感に胸を膨らませつつ、我が道を突き進んでいく事になるのであります。

 

 

次回→24歳で脱サラしてタクシー運転手になった話③ 入社式に出るぞ!の巻

こちらでお会いしましょう

それではでは、こぼりたつやでした。

 

 

注意!!
文中は全て2003年の色褪せた記憶であり、現在の状況は知らずに書いてます。あくまでもただの思い出話ですので、あしからず。